安曇野ひつじ屋 第2ブログ

信州安曇野
JR大糸線穂高駅前
レンタサイクルとレンタカーと
カフェとギャラリーの店

私のお刺身は白身である

2017年03月27日 | ネコの写真

私のお刺身は白身である。
だからクルもいつも白身のお刺身をいただく。
クルの主治医の注意に従い、鯵(あじ)や鯖(さば)は脂(あぶら)こくて猫によくないそうだから、
常食には鰈(かれい)を与える事にしている。
お刺身の白身は鯛(たい)の事もあるが大概平目(ひらめ)である。
クルが晩にいただくお刺身が白身の平目ならこれも申し分ないだろう。

いよいよクルにお刺身を取り分けてやる順序になる。
「クルや、お利口に待っていたのか。さあ上げるよ」




















内田百間「クルやお前か」より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拙宅にも猫が二匹いて・・・・・・、

2017年03月26日 | ネコの写真

拙宅にも猫が二匹いて・・・・・・、と書いて、既に心理的抵抗を感じるのは、この二匹という言い方で、
匹というのは、疋とも書き、鳥や獣を数えるのに使う言葉であり、
だから、拙宅にいるのは猫なのだから、なんの問題もないと言えばないのだけれども、
どうも割り切れぬというか、思い切って申し上げると、
私としては、これを、匹、とは言いたくないのであって、
じゃあなんなんだ、と言われても困るのだけれども、うーん。困った。
じゃあ、本当の本当の本当の事を言うと、恥を申し上げるようだけれども、言いますと、
「私はこれを二人と言いたい」

うぐぐぐ。とうとう言ってしまった。




















町田康「猫について喋って自死」より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良きことはカタツムリのように

2017年03月21日 | ネコの写真

良きことはカタツムリのように、ゆっくりと進む。
だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたずらに急がない。
なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、
多くの時間が必要なことを知っているから。



















マハトマ・ガンディー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すみやかに戻りなさい

2017年03月19日 | ネコの写真

そこのマトよ、すみやかに戻りなさい。



















h
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身にまとわりついた物を捨てなさい

2017年03月18日 | ネコの写真

あなたの身にまとわりついた物を、捨てなさい。
持ち物を捨てれば捨てるほど、
あなたの魂の表面から所有欲という曇りが消え、
その魂は真実の輝きを取り戻す。



















マハトマ・ガンディー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快適な暮らしに落とし穴が潜む

2017年03月15日 | ネコの写真

暮らしの中に、ある程度の快適さは必要である。
しかし、一定のレベルを超えると、それは役立つどころか心の足かせとなる。
あれもこれもと際限なく欲しい物が増え、その欲求を満たさずにはいられなくなる。
快適さとは、心にとって惑わしであり落とし穴なのだ。



















マハトマ・ガンディー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都会人が農村に帰るとき

2017年03月14日 | ネコの写真

都会で暮らしていた人が農村に帰るということは、何を意味するだろう。
それは、「これからは頭脳労働ではなく、暮らしのために必要なありとあらゆる労働に従事するのだ」
とはっきりと認識することだ。




















マハトマ・ガンディー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなに儲かっていない会社でも

2017年03月13日 | ネコの写真

どんなに儲かっていない会社でも、日々はそれなりに忙しいのです。
気が向いた時や暇な時に商品開発をするというのは、経営をしていないのと同じです。
1年間の段取りを立て、すべてが予算表とリンクして月次の計画に落ちていく。
基本的なことですが、”何かを意図し、実現のために計画を決め、それをきちんと実行していく”のが「経営」です。




















中川淳(中川政七商店 十三代)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごろごろごろ ひゅるひゅるひゅる

2017年03月11日 | ネコの写真

猫は人の気持ちや感情を察することができる。
わたしがいらいらしたり、落ちこんだりしているときには、
どこからともなく姿をあらわして、つかず離れず、
適度な距離を保ちながら、慰めてくれる。

それにしてもそのあらわれ方の絶妙なタイミングには、
いつも感心させられてしまう。

たとえば、何か悲しいことがあって、ひとりで書斎に閉じこもり、
酒を飲みながら泣いている、というような夜。

わたしがまだ、涙を流しているときには、猫は決してそばにはやってこない。
存分に泣いて、涙も涸れ、ほんの少しだけ気持ちが落ち着いてきたかな、というころになって、

カリカリカリ、カリカリカリ・・・・・・

部屋の外から書斎のドアを引っ掻く爪の音がする。

わたしはドアを明けて、猫を部屋のなかに招き入れる。
猫はつかつかとわたしの近くまでやってくると、
猫の躰ひとつ分くらいわたしから離れた場所に、
四肢を巻きこんで長方形の箱の形にうずくまり
「ごろごろごろ、ひゅるひゅるひゅる」と、静かに喉を鳴らし始める。



















小手毬るい『結婚するなら、猫好きオトコ』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なけなしの財産は猫の世話をしてくれる人に

2017年03月10日 | ネコの写真

難しい人間関係に耐えながら、プレッシャーにもめげず、
わたしと男が一生懸命仕事をしているのはひとえに、猫のためだ。
お金をいっぱい稼いで、猫にできるだけ良い暮らしをしてもらいたいからだ。

万が一、わたしたちが猫よりも先に死んでしまったときのために、
貯金はできるだけたくさん、残しておいてやりたい。
遺言には「なけなしの財産は猫の世話をしてくれる人にすべて譲り渡す」
という項目もすでに記載済み。



















小手毬るい『結婚するなら、猫好きオトコ』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間全部に共通する特徴は

2017年03月08日 | ネコの写真

男も女も、老いも若きも、善人も悪人も、
つまり人間全部に共通する特徴は、孤独ということ。
そして猫とちがって、人は一人でそれに耐えられるだけの強さがないのです。
猫が人間を支配できるのも、たぶん根底に、
人は孤独の中で猫を必要とするという事実があるからでしょう。



















ポール・ギャリコ『猫語の教科書』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたは猫を所有できない

2017年03月07日 | ネコの写真

あなたは猫を所有できない。
猫の人生の中に入れてもらえるだけであって、
それすら大きな特権と喜ばねばならない。




















ベリル・レイド「猫への情熱」より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その点、猫好きな男はいい。

2017年03月06日 | ネコの写真

その点、猫好きな男はいい。

まず、あなたは自由でいられる。
限りなく、途方もなく、自由だ。
どこへ行こうと何をしようと、あなたの勝手。
好きな時間に起きて、好きな時間に出かけて、
好きなだけ遊んで、好きな時間におうちにもどってくればいい。
予告なしの外泊も、置き手紙なしの短い家出もオーケイだ。

家事も仕事も気が向いたときだけ。
ちょこっとやって、飽きたらあとは放っておけばいい。
あとは猫好きな男が全部、引き受けてくれる。
猫好きな男は掃除洗濯料理裁縫、お風呂掃除、トイレ掃除、スーパーでの買い物、ガーデニング、
なんでもこなす。まめなのだ。





















小手毬るい『結婚するなら、猫好きオトコ』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒲焼は高いのだよ

2017年02月27日 | ネコの写真

クルや、蒲焼は高いのだよ。高いからうまいのだ。
おさつやいわしも高ければもっとうまいだろう。
安いからおろそかにされるのだ。
もっと高くなって、高くて食べられない程高くなれば、
食べたらきっとうまいだろうと想像する事が出来る。
わかったかい、わからないかい。
どっちにしてもおんなじ事だね。



















内田百閒『クルや』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしが 人間になったときは

2017年02月24日 | ネコの写真

わたしが 元気になったら あんたに ねずみ とってあげる

そいでもって わたしが 人間になったときは 一番はじめに 

あんたに「ありがとう」って 言うわね・・・・・・



















大島弓子『綿の国星』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加