未完の世界 Imperfect World

アーティスト佐々木久枝のブログ
自身の作品、生花と墨象を融合させたアートについて紹介。そして時々日々のこと。

NYの旅 その6 ハーレム

2017-09-03 09:15:05 | 旅行
NY滞在後、そういえば、ハーレムでゴスペルを聞いてみたかったとふと思い出し、ツアーに申し込みました。
みんなで待ち合わせをして電車で行くというものです。
道すがらガイドさんのハーレムについてのお話がとてもおもしろく、興味深く、へぇーと心の中で何度も繰り返してました。

アポロシアター


シャッターペインティング
アーティストのフランコさんによるもの。125stにはフランコさんの作品がたくさんあります。





フランコさんの日本語のサイトもありますね。
http://www.francothegreat.com/language/japanese.html

もう90歳を超えているとのことでしたが、ご本人も健在。路面で絵を売っていました。私も1枚購入。




さて、ゴスペルはという映画の「天使にラブソングを」のイメージが強すぎて、恥ずかしながら少し物足りなく感じてしまいました。
でも今回実際に聞いたのが地元に根ざしているゴスペルで、みなさんの信仰の深さや想いがこもっているのだろうと思います。
写真は撮ってはいけなさそうだったので、心に刻んできました。

信者の方の中には、ミサ?の途中、いろいろ降りてきてしまっているのか、テンションが上がってしまうのか?倒れる人がいるそうなので、教会には必ず看護士さんがいるそうです。




帰りはシルヴィアというソウルフードのレストランでランチ。
有名なところのようで長い列ができていましたが、私一人だったので、カウンター席にすぐ入れてもらえました。
並んでいた方ごめんなさい。
(写真が縦にならない〜!)




フライドチキン、おいしかったです。もっといろいろ頼もうかと思ったのですが、隣の人のお皿の様子を見て自分の食べられるサイズにしました。
ソウルフードは煮込んだり揚げたりしたものが多いようです。



違う文化に触れることが、私はとても大好きで海外に行きたいと思う一つの理由です。
当たり前ですが国が違えば文化や言葉、考え方も違います。
お互いに尊重すること、違いを認めること、謙虚さや理解する姿勢も必要になってきます。
でも外国だからというわけだけでなくて、日本においてもそうかもしれません。
違いを認めること、正しいからと、こうするべき!と人に押し付けないことも頭の片隅に入れておきたいなと思ったのでした。



この記事をはてなブックマークに追加

NYの旅 その5 ギャラリーめぐり

2017-09-01 08:44:45 | 旅行
今回もまた色々ギャラリー巡りをしました。
前回来た時にアートレイツさんのアートガイドをお願いして、色々と見たほうがいいギャラリーを効率よく、アート事情など教えてもらいながら一緒に回ってもらいました。チェルシーのエリアには無数にギャラリーが点在しています。
ガゴシアンギャラリーなど有名なところは知っていても、なかなかギャラリー事情がわからないと回りきれないし、無駄に体力を消耗してしまうので、このアートガイドはお願いして本当に良かったです。

今回は、前回まわってみたギャラリーを覚えている限り、色々回ってみました。
夏はsummer showといったグループ展をやっているところがたくさんあって(もちろん個展もたくさん)、色々な形の作品群が面白くて、いろいろ写真を撮ったものの、後から見てうまく撮れてなかったりしたので、心に残ったものを一つ。

PACE gallery
ここはとても大きく、有名なギャラリーで、ご存知の方も多いことだと思います。4月に行った時は奈良美智さんの個展をしていました。

メキシコとの国境問題について写真とオブジェと音楽や楽器の展示。
写真には撮らなかったのですが、置き去りになった?小さい子供のリュックや靴、痛々しかったです。
日本は海に囲まれていますし、陸つながりの国境問題というのは考えさせられるものがありました。

アメリカから見た壁の向こう側。
危険を顧みず、豊かさを求めて国境を越えようとしている人たち。

現実の問題をアートや音楽に昇華し、見る人の心に投げかけられているように思いました。









洋服の後ろに弦があしらわれていて楽器になってる?










この記事をはてなブックマークに追加

どこに気持ちをフォーカスさせるか

2017-08-27 16:00:22 | ひとりごと
NYでの滞在先は大抵ゲストハウスです。
NYは物価が高く、ホテルももちろん高いので経済的にしんどいし、アパート形式でキッチンがあるのはありがたいのです。
今回滞在した7-8月は夏休みのせいか、日本人の若い子たちがたくさん入れ替わり立ち替わり来ていました。

その中で一人旅をしている若い男の子たちに会いました。
一人は元気に朝から晩までNYを楽しんでいる様子。
若いっていいなあとおばさんとしては、微笑ましく思ってました。

その後、もう一人同じ年頃の子が来ていて、彼はNYはご飯も美味しくないし、世界一大きい都市だと思って来たのに、東京より大したことないじゃないか、人も冷たい等、不満タラタラ。
見るからに楽しくなさそう。
もちろん、相性や好みもありますし、嫌だと思ってもいいとは思いますが、自分の時間を、しかも旅先でずーっとそんな風に思って過ごすのはすごく残念だなと思いました。
人によって感じ方は違うかもしれませんが、NY、楽しいところいっぱいあるのになあ。

つまんないことや嫌なことばかり目についてしまうと、それに自分の大切な時間が支配されてしまいます。
今回の旅の初日で起きたアイタタ事件もしかり。いつまでも引きずったら時間がもったいない。
そんな時は、どっぷり落ち込んだ後、どこかふわりと目線を変えて、楽しいものを探すちょっとした努力は、自分のために必要だなとあらためて自分に言い聞かせました。
なので、この青年に会って、気づけてよかったのかもしれません。


スタテンアイランド行きのフェリー(無料)に乗って、気持ちいい風に吹かれながらそんなことを思い巡らせたのでした。


この記事をはてなブックマークに追加

NYの旅 その4 アイタタな事件

2017-08-27 15:33:11 | 旅行
NYの空港に着いた後、私はいつも荷物が大きく、重いので大抵タクシーに乗ってマンハッタンに行きます。
さて、日曜日に空港に着いた後、タクシー乗り場を探そうとウロウロしていたら、大柄なおっさんが、「タクシー?」と聞いてきまして、「うん」というとついてこいみたいなジェスチャーするので、ついて行くと駐車場に連れて行かれました。怪しい感じ満載!

おじさんいわく、「日曜日はイエローキャブはマンハッタンには行かない。」らしい。そんなことないだろ〜!怪しいぞと、「やっぱりイエローキャブ探す」と言って、トランクに荷物を乗っけられたのを一旦おろしたのですが、「ほら、他の人だって乗ってるよ」、横を見れば、他の人もついて行っており、うーんと悩みました。
しかも仕切っている若いボスらしき人もいて、少しちゃんとした組織になっているのかなと思ったのと、「日曜日だから少し高くなるかもしれないけど、イエローキャブと料金は大体同じだよ」というので、まあ、いっかとまんまと引っかかってしましました。
道中、私がムッとしているので、お世辞を言いまくって、私の機嫌を取ろうとするので、これは本当に騙されたんだと気付いた時にはもう遅かったのです。
今思えば、空港の職員に聞いてくるとかなんとか言えばよかったなあと思うのですが、判断力がなさすぎました。

滞在先の前まで無事に着きましたが、請求された金額は普通のタクシーの約3倍!
泣きそうになりましたが、抵抗したりすると何かされたりしたり、どっか連れて行かれたりしたら怖いので大人しく払いました…。
そのタクシーのおじさんが私に「ホームレスに気をつけろよ。あいつらは危ない」と言ったのですが、私は「お前がいうか!」とハラワタが煮えくりかえっておりました。
自分のバカさ加減が本当に恥ずかしく、しばらくがっつり落ち込みました。
今回はこんなトホホな旅の始まりだったのです。

昔読んだ欽ちゃんの本に「運が悪い時は運を貯めてるんだ」と書いてあったことを思い出し(そこしか覚えていない)、大きな運を貯めてるのだと自分を説得させました。
おかげさまで次の日からはとてもいい感じの日々が続きました。
今思い出しても腹がたつやら情けないやらですが、嫌なことがあった時は運を貯めていると思えばいいのかなあと自分をなだめております。


みなさんNYでのタクシーにはお気を付けください。



この記事をはてなブックマークに追加

NYの旅 その3 ノイエギャラリー

2017-08-25 20:18:53 | 旅行
ノイエギャラリーに行って来ました。
NYに何度か行っているのですが、あまりピンときてなくてノイエギャラリーには行ったことがなかったのです。

美術館内の写真は撮れないので、玄関のところを。


なぜノイエギャラリーに行ってみようかと思ったかというと、遅ればせながら「黄金のアデーレ」という映画を見て、アデーレの肖像画がノイエギャラリーにある経緯を知って行ってみようと思ったのです。
私はクリムトの作品も好きなので、ミーハーな動機でしたが実物を見ることができて大感激!なんで早く見に行かなかったのだろうかと反省しました。

黄金のアデーレ 名画の帰還 予告編


Gustav Klimt Woman In Gold at Neue Galerie


館内には他にもエゴンシーレ(エゴンシーレも私は好きです。)の作品も結構あってクリムトの豪華さと、エゴンシーレの刹那的で痛々しい雰囲気が交錯していて、狂おしい感じがたまらなくて大興奮。

そして、この美術館にはカフェ(カフェ・サヴァルスキー)が併設されていて、オーストリア風の料理をいただくことができます。

ビールとソーセージ、とっても美味しかったです。


カフェも雰囲気が素敵で、またゆっくり来たいスポットです。
次回はザッハトルテも食べたいなあ。


この記事をはてなブックマークに追加