ガンダムアート製作秘録

ファーストガンダム世代の中年男が色々な素材でオリジナルガンダムを製作。

完成予想図

2015年06月18日 08時09分11秒 | 16作目ランナーザク
前回書いた通り、宅地建物取引士取得を目指してお勉強中…。
長年やっていたSNSもやめ、禁欲の中で資格取得のための学校通いと家でお勉強。
仕事やら私生活やら色々あるオッサンには思っていた通り大変ですね。

ニュータイプだったらいいのですが、勉強すればするほどにオールドタイプを実感。
いつまで経ってもララァが私を導いてくれないので、もうララァには期待しませんw

私のようなモノが、ガンダムを倒すためには、切れ味の悪いヒートホークを何度も振るしかない!
それもガンダムの全身に数多く振り続け、当てられるだけ当てる。それを続ける…。
能力がない人が勝つためには、時間ですね。
時間をかけて対抗するしかない。
そうすると装甲の厚いガンダムでも撃破出来るはず!
ガンダリウム合金であっても金属疲労が起き脆くなるはず。

この直接攻撃は、私が小学生の頃、ランバラルの愛人のハモンさんから教わりましたw
ビットを操れるララァではないのです。
泥臭い直接攻撃を続ける!
まさにゲリラ戦です。

オールドタイプは、時間をかけて知識を取得しないと、感度の良いニュータイプには勝てんのです。

でも学校ではいまだニュータイプには出会った事がないです。
皆、オールドタイプにしか見えない。
記憶力の差は当然あるけど、出来る人は、ただただ時間をかけているだけ…。

もしかしたら、ニュータイプなんか元々いないんじゃないかなとも考えます。

長年お付き合いして下さったSNSの皆様、何にも言わずに消えてしまってすみません。
時間を作るために退会しました。
楽しい時間を一杯下さってありがとうございました。
心より感謝しております。

試験日は10月18日…。
まだ先は長いな…。フッ。

終わったら作りかけているコレを作りたいなぁ。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ更新を楽しみにしてくれる方へ

2015年04月23日 15時02分09秒 | 雑記
人間サイズのシャアザク「ランナーザク」が制作途中になってしまっています。
知り合いから、「ブログの更新を楽しみに見ていたのに、この頃どうしたの?」と良く聞かれます。毎日更新していたのに急に作らなくなれば、何かあったと思うのが人のサガ。

嫌になってしまったのではなく、今はやらなければならない事がありまして、現在、ランナーザクは、全く作っていません。持ち前のメンドクサガリ病も、発病していません。
作っていない理由は、今年秋に国家資格にチャレンジするからです。

私は建築屋さん。今までにも建築士などの資格は取得してきたのですが、やっぱり資格取得は大変。
よく資格を所有している人が「資格なんか、こーやって、あーやれば、余裕で受かるよ!」とか言いますが、そんな事はなく受かるのは物凄く大変だと思います!
あいつらは信用してはいけません!人を蹴落とす、悪の軍団の一味ですww

今回の資格取得は、畑違いの資格。
どうしても知識が欲しくなってきました。

宅地建物取引士…です。

家を売ったり買ったり、貸したり、借りたりする人のお手伝いをするために必要な国家資格です。
試験受けたら七人に一人が合格するみたいです。

このブログを更新しなくなったころから基礎を何となく学びはじめたのですが、全く駄目ですね!
近年、オッサンの完全体になってしまったので、用語が全く頭に入ってこないし、やる気を起こすのすら大変!
アタマ、カッチ、カチ!
実務経験等いらない資格だから、頭の柔らかい大学生さんとかも受けるみたい。
まあ、ガンダムで例えるなら、若い大学生を武装したゲルググとかドム、
私は、武器すら持ってない丸裸の旧ザクですね。タックルしかできません!
戦闘力が違いすぎます!

さらに不動産関連業種の実務経験がある方は、講習を受けると50問中5点が免除されます。
50点中の36点が合格点とされるので、5点は大きいです。
まっ、ガンダムで例えるなら、モビルアーマークラス!ビグザム級ですよ!
それも試験前までにかなり量産されていきます。
私の場合、パイロットがズブの素人ですので、コツコツと知識を積み上げるしかないんです。
さらに旧ザクですから…。

でもあの連邦の白い悪魔を一瞬でもビビらせた機体!
武器が無くとも勝ち残りたい!
コツコツやればマグネットコーティングが施されるかもしれない!
ニュータイプへの目覚めもあるかもしれない。
ララァが私を導いてくれるかもしれない!

武器がない奴は、時間をかけるしかないんです。
でないとビームライフルやバズーカ装備したモビルスーツには勝てんのです!
だから今は時間がかかりすぎるランナーザクは作れんのです…。

ランナーザクは、試験日の10月18日直後に制作再開予定です。

もし、制作再開が早まったら察して下さい。
旧ザクは、ビグザムやゲルググ、ドムに勝てないと思い、早々と戦地から逃げたのだと…。

そして、もし、制作再開後、ランナーザクを「シャアザク」から「旧ザク」に作り変えはじめたら、察して下さい。

旧ザクは、完全に敗北したのだと…。フッ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

35年後のジオリジン

2015年02月28日 15時10分14秒 | 雑記
小学生の時、ガンダム本放送を見てはや35年。
ついに本日、機動戦士ガンダム THE ORIJINN1青い瞳のキャスバルの放送が本日公開、配信開始された。

もう3回目を見ていますwww

今まで様々なガンダムシリーズが作られたが今回は正統のガンダム!私が欲しがり続けてきたガンダムシリーズ!

内容はネタバレになるから書かないけど、
あの時、ガンダム&ガンプラブームを共有した人達、すなわちオッサン達には是非見て貰いたい。

映画機動戦士ガンダム2哀戦士編で小学生の時、朝4時から映画館の前に並んだあの時。
小遣いをためてガンプラを買いにいった模型店で中学生にカツアゲされて絶対強くなってやると思ったあの時。
ガンプラ欲しさに母親の財布から金を盗んで親父にぶん殴られ社会勉強をしたあの時。
ガンプラにライターでダメージを与えリアルにしようとして畳まで焦がしてしまい、はじめての消火活動をし、消防士に憧れたあの時。
映画機動戦士ガンダム3めぐりあい宇宙編でミライさんとセイラさんのヌードを見て「俺はもう女を知っている」と思ったあの時。

あれから長い月日が経っての今日。
思い出しておくれ。
私たちも変わったが、ガンダムも変わったぞ!!
ガンダムは良い進化をしていたぞ!!

何でも長く好きでいることは難しいこと。
様々な作り手様や、その関係者様、そして様々なガンダム世代を支えてくれたファンの皆様。
好きでいさせてくれてありがとう。

今を生きていて良かった。

次回のジオリジンも期待していますよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢・クリエイション

2015年02月21日 08時22分50秒 | 雑記
私の新卒時の就職第一希望の会社は「株式会社バンダイ」です。

大学入学前に、浪人したり、専門学校に行ったり、2年ほど空白の時間を過ごしてしまった事もあって、日本経済がバブル崩壊した後に就職活動する羽目になりました。
バンダイさんは当時からも超人気の大企業だったので採用倍率も100倍くらいあったと思います。

当時、生意気にも、そんな倍率であっても私は受かるつもりでした。
なぜなら、私の「バンダイ愛」は半端じゃないと思っていたから…。
当時は取締役の名前まで記憶していましたし、株価の推移まで注目してストーキング。(笑)
で、そんなこんな頑張って7〜8回くらい会社に行って筆記試験や論文や作品面接や重役面接を受けて、最後の社長面接へ!!!
当時、就職希望者のウワサでは、社長面接は、タダの顔合わせだと言われていまして、絶対に落とされないと聞いていたのですが…。
私は見事に落ちました。てへっ(笑)
その後、バンダイさんの社長面接で落ちた人に出会った事ないですし、聞いたこともないですね。
不採用の理由は今であれば、容易に想像できるのですが、
当時の私は、不採用の理由を知ったとしても、納得出来無いほどに幼稚でした。

最後まで引っ張られて落とされたので、ショックがものすごく大きかったですね!「俺を泣かせるな!振るなら早く振って!」って感じでした。

悔しかったので、玩具系の他の会社を受けようとも考えましたが、バンダイさんの企業スローガン「夢・クリエイション〜楽しいときを創る企業」がとてつもなく好きだったので、スローガンが違う他社を受けるまでは至らなかったです。
私は「夢をクリエイトしたかった」のです。(笑)

まっ、そんなこんなで、どんなに好きであっても拒絶されてしまっていたので、違う道を歩む事になりました。
ただ、一度はストーキングした相手。(笑)
時間が過ぎても、バンダイさんの企業ニュースには、敏感に反応していました。
バンダイさんの一番の危機は、1997年にセガさんと合体して「セガバンダイ」になるとか言い始めた時ですね。
同業だけど社風の違う会社。本社に合併を解消してほしいという手紙を送りたくなったほどです…。(笑)
もし、くっ付いていたら、今頃「夢をクリエイトできる会社」では、なくなってしまっていたかもしれませんね。

年々、バンダイさんが企業として娯楽ビジネスを確立しつつある姿を見ては、能力の高い企業だと思っています。
学生時代、意味は好きだったけど、本質を分かっていなかったスローガン「夢・クリエイション」。
今は分かります。

今みたいに世の中が先の事を考え過ぎてマイナス思考になると、
より、ありがたみのあるスローガンと考えられます。

既成のあるモノだけを奪い合うのではなく、
夢などのまだカタチになっていないモノを新たに創造し、新たな価値を生む…。
まっ、バンダイさんじゃなくても、これからさらに必要になってくる考え方。
必要というか、忘れてしまっているだけかも…。

一ファンとしては、これからも、バンダイさんには、夢をクリエイトして楽しいときを創って欲しいなと願います。

私も見習って個人的な夢をクリエイトしたいと考えています。

さて、ジオリジンガンダムが来週から劇場やネット配信などで始まります。
同時期にガンプラも出るみたいですね。(シャアザク&ガンタンク)
アニメだけでなく、この「ジオリジンガンダム」というコンテンツを用いてどんな企業戦略を見せて下さるのか!楽しみ〜!!

ふふふ、おっさん達のためのガンダム!
バンダイ模型&日本サンライズ時代からストーキングしてきた目の肥えた私がしかと判断してやります!!

「見せて貰おうか、ジオリジンガンダムの企業戦略とやらを…。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク106日目「後編:ランナーパネルVer5.0試作」

2015年01月30日 00時49分56秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク106日目

ランナーパネルVer5.0の試作

1日間の製作:2時間(総製作時間455時間)

前回の続き
新型のランナーパネルを試作してみる。

まずランナーを一掴み



そして米粒の大きさにカット



アルミホイルの上にまぶした後、トースターに入れて約3分(写真撮り忘れたので後から撮り直しました。)



熱々になったランナーを取り出しパイプで延ばし過ぎないように平たくする



そして冷えたら出来上がり



薄く強度のあるランナーパネルが出来あがった。



左:ランナーパネルVer5.0 右:ランナーパネルVer4.0
全く精度が違う!今は1.5mmだが、他の装甲と同じように2mmに厚み調整できる!ニヤリ


まだこんな小さいが100枚くらい量産すれば関節類を全て作る事が出来る。


誰も興奮しないだろうが、私だけは大変興奮している!!
前作のランナーガンダムでエコ&リサイクルをやりきったと思っていたが、完成後、湧きあがる疑問。
日々大きくなっていた。
果たしてランナーガンダムは本当にエコ&リサイクルなのだろうか?
細かすぎたランナーが使えず、リサイクルできなかったという事実。
ランナーとランナーを接着するために瞬間接着剤を多用したという事実。
残念ながらあれは、100%リサイクルではない。
ただ本日、5年の時を経て大解決!
これで、理論上は、一切ゴミを出さないランナーリサイクルの仕組みが完成したといえる。
100%エコ&リサイクル。
完成すればの話だが…。
この作品が完成すれば、やっとランナーアートを卒業できる!!フッ。
ランナーアート最終作「ランナーザク」


□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」(仮)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク(仮)

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。
ランナーの切り粉、くず、破片等も全て使った100%リサイクルを目指す。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 パネル含め2.4m以上

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない。
 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver2.0、ver3.0、ver5.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク105日目「前編:ランナーパネルVer5.0試作」

2015年01月29日 16時59分01秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク105日目

ランナーパネルVer5.0の試作

1日間の製作:3時間(総製作時間453時間)

直線的なランナーはパネルを作るときに使いやすいが、
アールのついたランナーや細かな凹凸のあるものは使いにくい。
もう、すでに手持ちの直線ランナーはあと少し…。
直線ランナーは、残りの右手、両足装甲に使おうと取ってあるが、関節部などを使う量はない。
・・・で新型のランナーパネルを試作してみる。




■ランナーザク構造体「ランナーパネル」の歴史■


●ランナーパネルVer1.0
始めは、ランナーをガスバーナーでとかしそのままカタドリをしようと思ったが、
これではランナーの消費も激しく厚みに均一感がない…。
結局ランナーパネルVer1.0は、採用しなかった。
試作品は、切り刻んで残さずランナーザクに使わせて頂きました〜。



●ランナーパネルVer2.0
採用したのがこれ。
ランナーをそのまま使い、ランナーの隙間に細かく切ったランナーを埋め、ヒートペンで溶接していく方法。
マチエール(美術的効果、材質効果)としては納得しているが、あまりにも時間がかかりすぎる…。
頭部や上半身の一部に使用した。




●ランナーパネルVer3.0
そして現在使われているのが、これ。直線ランナーのみを並べヒートペンで溶接していく方法。
Ver2.0にくらべ並べて溶接すればいいので格段にスピードが上がったようにみえたが、ランナーを切り刻む作業工程が増加したので
大変さは変わらず…。副産物としてでた直線以外のランナーの処理方法は先延ばしにした。
下半身、左腕、右腕、左足に使用。





●ランナーパネルVer4.0
Ver3.0で余った直線以外のランナーすなわちアールのあるランナーをどうやってパネルにするか…。
トースターで焼いて熱いうちに金属パイプで押さえ平らにしてみたが…。全く平らにならない…。
ランナーザクの装甲は基本2mm。この方法だと厚い所で4mm以上、ばらつきがありすぎた。
完全なる失敗作!不採用!切り刻んで残さずランナーザクに使わせて頂く。




●そしてランナーパネルVer5.0を試作してみる
「そもそもガンダムのプラモデルってどうやって生産されているの?」
と考えてみた。
バンダイさんは、石油を精製して原料を作ってからガンプラ製品を世に出してくれているのではなく、
まず原料メーカーからガンプラの原料になるポリエチレン樹脂を調達している。
原料のポリスチレン樹脂は、ペレットといわれる形、すなわち米粒のようなモノ。
ペレット状にしてあるのは熱加工がしやすい事と運搬しやすいからだと思う。
そのペレットを焦がさぬよう所定の温度で溶かし、金型に入れる。
そして冷やして成形された樹脂を金型から出す。

これが簡単にいう原料からガンプラが出来るまで…。

400時間以上もランナーを溶かしているとポリエチレン樹脂がどうやって熱伝導していくかを体で理解できてしまうw。自慢できる事じゃないけどw
同じ樹脂でも、通常ランナー、クリアランナー、ポリキャップのランナーで溶け方が違う…。
正確には、PS(ポリスチロール)やABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)など材質で違うんだろうけど…。
一番溶けやすいのがポリキャップのランナー、そして通常の各色のランナー、クリアランナーの順…。
色によっても溶け方が違うけど、一番とかしやすいサイズがあります。
それが米粒くらいのサイズ。
偶然にもガンプラの原材料と同じペレット状。


という事で、とりあえず今ある米粒大のランナーをかき集めてみた。


あれ??書いていたら物凄く長くなった…。

次回に続く




□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」(仮)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク(仮)

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 パネル含め2.4m以上

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver2.0、ver3.0、ver5.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク104日目(動画あり)

2015年01月28日 14時23分12秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク104日目

左脚の製作
1日間の製作:1時間(総製作時間450時間)

ランナーで作ったパネルの在庫が一切なくなったので、
脚をつくるために、ただひたすら作り続けなければ…。

ランナーザク103日目



□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」(仮)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク(仮)

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 パネル含め2.4m以上

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク103日目「中間地点」

2015年01月27日 20時00分22秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク103日目

左指の製作
1日間の製作:12時間(総製作時間450時間)

今日で折り返し!!
中間地点といったところ!
予想ではあと450時間!!
うん!マジ疲れた!

睡眠、仕事、飯、便所、風呂以外全てザクの生活!
体力&精神の限界につき、スーパーサイヤ人から通常のサイヤ人に戻りますw































□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」(仮)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク(仮)

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 パネル含め2.4m以上

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク102日目

2015年01月26日 18時38分41秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク102日目

左指の製作つづき
1日間の製作:5時間(総製作時間438時間)

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 起源の啓示 青い瞳のキャスバル プレミア上映会」
見事に抽選外れた〜。
先行上映会に行って、ザクを目に焼き付け製作モチベーションを目指したのだが…。
やっぱり人気あるんだな〜。

全然関係ないけど、THE ORIGINプレミア上映会のイベントにいらっしゃるアルテイシア役の声優の潘めぐみさんって、初代アニメ『機動戦士ガンダム』のララァ・スン役の潘恵子の娘さんなんですね。
なんだかすごい事だな。35年の歴史を感じる〜。

でもいよいよガンダムの新しい歴史が始まるんだな。










□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」(仮)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク(仮)

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 パネル含め2.4m以上

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク100〜101日目

2015年01月25日 14時17分39秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク100〜101日目

左指の製作
2日間の製作:13時間(総製作時間433時間)

一時期は世界でも有数のガンプラランナー資産家と称えられた私が没落しはじめたのは、昨年の11月初旬。
それでもまだあと少しは戦える材料を持っているはず…w

残ランナーでこのザクが作れるかどうかを確認するために、急遽ランナー消費の一番多い指周辺を作り出した。
一番貴重な長めの綺麗なランナーを使用する。
左手が出来ると間違いない計算が出来る!
これで製作日数100日over!・・・ガンダムアート製作、初の三桁。
何度か休もうと思ったが、折角覚えた今回の工法の手の感覚を失いたくない。















□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク99日目(過去の動画あり)

2015年01月23日 21時39分45秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク99日目

左肩と左腕の製作
1日間の製作:6時間(総製作時間420時間)

左肩の痛いヤツ取り付けて腕を作った。
やっとザクらしくなった。












だが・・・。



作り続ければ続けるほどに感じてきた嫌な感じ・・・。
それがどんどん大きくなってきた。

ヤバい香りが漂う。
いや、物凄く嫌なニオイがプンプンする。
完全に充満している!!!

ランナーが足りなくなるという危険なニオイが・・・。

あと必要なのは、左足と右足少々・・・シールド・・・両手・・・。
う〜ん。

計算では足りるのだ・・・。

私は世界でも有数のガンプラランナー資産家だったのだ・・・。
足りるはず・・・。

資産家だった時の動画(2009年)
「ガンプラのランナー」
2010年の最盛期は、この3倍は所有していました。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■正式名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク98日目(リサイクルパネルの作り方)

2015年01月22日 17時33分15秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク98日目

左肩の製作
1日間の製作:8時間(総製作時間414時間)

左肩の痛いヤツ3つ完成。
左肩の痛いヤツを取り付けるための穴をあけてみた!














カットした材料は、再利用します。








今回は今のところ、小さな破片も、削りかすも掃除機で吸って再利用してます。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■正式名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク96〜97日目

2015年01月21日 22時46分54秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク96〜97日目

左肩の痛いヤツの製作
2日間の製作:4時間(総製作時間406時間)

「円すい」ってのは、シンプルで美しいなぁ〜。
一つ完成!でも4時間もかかった。
明日も作る!スキルが上がってるはずだから製作スピードが速くなるはず!





□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■正式名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク89〜95日目

2015年01月19日 19時51分23秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク89〜95日目

左脚の製作
7日間の製作:12時間(総製作時間402時間)

あと少しで工程の半分くらいか?先は長いなぁ・・・。









□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■正式名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーザク88日目(質問:ランナーザクの作り方)

2015年01月12日 17時40分03秒 | 16作目ランナーザク
ランナーザク88日目

左上腕部の製作
1日間の製作:10時間(総製作時間390時間)

先日ブログを見て下さっている方から、ランナーザクの作り方についての質問を頂きました。
作り方の画像をUPしておきます。




レシピ:ガンプラランナー

道具:ニッパ(ランナーを切る工具)
   ヒートペン(ランナーを溶かすペン)
   ホットガン(ランナーを曲げる時に使う激熱ドライヤー)
   ミニルーター(プラスチック切削工具)
   
   初期のころはガスバーナーを使っていましたが危ないのでやめました。



1.まずはあらかじめ切ってあった10センチほどのガンプラランナーを4本取り出します。





2.取り出したランナーを正方形に成形します。





3.細かく刻んだランナーを一つまみ取り出します。





4.細かなランナーを正方形の方に合せ並べヒートナイフで溶かしながら接着していきます。
  この時のヒートペンの温度は270度ですよ。温度調整はしっかりと!あとヤケドも注意!





5.かれこれ3時間くらい気合を入れて頑張ると正方形の板が出来あがりました。





6.さらにその板の上から、お好みの色のランナーを溶かしながら塗っていきます。
  




7.2時間くらい気合を入れて頑張るとお好みの色の正方形板が出来あがります。





8.切り刻んで、あんな事やこんな事や恥ずかしくて言えない事をしていると形になりました。





9.今日はここに使うパーツを作ってみました。





10.まぁ、不思議!390時間位かけるとこんな感じになります〜。、
 




・・・という感じです。

ご質問の回答でした〜!



□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 ランナーアート ギガサイズモデル
 「ランナーザク」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■正式名称■
SRG(スーパーリサイクルグレード)1/9.9 ランナーザク

■制作内容■
ガンダムのプラモデルの廃棄ランナー等を用いて
ジオリジン版シャアザク兇鮴作する。
なお、塗装は一切せず、ランナー配置のみで色分けに挑戦する。

■ポージング■
ヒートホークを構える

■全高■ 
未定 たぶん2.4mほど

■使用材料■
ガンダムのプラモデルのランナーのみで接着剤はつかわない 

■構造■
ランナーモノコック構造 ver3.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加