三十路毒男の明るい生活(今は四十路既男)

昔(毒男):趣味の釣り、海外旅行、買い物、料理を中心に綴った。

今(既男):庭造りと子供とのお出かけを中心に。

本日の夕飯 新メニュー「葱油鶏」登場

2006-01-21 | 料理
 どうも最近は寒いので、なかなか釣りに行こうという気が起きない。そんなわけで週末は難波で英会話を修行してから、お買い物をして帰ってくるのがお決まりになっている。

 ちなみに本日のお買い物は客間の窓用に心斎橋のACTUSでシェード。昨年泊まりで遊びに来た両親から「明るくて眠れない」とのクレームが入っていたので購入。初めはmarimekkoに目が行ったけど、男には厳しい柄が多く断念。女の子の部屋ならいいけどね。結局、他社のおとなしい柄物にしました。

 後はいつもの通り高島屋の地下で食材をゲット。
 夕飯メニューは以下の通り。

1.ジャーマンポテト
 簡単で酒のあてに最高。ベーコンとジャガイモと玉葱でシンプルに塩胡椒味。仕上げに刻みパセリの代わりにセロリの葉っぱを加えてみました。

2.スライストマト
 ハニーエイトというトマト。しっかりしてるので、包丁で薄く切りやすい。酸味が少なく適度な甘さで美味しかった(酸味の強いトマトは苦手)。次回はシュガートマトを試してみよう。

3.春キャベツとセロリのサラダ
 キャベツの甘みが旨い。

4.中華スープ
 葱油鳥で鶏肉を蒸した後のスープを有効利用。具は葱のみ。塩味にしたので非常に柔らかいお味です。

5.葱油鳥(ツォンイウジィ):蒸し鶏の葱油がけ
 いろんなシェフのレシピが載っている「人気の餃子・春巻きと中華のおかず」(世界文化社)というお料理本から選択。若干アレンジ。葱油の風味と食感が柔らかい鶏肉と絶妙なハーモニー。ご飯にのせて食べると激ウマ。調製方法は以下の通り。

材料
 鶏もも肉1枚

 鶏がらスープ(市販の中華スープの素の「味覇」を使用)400ml
 スープの出汁とり用野菜:長ネギの青い部分1本分 生姜薄切り3枚 玉葱薄切り1/4  セロリの葉っぱ少量 キャペツの葉っぱ1枚

 葱油用:長ネギの白い部分1/2本(たて半分に切って斜め薄切り) 千切りの生姜少々 醤油適量 塩胡椒適量 油大さじ1.5 

1.鶏肉の前処理:鶏もも肉1枚に軽く塩を振って30分ほど放置。その後沸騰した湯に軽くくぐらせて、ペーパータオルで水気をふき取ってバットに放り込む。

2.鶏がらスープに出汁とり用野菜を放り込んで沸騰させてから、鶏肉の入ったバットに注ぎ入れる。

3.予め加熱しておいた蒸し器にスープと鶏肉の入ったバットを入れて、蒸しあげる。火が通ったら、蒸し器から取り出し、バットにラップをして冷えるのを待つ(私は忍耐力が無いので、冷え切らないうちに次の工程に進んでしまいました)。

4.鶏肉が冷えたら、スープから取り出して1cmぐらいの厚さにスライスして、お皿に盛る。

5.葱油用に切っておいた葱と生姜をボールに入れて、醤油と塩胡椒少々と、先ほどの残りのスープを小さじ2・3杯(本ではうまみ調味料を使用)を加え混ぜる。そこに鍋で高温に加熱しておいた油(大さじ1.5)を加え、手早く混ぜて、鶏肉にかけておしまい。

 夕飯の準備時間は約90分。以上をつまみに、映画のターミナルを鑑賞。難しい話ではないので、一杯やるのにちょうど良い。クーデターで祖国が消滅した結果、パスポートとヴィザが無効になって、空港内に足止めされてしまった男の物語。入国できるまで空港内で生活するというのが面白かった。
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の夕飯 新メニュー「砂... | トップ | 本日の夕飯 「本マグロのあら」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (taro)
2006-01-22 22:32:34
さっそくですが、葱油鶏をまねっこしてみました。途中、熱すぎる鶏を放り投げるアクシデントはありましたが、なんとか出来上がり。思ったより簡単&美味しくできましたヨ。

また良いレシピ教えてくださいね (^^)
びっくり。 (hiro)
2006-01-22 23:01:52
すごい。作ってしまいましたか。思ったよりも簡単ですよね。



私の方は終わった後、熱い蒸し器を素手で持って痛い目にあいました。

お互い気をつけましょう。



今週末は魚にしようかなー。旨く出来たらまたアップします。よろしくです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。