羅布泊通信

活動の予告と報告 http://lopnor.archive661.com/index.html

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天体Vol.5 林香苗武

2014-04-11 10:12:03 | EXHIBITION
1 day exhibition series「天体」、第5回は林香苗武にお願いして開催いたします。


「天体」vol.5
会場:20202(www.shinrin20202.jp/)
会期:2014年4月12日(土)
時間:14:00 ~ 20:00
展示作家:林香苗武(hieido.com)
入場:1ドリンクオーダー(300円~)
フライヤーデザイン:松下学(棚ガレリ)

展覧会趣旨:
「天体」は、不定期で開催しているシリーズ形式のイベント/展覧会です。
毎回1人の絵描きさんをお誘いし、1日のみの個展を20202にて行っていただいています。
会期は短いですが、天体観測のようにじっくりゆっくりと絵を見て過ごす1日になれば理想です。
(企画:齋藤祐平)


企画者より:
武と初めて会ったのは、2011年頭にTOKYO WONDER SITE渋谷で行われた「わくわくSHIBUYA」という展覧会ででした。
といってもそこで全く初めて知ったわけではなく、今回のフライヤーデザインもしてくれている松下学に「すごい良い絵を描く子がいるから見たほうが良い」と言われていて、名前は刷り込まれていたのでした。
武の作品には「シャイガ」や「レディ」といったキャラクターがよく登場しますが、TWSで見た作品ではそれらのキャラクターがキャンバスには構成主義を思わせるようなキッチリとした画面作りで描かれる一方、脇に並べられたノートにはかなりラフに線を走らせた筆致で描かれていて(かといってそれがキャンバス作品の下絵というふうにも見えない)、その振り幅があっけらかんと同時に提示されていたことに奇妙な感覚を覚えた記憶があります。
知り合って以来、展示を見に行ったり、僕の企画していた「間欠泉」というライブペイントイベント/展覧会にも何度か出てもらったりしていて、武と絵について話す機会が増えていきました。
彼女は「速さが重要」とよくつぶやいていました。
そこで「武にとって速い画家って誰なの?」と聞くと、「サイトゥオンブリーかなあ…」と答えていて意外に思いました。
しかし良く見ると、大画面の作品でも下絵の線をあえて残していたり、スタティックな構図に見える作品でも直線をフリーハンドで描いていたりと、「ストロークのスピード感」と「構図の緻密さ」の間を揺れ動きながら自分なりの「速さ」(抽象的な言葉ではありますが)を追求しているのがわかります。
僕にとって武の展示を見に行くのは、彼女の「速さ」の現在形がどのような表象を伴って現れているのかを確認しに行っているような感覚がありました。
しかし今回天体で展示をしてもらうにあたって話し合いをしたところ、「速さ」という言葉が、自分の中で果たして適切な意味合いを持っているのかどうかわからないということを言っていました。
今回のDMに使用した絵にはキャラクターが描かれていません。
展示する作品の内容は全てお任せしています。
武にとって今はひとつの転換期なのかもしれませんが、そういった時期に(1日限りではありますが)個展を企画できたことは個人的にうれしいです。
この機会にぜひお越しいただければと思います。
よろしくお願いいたします。


今までの「天体」の記録はhttp://lopnor.archive661.com/action/tentai/index.htmlでご覧いただけます。


+ + + + + + + + + + + + + + + + +

(4/11更新)

いよいよ天体明日開催となりました。
先日武と20202に最終的な会場の下見に行ったんですが、苦しみながらも今までの自分が築いてきたものに対して正面から挑もうとする意気込みが伝わってきました。
今日は搬入ですが、武の現在形がどのような展示になって現れるのか楽しみです。

1日限りの会期ではありますが、ぜひよろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Job Japan Tour 2014 | トップ | 「パープルームペーパー」に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む