おーちゃんの 「目指せ。日本200名山!」 

日本百名山トレッカー(悪名高い?)を目指して人生後半ラストスパート!

100座完登後は、200名山を目標に!

平標山から仙ノ倉岳へ (^^♪

2017年07月13日 13時27分04秒 | いろいろな山  山行記録

平成29年7月12日(水)

2日間で東北へ出かけるつもりであったが
天気予報がすぐれず、近場の仙ノ倉岳に
行くことにする。仙ノ倉岳は標高2026mで
200名山に数えられている。
近場と言っても、新潟県であるからそこそこの
距離がある。N-Boxに変わってインプレッサに
したからドライブも兼ねている。

国道17号の三国峠を経て火打峠トンネルの先の
登山口から登る。

有料駐車場であるが係の人は不在。
トイレは新設で大変キレイ。チップ制であるが
お金を払う気がするというものだ。

駐車場で写真をとったら、カメラのバッテリーが
きれた。なんてこった・・・・・・・
以後は、ガラケーでの写真。

松手ルートからまず平標山を目指す。

一汗かいたころに鉄塔に到着。
ベンチ代わりの基礎でジェルを補給。
天気は今一である。

木々の間から平標山が見えた。

 展望の良い尾根であるがときおり、ガスで視界が
はっきりしないことがある。

 松手山到着。残念な展望。

つつじやシャクナゲは盛りが終わっていた。

先行の登山者。
その向こうに平標山。

偽ピークが続いてようやくと山頂が確認できた。

平標山の山頂到着。
これから向かう仙ノ倉岳方面にはガスがかかっている。

 今年の2月に訪れた時の平標山の山頂。
風が少々強かったけれど展望はよかったな。

 仙ノ倉山へは木の階段を下る。

 標高で100mほど下る。
戻ってくるときには登らなくてなならない・・・

ちらっと見えた仙ノ倉山の手前のピーク。
登山道わきには取り残されたようにキスゲが
ぽつんと咲いていた。

ほどなく仙ノ倉岳の山頂に到着。
標高2026mの山頂からの展望はなし。残念。

お決まりのパチリ1枚。

今日は、午後から雨の予報。のんびりしている
まもなく、山頂を後にして平標に戻ることに。
ここも木の階段を下ることから始まる。
途中、振り返るとちらっと仙ノ倉山頂が見えた。
これだけでも良しとしよう。 

平標山。
上越国境の稜線は、穏やかな気持ちの良い
コースが続き、お気に入りである。 

仙ノ倉~平標の鞍部付近にあるベンチで少し
早い昼食をとる。 

再び平標山山頂。
ここからは平標山ノ家経由で平元新道を下る。 

階段~木道が続く。
下りきったところに山ノ家が見える。

冷たい水が出ていた。きっと雪解けの
水を引いているのであろう。
小屋脇から下る。 

どんどん下っていき、林道に到着。
林道を歩き始めるといきなり雨が降ってきた。
それでなくとも暑いのに、雨具を切る羽目に・・・ 

幸い、雨はすぐに上がる。
あとは、ひたすら林道を下り、ヤカイ沢出会いの橋を
渡れば、駐車場はもうすぐである。

(冬のヤカイ沢出会いの橋はすごい積雪だった。)


東京では暑い日が続き、まるで梅雨が明けたかの
ようなこの頃であったが、たまの休みに合わせたように
天気が思わしくない。しかし、炎天下の山道も厳しい
ところであり、今日は展望こそ50点だが曇天による快適な
気温は95点だったのだろう。

今日のコースです。 ↓

さて、次はどこに行こうかな。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高尾山ビアマウントに行く。 | トップ | おにぎり3種・2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。