おーちゃんの 「目指せ。日本200名山!」 

日本百名山トレッカー(悪名高い?)を目指して人生後半ラストスパート!

100座完登後は、200名山を目標に!

カレーパン

2017年03月20日 17時27分02秒 | 雑記

平成29年3月20日(月)

ハナタレさんからカレーパンを頂いた。

中野で人気とのこと・・・・・・

早速、食べてみる。

とろ~り、半熟卵が入っていた。
卵でカレーがすごくマイルド。

美味しくいただきました。

御馳走さま。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春です。

2017年03月19日 17時58分36秒 | 雑記
早朝、墓参りに出かけた。
 
6時前だったがもう明るい。
3月に入り、だいぶ日が長くなってきたようだ。
明日は、春分の日・昼と夜の時間が同じになり、
これからはますます日の出が早くなってくる。
 
冬から春に変わろうとしている・・・・・・・・・・・・・。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MTB再び・・・・

2017年03月13日 18時47分29秒 | 雑記

平成29年3月12日(日)

奥多摩のとあるトレールを走ってきた。

実は、昨年、12月にMTBでのトレール走行は卒業したつもりだった。
トレールを走るMTBの評判が宜しくないのがその理由だった。
しかし、クラブの会長が病気で倒れ、クラブ存続の危機が???

というわけで、会長が復帰するまでもう少し現役を続けることにする。

参加クラブ員が九州に帰ることになり、走行会後にプチ送別会を
やるために、車ではなく輪行で行くことにする。
これで飲めるというもんだ。(飲みに行くのかよ!)

登りはほぼ押しだった。

休憩では柄にもなくコーヒーを入れてみたりする。

やはりMTBは楽しい。
あっという間のトレイルだった。

いよいよメインイベント???

寿司屋で?ボトルを入れて・・・・

なんで中華なんだろう。
そんな店なんです。

たらふく食べて飲みました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北京ダックの食べ放題!

2017年02月25日 16時25分35秒 | 雑記
プレミアムフライデーの昨日、とある中華料理店へ行く。
北京ダック食べ放題と銘打ったコース料理。
北京ダックと言っても、本質的にはただの鳥皮である。
鳥皮と来れば・・・これはもうビールで喉を洗うしかない。
モルツだね。
まずは、三種前菜の盛り合わせから。
 
 
冷製蒸し鶏のネギ生姜ソース・窯焼きチャーシュー・クラゲ。
 
 
ぷちぷり海老のマヨネーズソース
 

旬菜のにんにく炒め。
 
 
麻婆豆腐。山椒がぴりり。
 

そして北京片皮鴨、北京ダックである。
ネギ・キューリの千切りを添えて甘味噌を塗って
クレープみたいな餃子の皮のお化けみたいなもので
くるんでぱくりと食べる。
食べ放題といってもそんなにたくさんは無理。
同じものを食べ続けると飽きる。
甘味噌の代わりに別注したマーボ豆腐のたれなどで
変化をつけて、ビールでぐいぐい流し込む???
やっぱり美味しいものは食べ放題は駄目である。
もう少し食べたい・・・・位がちょうどいいのである。
もうたくさん・・・・
 

それでもつゆそばで締める。
 

ああ、デザートがあった。マンゴープリンでおしまい。

「美味しかった。」というより「満腹だ。もう無理。」
という感想であった。

これっていかがなものでしょう??????

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

快晴の平標山。大満足の山頂からのスキー (^^♪

2017年02月24日 06時02分25秒 | いろいろな山  山行記録

平成29年2月22日(水)

東京を早朝出発し、月夜見インター下車。
三国峠を経て苗場スキー場の少し先の火打峠トンネル側の
路肩に車をとめる。ヤマレコは、駐車スペースについても
記載されていることが多く、重宝する。
今日は、自分を含めて3台駐車。

国道側の別荘地入り口からスキーをつけて林道を登る。

道路終点からは除雪のされていない林道を進む。
昨日は雪が降っていることは判っていた。
平日なので平標山に入る登山者はいないか少ないと
思っていたので朝一のトレースがあり、正直、ほっと
する。もちろん喜んで、使わせていただく。
先行は、3名の様子。

樹間にちらりと平標山が見える。

河内沢の橋を渡り、しばらく林道を進みゲートの
ところから(かろうじてゲートの頭が出ていた)
ヤカイ沢方面に向かう。

どーんと正面に平標山が見える。
2年前の4月に来たときは正面の沢は全層雪崩で
茶色になっていたが、今日はつるつるである。
でも、今日は表層が雪崩れるかもしれない。
往路を下る予定。
それにしても脛が痛い。先週の栗駒でスキー靴
のアタリが悪く脛の皮がむけてしまって絆創膏
を貼っているものの辛い状態は解消されなかった。

ひたすら登る。
板は重いし、体力はないし、足は痛い。
写真なんか撮っていられない。
稜線手前で雪は固くなってきた。
クトーをつけて登る。

山頂が見えた。
直下は、地吹雪のように雪が流れている。
やっとのことで2年前のリベンジができた。 

風が強いが展望は最高である。
お決まりのパチリ1枚。
あそこに見える山は何だろう・・・・
などと、ゆっくり楽しむ余裕はなかった。 

仙ノ倉岳は判った。

あとはぐるっと動画を撮る。 ↓ 

 

山頂直下に移動し、シールを剥がして下山の
準備をする。
パリンパリンなので板を流さぬよう注意をして
滑降モードにセット。斜度がないので滑り下りる
ことができるが、もう少し急だったら転んだら
止まれないくらい雪が堅かった。 

スキーはファットスキー。樹林帯はパウダーだ。
登ってきた斜面をずりずり下る。

途中、上がってくるパーティとすれ違う。
結構、のんびり上がってくるんだな。 

樹林帯に入ると気持ちの良いパウダーランだ。
旨くなくともファットスキーなのでなんとか
曲がれる。苦しかった登りも報われるという
ものである。 

 たっぷりと楽しむことができた。 

 おやつを食べて山頂を振り返る。

気持ちの良い緩斜面が続き、下りは驚くほど
速く下山することができた。 

林道に入ってからも板は滑る。
道路終点に2台、トンネル側の路肩には
5台の車が駐車していた。
平日でも大人気の山である。 

今日のコースです。 ↑

大満足の平標山でした。
もう少し早い時期にきて、山頂から
西斜面に滑り込んでみたいものです。

 

その後・・・・

今日の目的のもう一つは友人のお見舞いです。
2週間前、急病で六日市の病院に運び込まれた
彼は、まだ治療~リハビリを続けています。
下山地から病院まで1時間もかかりません。
「どうだい?暇だろうから寄ったよ。」
彼の回復は早く、「リハビリでスキーだ!」
などと、元気そうでほっとしました。
まもなく東京の病院に転院となります。
一緒に遊べる日が待ち遠しいです。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加