2016年6月26日HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-タイムテーブル大公開!

いよいよ開催当日
本日6月26日の14時から渋谷のR Loungeで開催しますHAPPY DYNAMITE -15Anniversary-のタイムテーブルをここで発表します。





6階のHAPPY FLOORはアッパーに、7階のDYNAMITE FLOORがアグレッシブに、15年の熱い魂が迸る目くるめく魅惑のラインナップ!
両フロアーともに、どちらに行ったら良いか迷いながら、行き来してお楽しみください!!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary- 出演者プロフィール&メッセージ紹介 ~HAPPY FLOOR Guest&Friendship アーティスト編~




6月26日まで残りあと2日!今度の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で「HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-」開催です!
これまで4回に渡りご紹介してきたアーティストのプロフィール&メッセージのご紹介も今回で最後!!
今回は15周年記念回に相応しい、豪華ゲスト&フレンドシップ アーティストのご紹介です!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★kors k (S2TB Recording)

音楽プロデューサー、アーティスト、DJ。「beatmania」シリーズの主力トラックメーカーとして楽曲を提供し続けながら、アニメ関連の楽曲やJ-POPのリミックスなどを手がけ、トータルで400曲以上におよぶ楽曲群を世に送り出している。teranoidやEagle、StripE、といった名義でも活動。現在はDJとしてクラブやイベントのステージでも活躍しており、国内のみならずアメリカやアジア各国でもライブを重ねている。2014年6月に、アルバム「Let's
Do It Now!!」をリリース。2015年3月に前作のリミックス音源と新曲を収めた「Let's Do It Again!!」を発表した。




★REDALiCE (HARDCORE TANO*C)

日本のハードコアテクノシーンを代表するアーティスト。
絶大な人気を誇るハードコアテクノレーベル「HARDCORE TANO*C」主催。
2003年よりプロデューサー兼DJを開始し、都内を中心としたDJプレイ、楽曲制作と精力的に活動。
beatmania IIDXやjubeatなどのゲームミュージック、這いよれニャル子さんなどのアニメ主題歌など様々なシーンに楽曲提供をしつつ、
DJパフォーマンスも日本、台湾、アメリカなど世界的に活躍している。




★DJ Shimamura (WEEKEND RAVERS)

日本を代表するHARDCORE RAVEアーティスト/DJ。
2001年よりレーベル『DYNASTY RECORDS』を立ち上げ、2015年にはBlock FMにて『RAVE-A-RIDE』をスタートさせるなど、シーンの牽引役を果たしている。
London Elektricity、Deco*27、NIRGILIS、GRANRODEOなどのリミックスで国内外より大きな評価を得ており、人気ゲーム『beatmania IIDX』シリーズへの楽曲提供も行っている。
DJではサンフランシスコ、ロンドン、上海、トロント、国内では新木場ageHa、渋谷clubasia、秋葉原MOGRAを中心に全国のパーティーに出演。
MC STONEと共に主宰するパーティー「WEEKEND RAVERS」では、ageHa ISLAND、代官山UNIT/SALOON/UNICE、渋谷clubasiaを超満員にし、その勢いをレイヴァーズと共にどんどん加速させている。

≪メッセージ≫
HAPPY DYNAMITE15周年おめでとうございます!
始まってすぐのCODE時代からゲスト出演や遊びに行ったりでお世話になっているダイナモ!
平日の夕方~終電開催という超マニアックな時間帯に1000人規模の箱で毎月開催されていたのは、
今となってはちょっとした伝説な気がします(笑)

HAPPY DYNAMITEを通して出会った音や友人は数知れないので、今後も続けて行ってほしいです!
今回はそんな東京ハードコアシーンの15年間や、CODE時代のテンションを意識しながらプレイしたいと思っています。





★MC STONE (WEEKEND RAVERS / ROCK UP!!)

数多くのパーティーをコントロールし、イギリス・ロンドン / アメリカ・シカゴ / 東京・TOKYO HARD GROOVE SESSION / X-TREME HARD / HAPPY JACK等、HARD GROOVE、HARDCORE RAVEでは、欠かせない存在となっている。
RAVE&BASSと言う形を模索しながら、DRUM&BASSシーンにも活動の場を拡げ、次世代RAVE MUSICシーンのDJとRAVERを繋ぐフロントマンになる事は、間違いないだろう。
その、小さな身体からでるダイナミックで、アップリフティングなマイクパフォーマンスでグラウンドを魅了する。
DJ SHIMAMURA with MC STONE による初のコラボレーション作品、「Flow in da Sky」は既にCLUBアンセム化!
更に、kors-k、DJ Noriken、yukacco&DJ Genkiとの楽曲も高い評価を受けている。
2012年より「TOKYO HARDCORE EXPLORER」DJ Abitanと共に現場を再現したMC入りLive Mix 「DJ Abitan & MC STONE - HARDCORE BELIEVER MIX vol.1~9」をフリーリリースし、Abitanと共に若手ながらその存在を主張している!

WEB: http://www.mcstone14.com/
facebook: www.facebook.com/mcstone14
twitter: https://twitter.com/MCSTONE14

DJ Abitan & MC STONE - HARDCORE BELIEVER MIX vol.1~9
https://soundcloud.com/abitan/sets/mixes-97

≪メッセージ≫
ぴよぴよ~~!この度は、記念すべきピヨピヨダイナマイトにピヨピヨしていただき。。。。
当日は、遊びに来てくれたみんなといっぱいいっぱい。。。。。
15年と言う長い期間東京でHARDCORE RAVEを支え続けるそのパワーは。。。。。
やばいアーティストがてんこ盛りで昼イベ開催なので皆さん。。。。
ぴよ。。。。。ピヨ。。。。PIYO。。。。
MC STONE E.P.をいっぱい聞いてき。。。。。
よろしくおねがいし。。。。。。





★KAN TAKAHIKO

2005年よりTRACK MAKERとして活動開始。
東京のレーベルvariumや☆TAKU TAKAHASHI主宰TCY RECORDINGSからのリリース、様々なアーティストへの楽曲提供やコラボレーション/REMXワーク(m-flo,DEXPISTOLS,THE LOWBROWS,SoccerBoy,fazerock,YOCO ORGAN,DJ YUMMY,ASIAN KUNG-FU GENERATION,ALEX KENJI,DJ Mykal...etc)でも知られている。
2012年に発表したHABANERO POSSEとのMOOMBAHTONスプリットアルバム「XMAS MOMBAH EXPRESS」は即完売、2013年にはディズニーのオフィシャルリミックスコンピ「ELECTRONIC DISNEY MUSIC」に参加。
2014年5月に初のオフィシャルミックスCD「Nu Skool Euphoria」をリリース。
BASS MUSICからRAVEサウンドまでMIXした内容が多方面から好評を博している。

また、話題のダンスミュージック専門インターネットラジオ“BLOCK.FM”では 「BLOCK STEPPER」のパーソナリティーも担当。

https://www.facebook.com/kantakahikoofficial
https://soundcloud.com/kantakahiko
https://soundcloud.com/kntkhk

≪メッセージ≫
祝15周年!このような素晴らしい節目の回に出演できて光栄です。
HAPPY HARDCOREやRAVE MUSICを最高に愛する皆さんと最高のパーティーやれるのをとても楽しみにしています。






★YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)

1976年9月18日生まれ 静岡県浜松市出身。 4つ打ち音楽全般をこよなく愛し、そのプレイ
スタイルはEDM、エレクトロ、プログレッシブハウス、 ディスコハウス、アッパーハウス、テックハウスなど多岐に渡る。
数多くのDJ活動、イベントプロデュース活動を経て 現在、DJとしては新木場ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」、渋谷WOMBでの「THUNDERBOLT」と「Revamp」を中心にDJ活動中。
2011年からはYOSHIMASA+RYOJI TAKAHASHI名義で楽曲制作を開始。2曲リリースしたあと
翌年2012年から二人で「TINY DUCKS」を開始。 同年9月にオーストラリアの"Shabang!
Records"からデビューEP"Lock On You"をリリースした。 初のEPでありながら Lock On
YouはBeatportのElectro House Release Chartにて最高14位を記録。 (総合チャートでも57位を記録した)
そこから彼らは活動を本格化させ、 11月にはトルコのスーパースター "Utku S"のレーベル"Ventuno Recordings"からセカンドトラック「Breakthrough」をリリース。 そしてFILTH & SPLENDOUR / SMASH & GRABのTiny Ducks Remixも立て続けてリリースした。 2013年5月にはKID MASSIVEとTINY DUCKSの共作「SMASH IT」がマドンナやレディーガガなどの リミックスを担当して世界中で活躍する"Sultan & NedShepard"のEDITでリリースされ Beatport Progressive
Houseのトラックチャートで最高42位にランクインし大きな話題となった。 「SMASH IT」は"PAUL OAKENFOLD"や"Fedde Le Grand"、"Daddy's Groove"、"Thomas Gold"、"Nari&Milani"、 "Tom Swoon"、"Starkillers"などにRadio mixで使用されるなどサポートを受けている。 TINY DUCKSは"WOMB"を始め、日本の様々なクラブでライブセットを 行い"BINGO PLAYERS"、"MOTi"、"Wolfgang Gartner"、"Feed Me"、"KILL THE NOISE"、"Daddy's Groove "、"CROOKERS"、"TJR"、"KRYDER"、"Jewelz & Sparks"、"Lucky Date"、"Paris & Simo"、"Hook N Sling"、"Lazy Rich"、"Kid Massive"、"Starkillers"、"ZROQ"、"DON RIMINI"など世界のスターDJ 達の入れ替わりでアクトしている。
2014年11月には待望のファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
ジャパニーズEDMシーンの大本命と評され、多くのメディアに露出しitunesやbeatportのELECTROHOUSE,PROGRESSIVE,DUBSTEP,POP/ROCKなど多くのジャンルのリリースチャートにランクインした。
最近ではLAZY RICHの最新トラック「Opus」をLAZY RICHのレーベル「BIG FISH
RECORDINGS」からフリートラックとしてリリースし 今も再生回数を伸ばしている。

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年おめでとうございます!
思えばチャンプさんとはダイナモスタート前からのご縁ですので
かれこれ20年近いお付き合いですねw
ダイナモといえばCODEなので当日は当時のCODEでのHARDHOUSE/TRANCE DJとしてのYOSHIMASAのプレイを再現したいと思っております!
よろしくお願いいたします!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary- 出演者プロフィール&メッセージ紹介 ~HAPPY FLOOR DJ編~




開催まで残りあと3日!6月26日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催される「HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-」まで!
HAPPY FLOOR(6F)のアーティストの紹介の続きということで、出演するDJのプロフィール、そしてメッセージをお届けします!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★DJ Champ (HAPPY DYNAMITE / HAPPY JACK)

UK Hardcore / Happy HardcoreのDJでありクリエーター。
99年にHARDCORE KITCHENにてDJとしてのキャリアーをスタートさせて以来、Hardcoreの普及を目指し都内各地のクラブを精力的に活動。
また、DJと共にオーガナイザー業も行い、奇数月の第4日曜日に渋谷のR Loungeで開催されている【HAPPY JACK】を手掛け大いに盛り上げている。
2003年の3月には、ビクターエンタテインメントからHappy HardcoreのMIX CD「ハピコアBEST」(VICP-62212)をリリース。
2006年にリリースされた「TRANCE RAVE PRESENTS SPEED TRANCE TYPE:6」に収録されたDJ Shimamuraとの共作『Hands Up!』、『Bubble Gum』、REDALiCEとの共作『Warp Attacker』などを制作。
そして、kors kとの共作トラック『Sparkin’ Beatz』、『Brilliant Skies』はアメリカの巨大レイブでプレイされるなど大きな話題を呼んだ。
また、CDのプロデュース業にも進出、インディーズレーベルSHOT MUSICから様々なアルバムを送りだし、次々とヒット生み出している。
DJプレイの特徴は「ハッピー」の一言。ハッピー全開の笑顔とアクションでオーディエンスを煽りまくるプレイは必見!!

≪メッセージ≫
新宿CODEの店長さんから「イベントをやらないか」とのお話をいただき、CODE初となるHAPPY HARDCOREのマンスリーイベントを開催したのが2001年5月17日の木曜日。
それ以降、ダイナモの愛称を頂戴し、7年間に渡りCODEでイベントを開催してきました。
2008年1月のCODEでの最終回のときは感極まって涙ぐみましたが、2013年から無事に復活し、そしてこのたび15周年を迎えられるとは夢にも思っていませんでした。
それもこれも、遊びに来ていただいた皆様、ご出演いただきました皆様、そしてスタッフの皆のお蔭です!!
本当にありがとうございます!!

15周年のダイナモでは、CODE時代からの盟友SHOT-CUTzと組んで、ダイナモを思い出させるような懐かしい選曲で臨みます!
どうぞお楽しみください!!




★SHORT-CUTz [JIMMY-!&OKMR] (HAPPY JACK)

出会いは都内某所、坊主専門の帽子屋Boze3mmで同じ帽子を選んだところから話は始まる。
店長を深く敬愛し昔ながらの3mm丸刈りを貫き通す三郎太 (後のOKMR)と、流行りのツーブロックに裏原系と全く正反対のスタイルの政次(後にクリスチャンとなりJIMMY-!)という正に犬猿の仲の二人であったが、行きつけのパーティ、Happy Dynamiteで二人ともかなりのQUOSH、EVOLUTIONフリークである事が判明。
以来反発しながらも次第に惹かれ合う二人…いつしか二人は一つ屋根の下で暮らし始める事となる。
そして2004年11月、三郎太は先に改名したJIMMY-!にあやかり源氏名をOKMR、JIMMY-!は三郎太にあやかり3mm丸刈りのJapanese HARDCOREスタイルとなり遂に野郎二人組坊主漢気ハードコアユニット"SHORT-CUTz"を結成。
QUOSHとEVOLUTION連発で突き進む猪突猛進Back 2 Backスタイルで完璧なクラウドコントロールを見せる。

≪メッセージ≫

JIMMY-!
祝15周年!!てことは…生まれたばかりの子がもう中3になってるってことですよ!すげー!!
"生まれた年に始まったパーティーに行く"が出来るようにこれからもよろしくお願いします

OKMR
15周年万歳!これも遊びに来てくれる皆様のおかげです。今回もとにかく大いに楽しみましょう!




★DJ DEPATH (GUHROOVY/MAKINA OR DIE)

1997年にDJ活動をスタート。
90年代初頭にスペイン・バルセロナで誕生したダンスミュージック「MAKINA(マキナ)」に注目し、日本に「MAKINA」を仕掛けた第一人者。
2008年に日本人初のMAKINAクリエイターM-Projectと共にバルセロナの最大手MAKINAレーベルBIT MUSICから「DJ DEPATH & M-Project EP」、MAKINAシーンの重鎮であるFRANK DIAZが主催するMAKINAレーベルJEWEL UPよりスプリットEP「FRANK DIAZ VS DJ DEPATH & M-Project EP」をリリース。
同年、日本初のMAKINA MIX CD「DJ DEPATH & M-Project / LAND OF PASSION」 をリリースしMAKINAの存在を知らしめた。
2012年にリリースした自信の活動15周年記念コラボレーションミニアルバム「Makina Exclamation」と「Makina Exclamation G」は日本のみならずMAKINAの本場、バルセロナのDJ達からも好評を得ている。
2013年にはMAKINAシーンのトップDJであるDJ PASTISがレジデントを勤めるレジェンドパーティー「X-QUE」に日本人として初の出演を果たし、DJ PASTIS公認のMAKINA MASTERの資格を得た。

https://twitter.com/dj_depath
https://www.facebook.com/depath.deejay
https://soundcloud.com/dj-depath

≪メッセージ≫
HAPPY DYNAMITE(愛称ダイナモ)が15周年…。
人間で例えると男女問わず盛んな年頃です。マジぱねえ。俺の友人で高校を卒業後に結婚した友人の子供がDYNAMITE AREAに出演するKO3&Relectと同世代だったりします。
「うわ…」と思ったであろうそこの君、これが現実(リアル)です。
新宿CODEから現在のR-LOUNGEまでマジで色々とありました、ありすぎました、主に残念な事ばかり(笑)。なので、ダイナモ15周年を祝ってくれたら嬉しいですし、きっと報われます。だがしかし、ダイナモ20周年は目指したくありません。





★Abitan (WEEKEND RAVERS/HAPPY JACK)

イギリス発の高速ダンスミュージック "UK Hardcore" の虜になり、2010年よりDJ活動を開始。
本場UK Hardcoreの「現在進行形」を伝えるべく、メジャー・マイナーレーベルを問わず常に最新のトラックをいち早く取り込み、フロアにドロップするスタイルが信条。
その飽くなき探求心、そして積み重ねられた知識に裏打ちされた緩急自在なミックスワークを武器に、都内をはじめ名古屋・大阪・宇都宮等、数々のハードコアパーティーへの出演を果たす。
2012年秋、MC STONEと共に初の "1DJ/1MCスタイル" の現場再現UK Hardcore Mix CDとなる『DJ Abitan & MC STONE - HARDCORE BELIEVER MIX』のフリーリリースを開始。
2013年より、DJ Shimamura & MC STONE主催の「WEEKEND RAVERS」、DJ CHAMP主催の「HAPPY JACK」にレジデントDJとして参加。
これまでにDougal & Gammer, Scott Brown, Al Storm, Fracus, Cotts, nanobii, MC Obie等、名だたる海外アーティストとの共演を果たす。
2014年には国内唯一のダンスミュージック専門チャンネルblock.fmにUK Hardcore特集として出演。
様々なメディアを介してその存在を主張している。

http://soundcloud.com/abitan
http://twitter.com/Abitan_kh
http://www.facebook.com/abitanjp

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年、おめでとうございます。ご長寿!

思い返してみると、数年前に渋谷でチャンプさんが紛失した携帯が見つかった勢いで電撃復活したダイナモ・・・
年に一度のお祭りに、今年もHAPPY JACKクルーとして参加できることを楽しみにしています!

あっ、天気予報はあえて見ないことにします。





★DJ 490 (SKETCH UP! Rec. / WEEKEND RAVERS)

SKETCH UP! Recordings副主宰。
2007年より音楽活動を開始、現在はUK Hardcoreを主軸としている。
その個性的な楽曲は海外でも評価されており、2013年にスペインのレーベル『Magic Chord Recordings』からのリリースを果たしている。

DJとしては、シャープでソリッドな選曲と、トリッキーなプレイスタイルを持ち味としており、『WEEKEND RAVERS』、『X-TREME HARD』、『TOKYO HARD GROOVE SESSION』等、様々なパーティに出演し人気を博している。

http://soundcloud.com/dj490
http://ameblo.jp/dj490
http://twitter.com/dj490
http://www.sketchuprecordings.com/

≪メッセージ≫
では1つだけ、、、
ダイナモ15周年、遊びに行かないと「勿体無いですよ~。」





★suZa9N

1992年に神奈川県生まれ、2012年の大学入学と同時にDJ活動を開始、2014年からは、UK HardcoreのサブジャンルであるPowerstompを主体にUK Hardcore、Hardstyle、Mainstream Hardcore等を混ぜていくDJスタイルで都内開催のハードコアパーティーにて活発的な活動を行っている。
 また、DJ以外にも「学生にもっとクラブ音楽を知ってほしい!」をコンセプトに開催された学祭レイヴパーティー「和光Rave!!」シリーズや学生、若手DJの祭典「STUDENT RAVERS UNITED!!」、2016年3月には何でもありパーティー「Unexpected Downpour」との合同パーティー「SRUnDo」の主催を務める等、オーガナイザーとしても活動している。

≪メッセージ≫
ダイナモが初めて開催された15年前といえば、僕はまだ小学校2,3年生かそこらでした。
小学生の頃の僕は『大きくなったらプロのレーサーになるんだ!』って粋がっていましたが、それが高校生になって『DJになりたい!』に変わりました、大学時代には学祭でパーティー開催して、クラブでもパーティー開催して、同じ学生の仲間もできて、いろんなパーティーで遊ばせてもらって、高校生の頃に観た憧れの先輩達と同じ舞台に立てている、そんな今では私がお爺さん、孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル、なぜなら彼もまた特別な存在だからです。





★SEIGI. (HappySpirits)

若手・学生DJにスポットを当てたRAVEパーティ『STUDENT RAVERS UNITED!!』(通称:SRU)にてデビュー、
高速EDM"UK Hardcore"中心の、ダイナミックかつ非常に安定したDJスタイルが評価され、
デビュー後わずか2年で『HAPPY JACK』、『WEEKEND RAVERS』等、数々の有名パーティのへ出演を果たす。

「Hardcoreパーティをもっと身近な物へ」をモットーにした平日Hardcoreパーティ『HappySpirits』、
UK/Happy Hardcoreオンリーイベント『CONCRETE』オーガナイザー。

パーティ後の体調不良にいつも悩まされている。

Twitter: https://twitter.com/seigi_53161
Mixcloud: https://www.mixcloud.com/SEIGI_/

≪メッセージ≫
HAPPY DYNAMITE!DJとして呼んでいただき、本当に嬉しいです!
まだまだ新参者なので、先輩方に劣ってしまう所が多々あると思いますが、
当日は若さみなぎるプレーで追いつけるよう精一杯頑張ります!
よろしくお願いします!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary- 出演者プロフィール&メッセージ紹介 ~HAPPY FLOOR MC, VJ, Photographer編~




開催まであと5日に迫りました!6月26日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催される「HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-」まで!
DYNAMITE FLOOR(7F)のDJのプロフィールとメッセージに続きまして、HAPPY FLOOR(6F)のアーティストをアップします!
まずはパーティーを彩るMC, VJ, Photographerのプロフィール、そしてメッセージをお届けします!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★KONNY MC (M.H.C.)

言わずと知れた最強のMC。オリジナルスタイルで戦う戦士。
縦横無尽に繰り出すKonny語をライブで体感せよ。

≪メッセージ≫
ダイナモのMCといえば俺でしょ。




★MC SHINE (WEEKEND RAVERS/OUKA)

これ迄に国内外数多くのDJと大小様々なパーティー、イベントで共演を果たし現在は東京のDnBMCとして活動。
今やDnBのみならず様々なジャンルに挑戦している。
自身のMCスタイルについてはBeatnik foundationと位置付け、
Hip Hopなどの拍子では心情、
DnBなどの倍速では状況を言葉にするスタイルを念頭に置いたMC。

≪メッセージ≫
今回も間違いない空間になるかと思います!
皆で散らかしましょう♪





★MC KCD

a.k.a. MC Dahl Headland。ただ名前が長いからという理由でDJ Shimamuraにより改名させられる。
2011年から出現した謎のMC。初出はHARDCORE TANO*Cからリリースされた「HARDCORE SYNDROME 5」の「I'm Ready」である。曲中は主にシリアスさを重視した英語を使用。
以降曲中での声ネタの提供や、様々なパーティーに出没してはMC乱入し場を盛り上げるなどの活動を精力的に行い、後にハードコアメインのイベントの中でも有名なパーティー「XTREME HARD」や「HAPPY JACK」などでMCとして出演を果たす。
イベントでは勢いで煽り、勢いでノるスタイルを通し、ガバとUK Hardcoreメインで日本語じゃない何かを喋り散らす。

≪メッセージ≫
いろいろ感情こめてぶちまかしていきたいです!
煽って盛り上げると同時に、自分も一緒になって楽しむ、そんなスタンスで皆さんと一緒に絡みながらピョンコピョンコ跳ねて踊りたいですね!!!!

皆さんからのお酒もお待ちしております!ショットは勘弁してください!






★VJ かっか (NC帝國)

コバルト爆弾αΩ謹製のVJソフト「あのタグで待ってる」を使用し、
私たちの何気ない日常生活におけるワンシーンを繋いでいくVJをします。
https://www.youtube.com/watch?v=DA-Iyk0xpyw
https://www.youtube.com/watch?v=nTy96BcyPiM

≪メッセージ≫
HAPPY DYNAMITE15周年おめでとうございます!
HAPPY DYNAMITEは2007年に初めて行って、めっちゃ楽しかったけど、
次の日学校だったので終電で泣く泣く千葉まで帰った覚えがあります。
当日はみんなが楽しくなれるような映像を流したいと思います!





★VJ mine

2009年夏あたりからVJ活動を開始。
普段はペンギン工場の工場長としてペンギン製造ラインに携わっている。
市松模様が大好き。

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年おめでとうございます!!
15年前の自分は小学生のヤンチャキッズでした。2001年の出来事を調べたら懐かしい気持ちでいっぱいになったのでおすすめです。
ヤンチャキッズの気持ちで頑張ります。





★VJ GAS (Guts And Spirit)

2009年に関東のハードコアイベント、SKECHING!!にてVJデビュー。
関東在住時には数々のハードコアイベントにてVJを担当。
2015年にはあのAngerfistの担当を務めた経験を持つ。
シンメトリーを基調としたVJ素材を駆使し、ハードコア全般において曲の展開に合わせた堅実なVJプレーをする。
最近は京都にてサブカルチャーVJも始め、堅実なVJの中にもネタを組み込む。

≪メッセージ≫
我を通してやらせて頂いているVJですが。今回、パソコンを新調したので、楽しんんでいただければと思います。派手な映像で、いい感じに盛り上げたいと思っているので、何とぞ、よろしくお願い致します。 以上、当日はよろしくお願い致します。






★みずほ

専らデカい鳥を降らす、爆弾を投げる、あるいはクナイを飛ばすなどの活動に勤しんでおります。
でも大斬りがいちばん好きです。

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年、復活してから3周年。このたびはおめでとうございます。
チャンプさんが携帯電話を無くしてからの復活劇は酒に飲まれても覚えております。
当日はお天気に恵まれますよう、
また、降っても小さいグラス程度の雨で済むよう、心してまいりたいと思います。





★saegsa

2014年funkotのイベントでクラブ客デビュー。同時期にカメラと出会う。
以後、カメラを片手に時に客として時にカメラマンとして撮影をしたり、たまにDJをしたりしなかったりする。過去にMEGA DUGEM V3、ENAK CHIKEN、S2TBTANO*C、TANO*C TOUR2016等で撮影。被写体をビュワっとさせるのが好き。

≪メッセージ≫
ぼくが皆さんにカメラを向けると、カメラの中から鳩さんがポッポーって出て来ますので。出てこないんですけど、そんな気持ちでレンズの方を見ていただけると嬉しいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary- 出演者プロフィール&メッセージ紹介 ~DYNAMITE FLOOR DJ編~ その2




開催まであと6日です!6月26日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催される「HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-」まで!
昨日に引き続き、マッドネスでアグレッシブな出演者が集うDYNAMITE FLOOR(7F)に出演するDJアーティストのプロフィール、そしてメッセージをお届けします!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★Herald (DefDistortion)

2003年ReggaeのSelectorとして活動を開始するも、よりHardな音を求め翌年にHardcoreTechnoの世界へ転身。その後は関東を中心に数多くのパーティに単身Hardstyleで挑み、徐々にその勢いを加速させる。
彼のHardstyleによる卓越したフロアメイクが評価され、今ではageHa.WOMB.VISION.ASIAと関東屈指のクラブで活躍。その勢力は関東にとどまるはずもなく、全国各地に登場してはその存在感を見せつけている。
トラックメイクも始めており、Hardstyleの新時代nに欠かすことができない存在として今後目が離せない1人と言えるだろう。...

≪メッセージ≫
今回HAPPY DYNAMITE -15Anniversaryに初めて出演させて頂くのですが、近年世界中で人気急上昇しているHardstyleの良さを私が運営しているDefDistortionのノリと共にDJでぶつけられたら良いなと思っております。最高に高まるHardstyleを一緒に楽しみましょう。




★Kobaryo (HARDCORE TANO*C/Psycho Filth Records)

2010年より音楽活動を開始。「HiTNEX TRAX」主宰。
「HARDCORE TANO*C」「Psycho Filth Records」所属。

主にSPEEDCORE、MAINSTREAM HARDCOREを制作。楽曲にはエモーショナルなメロディを使った物が多いが、時には民族的だったり無機質なサウンドだったりと、作風の幅は広い。

また、複数の名義を使い分けEDMやTRANCE、 HARDSTYLE、UK HARDCORE等、持ち前の器用さを生かし様々なジャンルの楽曲を手掛けている。

SPEEDCOREにおいては、大量のサンプリングやシンセを様々な方向に引き出した変幻自在のサウンドと、枠にとらわれないスピーディかつカオスな展開の楽曲を得意とする。

近年では海外のハードコアコンピレーションCDにも参加しており、国外にも活動の幅を広げる。

Web:http://kobaryo.com
Twitter:Kobaryo_2b1c

≪メッセージ≫
普段は比較的速くて激しいやつを選曲していますが、多分今回もそんな感じです。
なんとかしてハッピーな感じを出そうと思います。





★KO3 (AttackTheMusic)

2013年よりキャリアをスタート、UK Hardcore、Electro Houseをメインにトラックメイカー、DJとして活動中。
2014年にはアメリカのレーベル「Attack The Music」に加入しソロEPをリリースする他、多数の音楽ゲームに楽曲提供するなど活動の幅を広げている。
DJではジャンルをまたぐMIXのスタイルが評判を呼び、パーティーを盛り上げる為に奮闘している。

≪メッセージ≫
こんにちは、KO3です。
まずはダイナモ15周年誠におめでとうございます!客として遊びに行っていたパーティーにこのような形で参加できて大変嬉しく思います。
去年のダイナモにもKO3 & Relectで出演させて頂いて、それ以降DJ出演の機会を多く貰えるようになり誘ってくれた方々には頭が上がりません。今回も自分達の最大のパフォーマンスを引き出せたらなと思いますので、是非ご期待下さい!!





★Relect (AttackTheMusic)

DJ兼トラックメイカー。主に都内で活動している。高速EDM"HARDCORE RAVE"を主軸に様々なジャンルをミックスするスタイルで、国内の様々なパーティに出演、2016年にはシカゴで開催された「Anime Central」にスペシャルエンターテイナーとして招致される等、その活躍は年々と規模を大きくしている。

≪メッセージ≫
ダイナモ15週年!自分はDJ4年生くらいですが、そろそろ15周年の重みがわかってくる頃合いです。15周年!?15周年ってやばくないですか???15周年っていうと年が15周してるってことですよ!そんな15周年に出演させていただくのでいつも通り全力でプレーさせていただきます!15周年!おめでとうございます!




★チンピラ合衆国 [TAK666&SYNDROME] (Cradle to Grave|SKETCH UP! Rec.)

チンピラ合衆国の朝は早い。

「まぁ好きではじめた音楽ですから。」

最近は良い曲が掘れないと口をこぼした。
まず、サンプリング素材の入念なチェックから始まる。

今日はダイナモ15周年。
彼はmp3をラップトップに詰め、渋谷R Loungeへと向かった。
基本的な選曲は決まっているが、最近のユーザーの嗜好に合わせ、
多種多様なプレイを演奏しなければいけないのが辛いところ、と彼は語る。

「毎日毎日機材と音響設備が違う。機械では出来ない。」
「このマスタリングはダメだ。ほら、すぐに音が割れてしまう。」

彼の耳にかかれば、聴くだけで出来不出来が分かってしまう。
ユナイテッド・ステイツ・オブ・チンピラ、ここにあり。
今、一番の問題は後継者不足であるという。
仕込みに満足できないと繋ぎが雑になってしまうという。
30年前は何十ものチンピラがスクラムを組んだこの国だが、
今ではチンピラは彼一人になってしまった。
問題はリハーサル時間で出音を確かめるのに5年はかかると匠は語る。

「自分が気持ちよいのももちろんだけど、
 聴いてくれる人はもっと気持ちよくないといけないね。」
「もちろんプレイ終了後は一つ一つ私自身でエゴサしています。」

1973年、オイルショックでレコードの価格が3倍にまではねあがり、
一時はDJを止めることも考えたという。

「やっぱりアレですね、たいていの若い人はすぐやめちゃうんですよ。
ハードコアの方が速いとか、ブチアゲEDMがいいとか・・・。
でもそれを乗り越える奴もたまにいますよ。
ほら、そこにいる斉藤もそう。
そういう奴が、これからのベースミュージック界を引っ張っていくと思うんですね。」

最近では海外のドラムンベース・ヘッズにも注目されているという。
額に流れる汗をぬぐいながら、
「本物に追いつき、追い越せですかね。」
そんな夢をてらいもなく語る彼の横顔はチンピラのそれであった。

今日も彼は、日が昇るよりも早くトラックのDIGを始めた。
明日も、明後日もその姿は変わらないだろう。

そう、チンピラ合衆国の朝は早い。
―――――完―――――

≪メッセージ≫
(DJ中に出したら音楽生活終わるナリ・・・。)
(そうだ、マスターを上げて音をかき消すナリ!)
「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

「チンピラくん、ど、どうしたんだいきなり大声出して。」

「なんでもな(ワァン!ツゥゥ!!スリィィ!!!フォォウ!!!!ライッ、 ベァーッベベベベァーッベァーッベァーッ!!!!!!ベァーッベァーッベァーッベァーッベァーッ!!!!!!ベァーッベベベベァーッベァーッベァーッ!!!!!!ベァーッベァーッベァーットンテケトゥクトゥク!!!!!!)





★12_1 (ALTURA)

2011年7月にデビュー。”12_1”はトニーと読む。
都内のHardcoreTechno系イベントを中心に、Spain産Dance Music ”Makina”のDJとして活動中。
2012年8月からMakinaParty “ALTURA”を主催。国内唯一のMakinaイベントとして名を広め、本場のDJ達にもその名が認知されるまでに発展した。

2013年10月には、DJ DEPATH・nadecoと共にMakinaの本場スペインへ渡航。
MakinaシーンのトップDJであるPastisがレジデントを勤めるレジェンドパーティー”Xque”に出演。日本人では初の快挙を遂げた。

Twitter : @12_1
Soundcloud : https://soundcloud.com/12_1
Mixcloud : https://www.mixcloud.com/12_1/

≪メッセージ≫
今年もHappyDynamiteの季節がやってまいりました。
私が出演させて頂いたのは彼此3年前。そして現在齢26。時間経過の高速化と体力の衰えに怯える年頃となりました。

皆様、3年前は何をしてましたか?
私はというと第三者から見たら余り変わりない時の繰り返しかもしれません。
しかしながら、内面外面諸々移り変わっておりますし、笑ったり泣いたり怒ったりのハプニングも交えつつの日々を過ごしておりました。
変わりないのは、現在もMakinaに触れているということ。リスナー期間含め、8年以上も触れている音楽はこれ以外にありません。
気付かぬ内に後輩を持つ立場にもなってました。私からしたら非常に畏れ多くも、感謝の気持ちも生まれる次第です。

その様な中、微力ながらではありますがHappyDynamite15周年の門出をお祝いさせて頂きたく、馳せ参じます。
当日美味しいお酒を皆様で呑みましょう。
とりあえずテキーラください。





★DJ KasehA (Happy Spirits)
MAKINAとHAPPY HARDCOREをこよなく愛するハッピー系DJ。国内産・海外産を問わず、明るく楽しい曲を常に探し続けている 。
2014年に学生DJイベント出演を機にDJ活動を始め、その後2015年4月に社畜への一歩を踏み出すと共に設立から携わった学生DJサークル「FRENZY.NET」から飛び出し、様々なパーティで活動中。
現在では、SEIGI.との共同主催にて週末パーティ「Happy Spirits」も行っている。

≪メッセージ≫
未だに自分が出演することを信じられていません.
それだけでも驚きなのに更にMAKINAの先輩である12_1さんとの初のB2B! DYNAMITEフロアですがMAKINAでハッピー全開なフロアにしちゃいます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary- 出演者プロフィール&メッセージ紹介 ~DYNAMITE FLOOR DJ編~ その1




あと7日に迫りました、6月26日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITE -15Anniversary-。
このイベントに出演しますアーティストのプロフィール、そしてHAPPY DYNAMITE -15Anniversary-に向け頂戴しましたメッセージを紹介していきます!
まずは、ソリッドでデンジェラスな出演者が集うDYNAMITE FLOOR(7F)に出演するDJアーティスト達の第1弾です!


"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: TwiPla【参加する】表明⇒ http://twipla.jp/events/205020
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://www.happydynamite.jp/

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★Azsa (NITRO-V)

NINJAに憧れ勘違いした修行を続ける自称DJ。
2004年より横濱の悪ガキKent Alexanderと「Hecatomb」というハートフルパーティを主催。 MassiveかつDirtyなFREEFORMを求道するのち、EarlyRaveから進化し続けるMainstreamへ活路を見出す。 またUSENへのMIX提供やポスプロを経て、JCC映像部ディレクターとしてマルチに活躍。
新宿駅前の宴会軍団「NITRO-V」の頭目としてイカツイ音楽をお見舞いしたりされたり。
「こんなのHARDCOREじゃねえ!!」さあ生き様を解き放て!
酒×酒×女→ダーーーンスミュージック!!

http://azsa2go.tumblr.com/
http://twitter.com/#!/Azsa2go

≪メッセージ≫
CODEの裏の階段で折り込みしながら井戸端会議。
気付けば10年前ですやん。
あの頃よりもこんなに大きくなったです。
そんな当時を思いつつ、わたくし久々にバチッっとイカせて頂きます。





★Kent Alexander (HECATOMB)

2005年DJ活動開始。日本やアメリカ各地で地下系、BASS系、ハードコア系、野外パーティー等でDJプレイを重ね、オルタナティブな活動を続けている。
現在は横浜Pan Pacific Playa、Paisley ParksそしてNature Danger Gangに所属。
活動開始直後に伝説的パーティー【HECATOMB】をAZSAと共に始動。00年代中盤にTaQ、Teranoid等ブッキングしコアなオーディエンスから称賛を浴びる。
その後も不定期でパーティーオーガナイズを続け、近年では純国産ハードコアパーティー【J-core CORE!!】を主催。反則レベルのブッキングと演出で界隈に衝撃を与える。
また、シカゴ発のJuke/Footworkサウンドの普及にも注力しており、Juke/FootworkサウンドとフットワークダンスにフォーカスしたイベントBattle Train Tokyoを恵比寿リキッドルーム2階KATAで毎月開催中◎
この夏は自身の主宰する、音楽をはじめ様々な表現を発信するプラットフォーム【MIDNIGHT CULT】が本格始動。8月17日に第1弾リリースとしてJuke/FootworkのゴッドファーザーTRAXMANの最新音源と、それらをJapanese Jukeオールスターがリミックスする「TRAX of the RISING SUN」がリリースされる。
その他、CAPCOMの音楽ゲームCROSS×BEATSへの楽曲提供や、MCとしてDJ Shimamura、lapix、kors k等の作品に参加している。

≪メッセージ≫
2006年、DJを初めて1年もたってないチンプンカンプンなションベン小僧だった僕に出演オファーをくれたのがHappy Dynamiteでした。
まだ人様のパーティーに呼ばれた事もほとんど無かった僕にとって、当時から既に「老舗」の域に入っていたパーティーへのブッキングは非常に嬉しいものでした。
前日にレコードをセレクトして緊張しながら向かった新宿CODE、稚拙なテクニックの僕のDJで踊ってくれたオーディエンス、緊張しながらも自分なりに色んな人に話しかけてみたこと。その日のことは、その後経験した多くのパーティーよりも鮮明に記憶に残っています。
そんな思い出のパーティーの15周年のお祝いの席に呼んで頂けて本当に嬉しく思っています!ありがとうハッピーダイナマイト!!!
ちゃす!!!!飲むぞ!!!!





★TEKKA (UP BEAT! / JCC)

99年よりDJ活動を開始。ジャンルにとらわれることなく様々なパーティーに参加。また自らパーティーを不定期にオーガナイズし、数々の海外・国内アーティストと共演。
UK HARDCORE、DRUM'N'BASSからEDMまで巧みに操ることにより、変幻自在でありながらもスピード感、パーティー感溢れるそのサウンドは、確実にフロアを熱くさせることで多方面に絶大な支持を得る。
謎の仮面のヤツも稼働させていたり何かとお騒がせな要注意おじさん。

≪メッセージ≫
15周年おめでとうございます!
僕が東京に出てきて初めてプレイしたのが新宿CODE時代のダイナモでした。
チャンプさん、ダイナモあっての僕だと言っても過言ではないです。
ぜひ20年、30年目指していきましょう!!





★zweig (Out of ORBIT)

2009年よりDJ活動を開始。
多数のパーティへの出演、パーティオーガナイズを経て現在は様々なパーティスタッフとして活動中。
そうです私が受付にいるいつもの人です。

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年おめでとうございます。
15年もの間一つの事をやり続けることはすごいことだと思います。
このめでたい回を少しでも盛り上げられるようほるつなの野郎と一緒ににぎやかし頑張ります。
B2Bの度に別れたり復縁したり複雑な間柄ですが15周年を祝いたい気持ちはほんきです。
精一杯祝います。 ヤッタルゾ!ヤッタルデ!





★HORUTUNA (HolTunez / Gadget)

Twitter:https://twitter.com/HORUTUNA
Soundcloud:https://soundcloud.com/horutuna

2012年よりDJ活動を開始。
UK HardcoreをメインにCDJを3台利用した3DeckMixを実践、
精度の高いダブルドロップや予想外の展開を武器とした自在なミックスワークを披露する。
また、夏のHolTunesは凄いとの専らの噂

≪メッセージ≫
ダイナモ15周年おめでとうございます!
今回はzweigとのB2Bでの参戦ということで頑張ってダイナモとzweigを祝い上げたいと思います!ワイワイ!





★SAY8

2014年のはじめに本格的なDJ活動を都内中心に開始。
常に明るく楽しくをモットーにしており、ハイテンションに展開していくスタイルを得意とする。
『Hardcore TANO*C』や『XTRAX』をはじめ『WEEKEND RAVERS DJ MIX Competition 2015』等の公募を勝ち取るなどの実績を残している。
2016年2月から国内最大のダンスミュージック総合情報サイト『bloock.fm』で放送されている、『RAVE-A-RIDE』のレギュラーメンバーとして、国内外問わずにトレンドを発信している。

≪メッセージ≫
明るく楽しく元気よく。ハッピーハードコアよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年


2001年に今は無き新宿のCODEでスタートしたHAPPY DYNAMITEが、2016年6月26日の日曜日に渋谷のR Lounge15周年を記念したスペシャルイベントを開催します!
2007年以降マンスリーでの開催が終わっているので、HAPPY DYNAMITEをご存じでない方も多いかと思います。
そこで、HAPPY DYNAMITE(愛称:ダイナモ)についてお話ししたいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願いします!

参考としまして、過去のHAPPY DYNAMITEのフライヤー画像を全てアップしています、happydynamite.jpの【GALLERY】コーナーをご覧下さい。
http://happydynamite.jp/docs/gallery/index.html


まず、HAPPY DYNAMITEとは何ぞや?ということになるかと思いますが、2008年1月に閉店した新宿の「club complex CODE」で平日の夜に開催されていたマンスリーのハードコアイベントです。

「club complex CODE」は最大収容人数1,800人を誇る都内有数の巨大クラブで、週末にはトランスの有名イベント(日本でのエピック・トランスブームを作った「Sound Collection」や、トラパラのブームの発祥である「Saturday Jumpin Disco」など)が開催され、非常に大きな盛り上がりを見せていました。
2001年当時は平日でも250人超のお客さんが来場し、イベントの内容を問わずに遊びに来るいわゆるハコ客が100人ぐらいいるなど、非常に熱いクラブとして大変な盛り上がりを見せていました。
※club complex CODE http://www.shinjuku.info/S1017.html

そんな中、この盛り上がっているCODEでHAPPY HARDCOREのイベントを開催し、より多くの人にHAPPY HARDCOREに触れてもらいたい、知ってもらいたいと思い、2001年5月17日の木曜日にHAPPY DYNAMITEをスタートさせました。


第一回目のフライヤーです

ところで、HAPPY DYNAMITEのコンセプトは、HAPPY HARDCOREを全く知らないお客さんにも触れてもらい、その楽しさを体感してもらいたい、というところにありました。
その為、メインフロアーのHAPPY AREAはニューエナジーやトランス、ハードハウス、ハッピーテクノなども掛かっていてHAPPY HARDCOREを知らないお客さんも楽しめるような構成にしました。
その一方で、DYNAMITE AREAはよりハードなジャンルや新鋭のDJが多く出演し、よりアンダーグラウンドなテイストで実験的な試みを行っていました。
この頃のHAPPY DYNAMITEは、CODEのスタイルに合わせてハードコア色がそれ程強くないイベントでした。

また、当初は20時から翌日の5時までの開催時間でしたので、終電前後での流れを考えてイベントのタイムテーブルを組んでいました。
だいたいのパターンとしては、最初はトランスやハードハウスからスタートし、そこから徐々にBPMを上げてハードコアに進み、10時から11時に最初のピークタイムを生み出します。その後、一旦BPMを落としてトランスやハードハウスに進んだ後、そこから再加速して最後はHAPPY HARDCOREで締める、という感じでした。


フライヤーの裏面にはイベントのコンセプトとHAPPY DYNAMITEについての説明文を掲載していました。

●2001年の主な出演者
・HAPPY AREA:急行、DJ CHUCKY、ANGEL、もやし、KITA、TADASHI HASEGAWA 他
・DYNAMITE AREA:カワシマ、Super Saver、MUNETICA、MIZUKI、MHC(松が丘ハードコア) 他



2002年になると、CODEでもHAPPY DYNAMITEの名前が少しづつ知られるようになり、この頃からDEPATH、DJ ZET、OKMRといったクルーが形成される等、その後のHAPPY DYNAMITEのテイストが徐々に固まってきます。

そして、これまでの実績を認められ、2002年3月20日の祝前日の深夜にHAPPY DYNAMITE SPECIALが開催されました。


HAPPY DYNAMITE SPECIALのフライヤーです。

このイベントはマネーの虎で一躍時の人となったUTOさん、それにURAKENさんをゲストに迎え、800人の集客を記録し大盛況となりました。

●2002年の主な出演者
・ゲスト出演:DJ CHUCKY、DJ HORN、DJ YOUSUKE 他
・HAPPY AREA:DEPATH、DJ ZET、DJ ANGEL、MUNETICA、GULD、ni-21、DJ KONNY、DJ nakagawa 他
・DYNAMITE AREA:DJ SHIMAMURA、カワシマ、MIZUKI、DJ92、DJ Nemo、tomo iwasaki、sincek 他



2003年になり開催日が火曜日に移動しました。
そして、フライヤーがA5の大きいサイズになり、ポップでキャッチーで、そしてシュールなテイストという、HAPPY DYNAMITE独特の世界が確立されます。



この頃にはHAPPY HARDCOREのイベントとしてHAPPY DYNAMITEの認知も進み、CODEの他のイベントには無いサウンドということで独自の地位を築いていきます。
ダイナモ・クルーとしてDEPATH、DJ ZET、OKMRにJIMMY-!を加えたレジデント陣が確立され、サウンドの方向性も固まっていきます。

また、HAPPY DYNAMITEという名称の長さから、お客さんの間で愛称が生み出され、「ハピダイ」と「ダイナモ」の間でデットヒートが繰り広げられましたが、最終的には「ダイナモ」という愛称へと徐々に統一されていきました。

ところで、開催クラブのCODEで2003年からレイバーパンツを着用禁止の動きが出ました。
クラブ側の強制で週末のトランス系のイベントや平日のイベントも全てレイバーパンツ着用禁止となったのですが、ダイナモだけはレイバーパンツ着用を認めてもらうようにクラブのオーナーに懇願し、ダイナモのみ例外としてレイバーパンツ着用を認めれました。
その為、この頃から一気にレイバーの比率が高まりました。

また、5月のイベントからフライヤーにMCがクレジットされ、ハードコア・パーティーのカラーがさらに高まっていきます。



その一方で、CDのラウンチパーティーとして開催したり、HARD HOUSEとのコラボやBEAT RATIONクルーとのコラボなど、セッションも多く開催されました。




●2003年の主な出演者
・ゲスト出演:DJ SHIMAMURA、DJ EVIL、URAKEN、DJ CO-3 他、
・HAPPY AREA:ダイナモ・クルー(DJ CHAMP、DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!)、DJ ANGEL(レジデント出演)、YOUSUKE、TETSUYA.H.C、DJ ENBUN8WARI、neco-punch、DJ Nemo他
・DYNAMITE AREA;びっく、G.T.、DJ EUTO、MARIX、まさしあ、唐沢、aSaKO 他

ちょっと長くなり過ぎたので、ここで一旦休憩します。
2004年以降に付いては、また別でお話しします!
どうぞよろしくお願いします!

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230


★HAPPY DYNAMITE OFFICIAL WEB SITE
http://happydynamite.jp/

★NEXT PARTY
"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

<Fee>
・Door(当日入場): 2,500Yen (1ドリンク付)
・With Flyer / Discount: 2,000Yen (1ドリンク付)
・TwiPlaで【参加する】で参加表明: 2,000Yen (1ドリンク付)
http://twipla.jp/events/205020

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年

ダイナモ・ヒストリー、続いて2004年から2007年までをお伝えします!

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

参考としまして、過去のHAPPY DYNAMITEのフライヤー画像を全てアップしています、happydynamite.jpの【GALLERY】コーナーをご覧下さい。
http://happydynamite.jp/docs/gallery/index.html


2004年になると、フライヤーがより洗練されたデザインになり、ロゴも変化してクールなテイストが増していきます。
そして、石原都政によるクラブの締め付けがCODEにも波及し、深夜営業が全面中止となり、4月27日のイベントから18時スタートの深夜1時終了へと開催時間が変更となりました。



この時間変更によって、それまで終電前と明け方の2回のピークを作っていたのが、終電前にピークを設定する流れに変わり、同時にメインもハードコアでガンガン押して行くスタイルへと変化していきます。

この頃からDJ CHAMP、DJ DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!に新たにDJ EUTOを加えたレジデント体制が完全に固まり、HAPPY AREAはハードコアがより長い間かかるようになり、ハードコア・イベントとしてのカラーがより強まりました。
その一方で、DYNAMITE AREAは逆にハードハウスやハードエナジーやガバと言った、HAPPY HARDCORE以外のジャンルの割合が増えていきました。

そして、11月25日のイベントではゲストとして出演したDJ SHIMAMURAさんの時間に、榊原ゆいさんが緊急出演するという特別イベントが催されました。
DJ SHIMAMURAさんと榊原ゆいさんとの最強タッグの原点とも言えるこのライブで「jewelry days」、「Eternal Destiny」が披露され、今までとは違った熱気に包まれました。



また、2004年の12月30日に開催されたHAPPY DYNAMITE ANOTHER EDITIONで、フライヤー内のジャンル情報に初めてUK Hardcoreを掲載しました。
恐らく、日本で一番最初にUK Hardcoreをジャンルで謳ったフライヤーだと思います。



※HAPPY HADRCOREのWIKI http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%82%A2

●2004年の主な出演者
・ゲスト出演:DJ SHIMAMURA with 榊原ゆい、BUG、SHADOW K、BUZZMASTA他
・HAPPY AREA:ダイナモ・クルー(DJ CHAMP、DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!、DJ EUTO)、DJ急行、DJ SOA、イオ、aSaKO、DJ TAKKA
・DYNAMITE AREA:DJ A2C、MIKARIN、Lunch、DJ☆マキコ、DJ Yo+Co、唐沢 他



2005年にはレギュラー・イベントとしてのフォルムがさらに固まって行きました。
ダイナモ・クルーのプレイする曲がUK Hardcore一色になるに従い、フライヤーでのジャンルもUK Hardcoreが前面に出るようになりました。
また、サウンドテイストの変化に伴い、ロゴマークがさらにスタイリッシュになりました。



その一方で、パーティーのカラーを反映する意味も込めて、イラストはポップでキャッチーなテイストが復活しました。

2005年はレジデントDJがレギュラーイベントをしっかりと固める一方で、様々なコラボイベントを展開しました。

2005年の3月20日の祝前日と9月18日の祝前日に行われたTRANCE CARNIVAL! VS HAPPY DYNAMITE ANOTHER EDITIONや、織田デザイン専門学校とのファッション・ショーコラボなど。





そして、2005年12月27日行われたHAPPY DYNAMITE meets RUSH HOURⅡではteranoid & MC Natsack、LIAさん、kors kさん、Ryu☆さん、そしてサプライズで榊原ゆいさんが出演するなど、これまでとは全く異なった趣向で、異次元の盛り上がりとなりました。



また、この年の1月14日(金)に兄弟パーティーのHAPPY JACKがCODEのセカンドでスタートしました。

●2005年の主な出演者
・ゲスト出演:LIA、榊原ゆい、kors k、Ryu☆、DJ SHIMAMURA、DJ急行、DJ BUG、DJ EVIL、GULD他
・HAPPY AREA:ダイナモ・クルー(DJ CHAMP、DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!、DJ EUTO)、DJ JO-KENG、TEKKA、DJ Nemo、DJ圧死、DJ A2C
・DYNAMITE AREA:REDALiCE、MIKARIN、AYAKO、DJ e*mi、DJ TOYOIZUMI、ME:CA、DJ BLUE 他



2006年にダイナモはハードコアのマンスリーイベントとしての地位を獲得しました。特に他に先駆けて提唱したUK Hardcoreがプレイされるイベントとして認識され、ハードコアのイベントの中で独自のカラーを発揮し始めました。
そして、CODEのレイバーパンツ着用解禁の後も、ダイナモはレイバーの皆さんが良く集まるイベントとなっていました。CODEのフロアーの後ろの方ではポイやルミカをクールに回し、華麗にステップを踏むレイバーの皆さんが大勢いました。
その一方でCODEならではのサラリーマンやOLの方も多く、広いフロアーで様々な人達が思い思いにハードコアを爆音で浴びれて楽しめるという、他には無いイベントとなっていました。



そして、2006年の5月23日には5周年記念のイベントを開催し、5周年を大いにお祝いしました。



週末のセカンドで開催されていたHAPPY JACKと、平日のメイン・セカンドの両方を使って開催していたHAPPY DYNAMITE、それぞれのカラーを発揮しながらCODEのハードコアを一体となって盛り上げて行きました。

●2006年の主な出演者
・ゲスト出演:DJ SHIMAMURA、DJ急行、DJ Silver
・HAPPY AREA:ダイナモ・クルー(DJ CHAMP、DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!、DJ EUTO)、TEKKA、DJ92、DJ TAKEHIRO、DJ Azsa、DJ nakagawa
・DYNAMITE AREA:REDALiCE、MIKARIN、AYAKO、DJ e*mi、DJ A2C、DJ TOYOIZUMI、ME:CA、鶴a.k.a ボングヤンキー、BLUE、GOGI 他



2007年になると、大型クラブCODEで開催されているUK Hardcoreのイベントとして広く知られるようになりました。
そして2007年1月30日のイベントではkors kさんとRyu☆さんのスペシャルB2Bが行われ、これまた大きな盛り上がりとなりました。



その一方で、開催場所のclub complex CODE側の事情も絡みまして、途中から不定期の開催へと変更になりました。

フライヤーとして最後に残っているのは2007年の8月28日に開催されたHAPPY DYNAMITEです。
このイベントではメインフロアーにREDALiCEさんが登場し、ハードコア・シーンの新しい息吹、胎動を感じるイベントとなりました。



●2007年の主な出演者
・ゲスト出演:kors k、Ryu☆
・HAPPY AREA:ダイナモ・クルー(DJ CHAMP、DEPATH、DJ ZET、OKMR、JIMMY-!、DJ EUTO)、REDALiCE、OVERFLOW、DJ92、DJ TAKEHIRO
・DYNAMITE AREA:DJ A2C、Hecto-Pascal、DJ BIRHEAD、DJ AKAKO、DJ A2C、DJ Sango 他


ということで、長々と大変失礼しました。
ダイナモをご存じの方は思いだしつつ、そしてHAPPY DYNAMITEを知らなかった方はどういうイベントだったのかを認識する手助けになれば幸いです!


さてさて、6月26日の日曜日の昼、このダイナモの復活祭を渋谷のR Loungeの6階と7階を使って開催します!
今回は15周年を祝ったスペシャル版なので、ぜひお見逃しなく!!


★HAPPY DYNAMITE OFFICIAL WEB SITE
http://happydynamite.jp/

★NEXT PARTY
"HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-"

2016.6.26 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

<Fee>
・Door(当日入場): 2,500Yen (1ドリンク付)
・With Flyer / Discount: 2,000Yen (1ドリンク付)
・TwiPlaで【参加する】で参加表明: 2,000Yen (1ドリンク付)
http://twipla.jp/events/205020

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

HAPPY DYNAMITE 15周年記念スペシャルイベント開催決定!

2001年の5月にclub complex CODEでスタートした伝説のハードコア・パーティーHAPPY DYNAMITEの15周年を記念したスペシャルイベントを6月26日、渋谷のR Lounge6階と7階の2フロアーぶち抜きで開催することが決定しました!

HAPPY DYNAMITE -15Anniversary-

2016/6/26 (sun)
OPEN/CLOSE : 14:00-21:00


R Lounge 6F&7F (Shibuya) 
≪Fee≫
・Door(当日入場): 2,500Yen (1ドリンク付)
・With Flyer / Discount: 2,000Yen (1ドリンク付)
・Tweetviteに【Yes】で参加: 2,000Yen (1ドリンク付)
http://tweetvite.com/event/H_Dyn2016
※エントランスにてご提示ください。
※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。


2001年の5月にclub complex CODEでスタートした伝説のハードコア・パーティーHAPPY DYNAMITEの15周年を記念したスペシャルイベントが開催!
kors k、REDALiCE、DJ Shimamura with MC STONE、KAN TAKAHIKOのハードコアシーンを牽引するV.I.P.が集結し、フレンドシップDJとしてTCPTからYOSHIMASAが参戦するスペシャル仕様でお届けします!
R Loungeの6階と7階の両フロアーいっぱいに響き渡るハッピー&ハードなサウンドを全身で味わい尽くして下さい!

■HAPPY FLOOR -6F-
≪GUEST≫
kors k (S2TB Recording)
REDALiCE (HARDCORE TANO*C)
DJ Shimamura with MC STONE (WEEKEND RAVERS)
KAN TAKAHIKO


≪Friendship DJ≫
YOSHIMASA(TCPT/TINY DUCKS)


≪DJs≫
DJ CHAMP vs SHORT-CUTz[JIMMY-!&OKMR](HAPPY JACK)
DJ DEPATH (GUHROOVY/MAKINA OR DIE)
Abitan (WEEKEND RAVERS/HAPPY JACK)
DJ 490 (SKETCH UP! Rec.)
suZa9N & SEIGI.

≪MC≫
KONNY MC (M.H.C.)
MC SHINE(WEEKEND RAVERS/OUKA)
MC KCD

≪VJ≫
VJ かっか (NC帝國)
mine (9bi9!)
VJ GAS (Guts And Spirit)


■DYNAMITE FLOOR -7F-
≪DJs≫
Herald (DefDistortion)
Kobaryo (HARDCORE TANO*C/Psycho Filth Records)
KO3&Relect (AttackTheMusic)
チンピラ合衆国 [TAK666&SYNDROME] (Cradle to Grave|SKETCH UP! Rec.)
12_1&DJ KasehA (ALTURA|Happy Spirits)
Azsa&Kent Alexander (NITRO-V|HECATOMB)
TEKKA(UPBEAT!)
zweig&HORUTUNA (Out of ORBIT|HolTunez)
SAY8
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~HAPPY FLOOR Guest編~




開催まであと2日!
5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITE。
続いては、HAPPY FLOOR(6F)に出演する世界をまたにかけ活躍する豪華ゲストDJをご紹介します!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★DJ AKi (06S/ASY)

'01年にニューヨーク より日本に帰国し、現在WOMBで絶大な人気を誇るアジア最大のドラムンベースパーティー“06S”のレジデントDJとして活動を開始。
精力的に100組を超える海外のトップDJ/アーティストと共演すると共に日本に紹介し、日本全国のシーンの拡大に務めている。
19年目に突入したDJキャリア。FUJI ROCKや、ULTRA MUSIC FESTIVAL KOREA、ULTRA MUSIC FESTIVAL JAPAN、WOMB ADVENTURE、HACIENDA等、大型フェスティバルに多数出演。海外での活動も活発で、イギリス、アメリカ、ブラジル、オランダ、オーストリア、セルビア、台湾、韓国、中国、タイ、シンガポール と広範囲に渡っている。
'05年に待望の自主レーベル"06S RECORDS"を立ち上げ、現在迄に3枚のシングルと、MIX CDを4作品リリースしている。また、12月にはNIKE SPORTS MUSIC 06SPACE MIXED by DJ AKiのダウンロードリリースが開始。iTunes エレクトロ二ック•トップアルバムチャートにて第1位にランクインした。
'10年に入り、自身のUSTREAMプログラム"DJAKi STREAM"も開始。
また'11年よりBlock.fmにてマンスリー番組"BassTech"をスタート。’14年からJupiter Radioを開始。
毎週精力的にラジオでの活動も行っている。
'11年、iTunesにてリリースされた、NIKE+ BASIC RUN [SPEED] MIXED by DJAKi が、iTunes 総合アルバムチャートにて、
THE BEATLES、YMOに次き第3位にランクイン!大きな反響と話題を呼んだ。
リミックスワークは、CHASE & STATUS のAGAINST ALL ODDS、倖田來未の"GO TO THE TOP / DJAKi ASY RMX"、"BUT / DJ AKi ES9 REMIX"や、BETTER WITHOUT YOU / FAKY、GENNKI ROCKETSのHEAVENLY STAR等を手掛けている。
そして、現在はSTY、YUUKi MC とのユニット"ASY"で、ドラムンベース、ダンスミュージックを軸に、楽曲制作し活動している。
ファーストシングル"SEE THE LIGHTS"はフリーダウンロードで大反響を呼び、2014年12月にASYのファーストアルバム#Zero_ASYをリリース。
シングルリリースされた、S.T.A.R.S.はiTunesダンスミュージックチャートで第2位にランクイン。日本の音楽シーンを活性化すべく新たな活動を開始した。
DJ AKiはクラウドを熱狂させるハードな完全フロアー対応のDJスタイルと、メローで艶やかなラウンジDJセットを巧みに操り幅広い
クラウドを魅了している。そして、国内外から日本を代表するドラムンベースDJとして今後の更なる活動に注目が集まっている。




★DJ SONE (TCPT/PARADISE)

2007年よりDJ活動開始。2011年末よりEDMをメインにplayする。
日本最大のCLUB新木場ageHaにて開催中のEDM Party「PARADISE」のResidentに2012年就任。また、過去には〝Bingo Players″〝LazyRich″〝Kid Massive″〝R3hab″〝TJR″〝Feed Me″〝Noisecontrollers″〝Kill The Noise″〝ZROQ″〝Angger Dimas″〝Don Diablo″〝Dubvision″〝Far East Movement″〝Daddy's Groove″〝Crookers″〝Paris&Simo″〝Justin Micheal″などの海外人気アーティストのサポートActを行っている。
2013年にはEDMが全盛のLos Angelsにてトップアーティスト達が毎週末入れ替わりで公演を行うダウンタウン最大級CLUB「Exchange LA」にGUEST出演し現地で喝采を得た。
2014年にはMitomi Tokoto率いるCyberJapanの国内屈指の人気Party「BIKINI NIGHT」にも出演。
2013年からはDJ MASAYAとEDM楽曲制作プロジェクト『Guilty Pirates』を開始。オリジナルのデビュー曲『Restart』を含む4曲をInitial Impact Recordsより2013/11Beatport・itunesにて配信。アーティストとしての活動も着実に進めている。
また、2014年8月にDJ HOSAKA,DJ BABY-Tと共作で『WMC-white-』をiTunesでリリース。この作品がダンスチャートのアルバムランキングにおいて1位を獲得した。
2014年にはageHaのARENAでもSpinし、24歳とまだ若手ながらVISION,WOMBと言った日本を代表するCLUBのメインフロアでもSpinし、多くの国内有名CLUBへのGUEST出演も数多い。全国各地からも声がかかりDJ出演するなど彼の勢いは衰えを知らない。




★Satoshi Honjo (Adrenaline Tokyo)

国内唯一のハードテクノ/シュランツパーティ"Adrenaline"のオーガナイザー兼DJ、トラックメイカー。
海外レーベル、また自身のレーベルからもコンスタントなリリースを重ねており、これまでCause records(PETDuo), Friendly Fire(Arkus P), Bullshit(Frank Kvitta), Rage and Error(Stephan Strube), Killaz(Torsten Kanzler)などといったトッププレイヤーたちのレーベルからリリースし好評を博している。
また宇川直宏氏主宰のDommuneには二度出演し、Twitter上のTLに「ドヤンツ」という新語を誕生させた。
海外でもドイツ(2014)、オーストラリア(2010,2011)でヘッドライナーとしてプレイをし現地のクラウドたちを熱狂させた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~HAPPY FLOOR DJ編~




開催まであと3日に迫りました!
5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITE。
続いては、多幸感溢れるスペシャリストな出演者が集うHAPPY FLOOR(6F)に出演するDJアーティストをご紹介します!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★DJ Champ (HAPPY DYNAMITE/HAPPY JACK)

UK HardcoreのDJでありクリエーター。
99年にHARDCORE KITCHENにてDJとしてのキャリアーをスタートさせて以来、Hardcoreの普及を目指し都内各地のクラブを精力的に活動。
また、DJと共にオーガナイザー業も行い、奇数月の第4日曜日に渋谷のR Loungeで開催されている【HAPPY JACK】を手掛け大いに盛り上げている。
2003年の3月には、ビクターエンタテインメントからHappy HardcoreのMIX CD「ハピコアBEST」(VICP-62212)をリリース。
2006年にリリースされた「TRANCE RAVE PRESENTS SPEED TRANCE TYPE:6」に収録されたDJ Shimamuraとの共作『Hands Up!』、『Bubble Gum』、REDALiCEとの共作『Warp Attacker』などを制作。
そして、kors kとの共作トラック『Sparkin’ Beatz』、『Brilliant Skies』はアメリカの巨大レイブでプレイされるなど大きな話題を呼んだ。
また、CDのプロデュース業にも進出、インディーズレーベルSHOT MUSICから様々なアルバムを送りだしている。
DJプレイの特徴は「ハッピー」の一言。ハッピー全開の笑顔とアクションでオーディエンスを煽りまくるプレイは必見!!




★DJ DEPATH (GUHROOVY/MAKINA OR DIE)

1997年にDJ活動をスタート。
90年代初頭にスペイン・バルセロナで誕生したダンスミュージック「MAKINA(マキナ)」に注目し、日本に「MAKINA」を仕掛けた第一人者。
2008年に日本人初のMAKINAクリエイターM-Projectと共にバルセロナの最大手MAKINAレーベルBIT MUSICから「DJ DEPATH & M-Project EP」、MAKINAシーンの重鎮であるFRANK DIAZが主催するMAKINAレーベルJEWEL UPよりスプリットEP「FRANK DIAZ VS DJ DEPATH & M-Project EP」をリリース。
同年、日本初のMAKINA MIX CD「DJ DEPATH & M-Project / LAND OF PASSION」 をリリースしMAKINAの存在を知らしめた。
2012年にリリースした自信の活動15周年記念コラボレーションミニアルバム「Makina Exclamation」と「Makina Exclamation G」は日本のみならずMAKINAの本場、バルセロナのDJ達からも好評を得ている。
2013年にはMAKINAシーンのトップDJであるDJ PASTISがレジデントを勤めるレジェンドパーティー「X-QUE」に日本人として初の出演を果たし、DJ PASTIS公認のMAKINA MASTERの資格を得た。




★DJ Noriken (SKETCH UP! Rec.)

SKETCH UP! Recordings主宰。 2007年より音楽活動を開始し、別名義を経てDJ Norikenとして活動を開始したのは2008年。主にUK HARDCOREやHARD DANCEを主軸とする。
主にHARDCORE TANO*Cをメインに活動している。
楽曲は海外からの定評もあり、2011年6月にはUK Hardcoreを中心とした「Hard Dance UK」からデジタルEP、Hard DanceではR135 Tracksから「The Beach」をリリースし、大きな話題となった。
海外での出演経験もあり、アメリカの「HARDCORE SYNERGY」及び「SOAP BUBBLE」に出演し、数千人以上の前でそのパフォーマンスを披露した。
さらに国内ではKONAMIの音楽ゲーム「SOUND VOLTEX」や「beatmania IIDX」に楽曲提供、民安★ROCKをフィーチャーした「民安★ROCK REMIX」などにも参加。




★Abitan (WEEKEND RAVERS/Gadget)

イギリス発ダンスミュージックであるUK Hardcoreが好きすぎて、2010年よりDJ活動を開始。
本場UK Hardcoreの「現在進行形」を伝えるべく、メジャー・マイナーレーベルを問わず、常に最新のトラックをいち早く取り込み、フロアにドロップするスタイルが信条。
その飽くなき探求心、そして積み重ねられた知識に裏打ちされた緩急自在なミックスワークを武器に、都内をはじめ名古屋・大阪・宇都宮等、数々のハードコアパーティーへの出演を果たしている。
2013年より、DJ Shimamura & MC STONE主催の「WEEKEND RAVERS」、DJ CHAMP主催の「HAPPY JACK」にレジデントDJとして参加。その活動はDJのみに止まらず、若手UK Hardcore DJを中心としたパーティー「Gadget」を主催する他、Ustream配信やSoundCloudでのMix公開を行うなど多方面からの布教に努めている。
2012年秋、MC STONEと共に初のMC入り現場再現UK Hardcore Mix CDとなる『DJ Abitan & MC STONE - HARDCORE BELIEVER MIX』のフリーリリースを開始。2014年には国内唯一のダンスミュージック専門チャンネル「block.fm」にUK Hardcore特集として出演を果たし、様々なメディアを介してその存在を主張している。

WEB:http://soundcloud.com/abitan
Twitter:http://twitter.com/Abitan_kh
Facebook:http://www.facebook.com/abitanjp




★HORUTUNA (HolTunez/Gadget)
2012年よりDJ活動を開始。
以降、自身らの「Gadget」を中心に関東圏内のパーティーに出演。
最近はUK HardcoreをメインにCDJを3台利用した3DeckMixを実践、
精度の高いダブルドロップや予想外の展開を武器とした自在なミックスワークを披露する。

また、春のHolTunezは凄いとの専らの噂

https://twitter.com/HORUTUNA
https://soundcloud.com/horuruna




★SHORT-CUTz (JIMMY-!&OKMR)

出会いは都内某所、坊主専門の帽子屋Boze3mmで同じ帽子を選んだところから話は始まる。
店長を深く敬愛し昔ながらの3mm丸刈りを貫き通す三郎太 (後のOKMR)と、流行りのツーブロックに裏原系と全く正反対のスタイルの政次(後にクリスチャンとなりJIMMY-!)という正に犬猿の仲の二人であったが、行きつけのパーティ、Happy Dynamiteで二人ともかなりのQUOSH、EVOLUTIONフリークである事が判明。
以来反発しながらも次第に惹かれ合う二人…いつしか二人は一つ屋根の下で暮らし始める事となる。
そして2004年11月、三郎太は先に改名したJIMMY-!にあやかり源氏名をOKMR、JIMMY-!は三郎太にあやかり3mm丸刈りのJapanese HARDCOREスタイルとなり遂に野郎二人組坊主漢気ハードコアユニット"SHORT-CUTz"を結成。
QUOSHとEVOLUTION連発で突き進む猪突猛進Back 2 Backスタイルで完璧なクラウドコントロールを見せる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~DYNAMITE FLOOR編その2~




5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITE。
続いては、エッジの効いた爆発的な出演者が集うDYNAMITE FLOOR(7F)に出演するDJアーティストのご紹介、その第2弾です!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★CaZ(EXTREMA/exbit trax/TELEXISTENCE)

2008年頃より都内を中心に"Hardstyle"をキーワードに現場でのDJ活動を開始し、今現在都内屈指のHardgroove Party"EXTREMA"やOnline直結型イベント"TELEXISTENCE"にてレジデントを務めている。
更に、2012年からは"exbit trax"に所属し、オリジナルトラックのリリースを開始、2013年には自身初のアルバム"PROGRESS"を同レーベルより発表するなど、今後活動の幅を広げつつあるアーティストの一人でもある。

exbit trax http://exbittrax.jimdo.com/
SoundCloud http://soundcloud.com/dj_caz




★DJ 490(SKETCH UP! Rec.)

SKETCH UP! Recordings副主宰。
2007年より音楽活動を開始、現在はUK Hardcoreを主軸としている。
その個性的な楽曲は海外でも評価されており、2013年にスペインのレーベル『Magic Chord Recordings』からのリリースを果たしている。
DJとしては、シャープでソリッドな選曲と、トリッキーなプレイスタイルを持ち味としており、『WEEKEND RAVERS』、『X-TREME HARD』、『TOKYO HARD GROOVE SESSION』等、様々なパーティに出演し人気を博している。




★Oblongar (2D M3NTiON/sprout's dub 94/RUSTIC)

94年生まれ。Drum&Bassを軸としつつ、BassMusic全般からGarage,Technoまで様々なジャンルを織り交ぜた展開の激しいプレイスタイルを得意とする。
また中高時代にアニメカルチャーから受けた大きな影響はDJにも色濃く表れており、アニソンのRemixやMashupを多く取り入れ、時には原曲も交えて巧みにmixを展開する。
東西広く様々なイベントに出演、活動の幅を広げる傍ら、アニソン×クラブミュージックという形のMashupの制作も精力的に行っている。
2014年には、X-Batsu-とのB2Bユニット「しのぶ'N'BASS RiOT」、そして94年生まれDJ/トラックメイカーによるクルー「sprout's dub 94」を結成。
https://soundcloud.com/cd_oblongar
https://twitter.com/Cd_oblongar




★nadeco(YTR RECORDS/La Fiesta!)

06年、ふとしたきっかけから遊びに行った「WIRE」にて衝撃を受け、電子音楽に開眼。
その後テクノからハードダンスと経由、最終的にスペイン産ハードコア・テクノである「MAKINA」に辿り着き傾倒する。
07年よりDJ活動、更に08年より楽曲製作を開始し、数少ない若手MAKINAクリエイターの一人として、国内外に広く認知されている。
自身のレーベル「YTR RECORDS」からは、XaviBCN、Jordi-K Stana、PJ Makina、Shox、jD-KiD、3R2といったトップアーティスト達とコラボしており、日本のシーンを意識しつつも、本場のテイストを色濃く絡めた作品を積極的にリリースしている。
2013年にはバルセロナにて、DJ DEPATHと共に日本人として初めて、スペインのMAKINAシーンにおけるレジェンドパーティー「xque」に出演を果たす。
日本におけるMAKINAシーンを語る際に欠かせない人物の一人である。




★チンピラ合衆国(TAK666&SYNDROME) (Cradle to Grave) | (SKETCH UP! Rec.)

具体的には普段はいがみ合ってるCradle to Grave、SKETCHING!が連絡を取り合い、短期の新B2Bユニットを発足した。

自分でも驚いたが、豪華なメンバーが集まった。
四面楚歌な5TRAXのリーダー、幹部1人。
トラックメイカーではないがノーベルやんちゃDE賞のNo1、No1。
ミニ四駆大会では有名な、レース開始以来一度も完走したことがないという勇者。
SoundcloudのLikeが200曲ある人望の持ち主。
学校サボって蘇我まで自転車で行った奴。
他に挙げたらきりが無いが、そうそうたるメンバーで総勢1人を超えた。
かけないベースミュージックはもはやないだろうという最強集団だ。
WOMBのメインフロアでDaydream Cafeをかけた奴もいる。

ハコではオープニング、中継ぎ、ゲストの裏、トリなどを務める超一流だ。
(↑注※クラブ内に称号のようなシステムは存在しない)
なによりも強いのは、全員リッジレーサーでの対戦をぶっ通しで何日も可能だ。
リアル予定が・・・なんて奴は一人もいない。

はっきり言って、俺らが曲をかければハコのオーディエンスは半数以上が動くだろう。
合衆国の連中はヒップホップ、ハードコアにも鼻が利く。
これらの中にもプレイされる曲はあるだろう。
協力して全員で50hzのベースをドロップしたらさすがに黙ってられないだろう。
ちょっと顔なじみのDJ Champに話つけてくるわ。

http://www.tak666.com/
https://soundcloud.com/il_syndrome
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~DYNAMITE FLOOR編その1~




5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITE。
続いては、エッジの効いた爆発的な出演者が集うDYNAMITE FLOOR(7F)に出演するDJアーティストのご紹介、その第1弾です!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★zweig(Out of ORBIT)

2009年よりDJ活動を開始。
同年よりパーティオーガナイズを始め、2012年よりB2Bonlyパーティ"デラックス大戦争"を開始。
その人脈を活かした錚々たる面々によるB2Bや企画で話題を呼ぶ。
近年は様々なパーティでスタッフとして活動中。




★Kent Alexander (PPP/Paisley Parks/NDG)

ヨコハマ【PAN PACIFIC PLAYA / Бh○§†】所属。ゲットーレイブ育ちのDJ。
BAYなJUKE/FOOTWORKチーム【PAISLEY PARKS】構成員。
LUVRAWとの、まるでRAVECOREなDJチームTERROR Pや、『日本一カオスなバンド』と称されるNature Danger GangのDJとしても活動中。
インターナショナルスクール時代からアングラパーティー活動のしすぎでアメリカへ落ちる。
在米中はハワイ、ワシントンDC、シカゴ等アメリカ各地でDJや、シカゴのラジオ局WNUR 89.3 FMのDJ MIX SHOWに2度出演し、ジャパニーズJuke/Footworkミックスなどを披露。
2012年末に横浜帰還後、ジャンルやシーンを問わず様々な現場でDJ活動や楽曲制作/サポートをする傍ら、日本で初めてのFOOTWORK大会【BATTLE TRAIN TOKYO@KATA】代表として世界的カルチャー誌VICEの音楽部門THUMPにインタビュー掲載や、ジャパニーズハードサウンドパーティー"J-core CORE!"を主催。
2015年に入ってからはNature Danger Gangの一員としてフジテレビ系番組『人生のパイセンTV』出演や、アーケードゲームの見本市JAEPOのカプコンブースでのDJプレイなど、型破りな活動を広げている。
これまでにMellow&Sweetなミックス ”Sweet Temptation”、"Sweet Temptation 2 ~love songs for you~"と、Paisley Parks音源をアシッドEDITした”THE MIX”を発表。2015年3月には、数年間作り溜めていたサウンドを100曲収録したオルタナ小品集『百善』を発売。
また、海外アーティストの通訳や翻訳家としても活動。今までにハードコア、Juke/Footworkシーンを中心に数々のアーティストをサポートし親交を深めている。
https://twitter.com/kent045
http://www.panpacificplaya.jp/blog/
https://ghost045.bandcamp.com/




★KO3

2013年よりキャリアを開始、主にUK Hardcore、Electro Houseを軸にトラックメイカー、DJとして活動中。
翌年にはKONAMIの音楽ゲーム「SOUND VOLTEX」に自身の楽曲が採用され、アメリカのレーベル「Attack The Music」に加入など活動の幅を広げている。




★Relect(Japanese with Force/Attack The Music)

DJ兼トラックメイカー。
15歳で作曲をはじめ、その後わずか1年で「SOUND VOLTEX」に楽曲が収録される等、驚くべき成長を見せている。
その作風は本場イギリスを強く意識しており、
アメリカの"Attach The Music"をはじめとする様々な国外レーベルからのリリースも果たしている。

DJでは常に動きのある独特なプレイを行い、
時折魅せる凄まじいパフォーマンスが才能の片鱗をちらつかせている。
UK Hardcoreを軸としてJungle Terror、Subgroud、Hardstyle、Tech DanceなどをBPMの壁を越えて使いこなす。

Soundcloud: soundcloud.com/relect-jp
Twitter: @Relect_jp
E-Mail: relect.45@gmail.com




★SAY8

ふと遊びに行ったパーティーに衝撃を受けた後に、週末はクラブイベントに沢山遊びに行くようになり、クラブミュージック三昧になる。
2014年のはじめに本格的なDJ活動を都内中心に開始。
UK Hardcore, Happy Hardcoreを中心とした明るいmixをこころがけている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~HAPPY FLOOR MC編~




5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITEに出演しますMCをご紹介します!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230




★KONNY MC (M.H.C.)

言わずと知れた最強のMC。オリジナルスタイルで戦う戦士。
縦横無尽に繰り出すKonny語をライブで体感せよ。




★MC SHINE/釈韻

東京生まれ広島育ち 小学生の頃からバンドマンの兄の影響によりギターを初め、中学生の頃からベースボーカルとして県内のライブハウスでパフォーマンスを開始。
メロコアやスカコアなどの自身のバンドをする傍らオイパンクバンドのサポートをしていた。
その後都内の音楽専門学校へ行く為に上京。そこで数々の音楽に触れHip Hopへ傾倒しラッパーとなる。
1度地元広島へ戻りクラブイベントのショーケースでLIVEをする日々に宮島のRAVE新月祭/満月祭で初めてDnBに触れ一気に虜になる。
広島在住時から都内のDBSに行きその後シーンの最前線に立つべく再度上京。
その時にDnBパーティー『謳歌』のクルーと出会いDnBMCとしてのキャリアを開始。
これ迄に国内外数多くのDJと大小様々なパーティー、イベントで共演を果たし現在は東京のDnBMCとして活動。
今やDnBのみならず様々なジャンルに挑戦している。
自身のMCスタイルについてはBeatnik foundationと位置付け、Hip Hopなどの拍子では心情、DnBなどの倍速では状況を言葉にするスタイルを念頭に置いたMC。




★MC Dahl Headland

2012年5月突如出現した謎のMC。主にNoizenecioのガバDJのMCを務め、更に様々なイベントで他DJのプレイ中に乱入しては即興MCをする等と”割と”謎がある。
日本語でMCをするわけでは無く聞き取れないが、本場志向の声は観客を熱狂へと向ける。
ドイツ人と勘違いされたことがある。
(訳: 櫛田 虎蔵)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2015年5月24日HAPPY DYNAMITE出演者紹介 ~HAPPY FLOOR VJ編~



開催まであと8日!
5月24日の日曜日の昼間に渋谷のR Lounge (6F, 7F)で開催されるHAPPY DYNAMITEに出演しますVJをご紹介します!


"HAPPY DYNAMITE"

2015.5.24 (SUN)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
R Lounge (6F, 7F) http://rlounge.jp/

・Door 2,500Yen (1Drink付き)
・With Flyer / Web Discount 2,000Yen (1Drink付き)
 ※Web discount: Tweetvite【Yes】参加⇒ http://tweetvite.com/event/H_Dyn2015
・学生割引Discount⇒ With Flyer&学生証 : 1500Yen (1ドリンク付)
 ※学生の方は学生証をご必ずご用意下さい。
 ※このイベントは昼間に開催しておりますので、IDチェックは一切ありません。
 ※小学生以下のお客様も保護者同伴にて入場できます。

More info: http://happydynamite.jp/?mode=next

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその1:2001年~2003年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/b00363b3429b90700b1a4ff5d780e0fc

◆HAPPY DYNAMITE ヒストリーその2:2004年~2007年⇒http://blog.goo.ne.jp/happydynamitecrew/e/c92759e4a48870f9f0bf55dbbed03230



★かっか (NC帝國)

コバルト爆弾αΩ謹製VJソフト「あのタグで待ってる」を使って、VJ素材同士の意味を繋いでいくVJをします。
Human ResourceさんがParty Ricoを流した時に、恋愛ラボのリコの映像を合わせたりしました。
最近好きなVJ素材は布団、どうぞのポーズ、かぶりものです。
「あのタグで待ってる」デモ HandsUp
「あのタグで待ってる」デモ Tribecore




★VJ mine

2009年夏あたりからVJ活動を開始。
普段はペンギン工場の工場長としてペンギン製造ラインに携わっている。市松模様が大好き。




★VJ GAS (Guts And Spirit)

2009年に関東のハードコアイベント、SKECHING!!にてVJデビュー。
関東在住時には数々のハードコアイベントにてVJを担当。
2015年にはあのAngerfistの担当を務めた経験を持つ。
シンメトリーを基調としたVJ素材を駆使し、ハードコア全般において曲の展開に合わせた堅実なVJプレーをする。
最近は京都にてサブカルチャーVJも始め、堅実なVJの中にもネタを組み込む。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ