Intersecting Voice Cafe

サイエンスカフェを中心に,
ライフスタイル雑談ブログ
by hamarie_february

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

僕たちの戦争

2006-09-17 23:29:42 | 映画・TV・書籍

さきほどまで,「僕たちの戦争・フリーターが戦時下へ特攻隊員が現代へ!!愛と青春のタイムスリップウォー」というテレビドラマを観ていました.平成17年(現在),昭和19年(戦時),それぞれに生きる青年が,あるきっかけで入れ替わるという物語.


まぁありがちな物語設定なんですけど,主役の森山未来くんがとても良かったです.


現代から過去に戻された森山くん(健太)が,上空の敵機を見つつ,信じられない様子で「えっ,えーっ」と声にならない声をあげていた...そりゃ,ビックリしますよね.ありえる反応だなぁと思いつつ,笑っちゃいました...防災訓練じゃないんですから.


健太はさすがにもうじき敗戦だとわかっているので,それまで生き延びてやると心の中で思うんですが,あれよあれよという展開があり,最後は自ら敵艦に突っ込んじゃう道を選ぶんですねぇ,これが...


 


一方,現代に迷い込んだ森山くん(吾一)は,豊かな生活に留まることを潔しとせず,母親や妹の待つ戦時中の日本へ何とか戻りたいと考えますが,ある日,(健太の彼女である)ミナミが身ごもったことを知り,心が揺れる...


 


キャラクター設定や話の展開は,ある意味,画一的で,ツッコミを入れようと思えば,山ほど入れられるかもしれませんが,まぁ,テレビドラマだし,わかりやすい共感を喚起できれば,まずはOKなのではと思いました.


浜辺で待つミナミのもとに健太らしき人が戻ってきたシーンで,ジ・エンド.原作は萩原浩さんらしいです.残念ながら読んだことはないのですが,その後の二人,いや子どもも入れて三人の生活の後日譚があれば読みたい気がしました.


 


あと,ミナミ役の上野樹里ちゃんもすごく素敵でした.けっこう大胆なシーンもありましたが,全然いやらしさを感じませんでしたね(それが女優としていいのかどうかはわかりませんが,たぶんいいのではないかと^^;;;)彼女は兵庫県加古川市出身ということ.加古川に住んでいる友達も多いので,ちょっと親近感もあります.話題のコミックのドラマ化『のだめカンタービレ』に出演するということで,(これも読んだことはないのですが)面白そうです.


 


 ...っと今日は,ほとんど「サイエンスカフェ」には関係なかったですね.休日モードということですみません.


ひとつ思ったのは,「あなたにとって僕たちの戦争とは?」と尋ねたときに,皆さん各々の頭に浮ぶのは何だろうか,ということでした.それは本物の戦争か,それともメタファーされた何物か...


 


サンサンという名の台風13号が西日本を直撃しています.沖縄・九州など通り過ぎた地域では,すでに多くの被害が出ています.明日の朝には,近畿にもやってくるとか...


みなさま,どうぞお気をつけください

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連休初日 | トップ | ふーん...タイフーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
僕たちの戦争 (みくのblog)
僕たちの戦争『僕たちの戦争』 (ぼくたちのせんそう) は2004年に双葉社から刊行された荻原浩の小説。および同小説を基に製作されたテレビドラマならびにラジオドラマ。概要2001年9月12日の日本、サーフィンをしていたフリーターの健太は大波に飲み込ま...