GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

2017冬 オーストラリア合宿 その7

2017-02-18 18:16:43 | グローバルサポート・プロジェクト
オーストラリア合宿サポートつづき。 この夏(南半球なので)3番目のチーム、日立物流陸上部様が今週オーストラリア入りしました。 ↓下界は30℃越えの日が続きますが、高地のここフォールズクリーク若干ですが朝夕の風には秋の気配が。  今日もきれいな朝陽を拝み一日がスタート。 ↓皆で手分けして合宿の立ち上げ準備。ウェイト器機を準備する市川孝徳選手。 ↓こちらは北口学監督。 ↓フォールズクリー . . . 本文を読む
コメント

米BTCへ単身留学 その1

2017-02-15 20:35:06 | グローバルサポート・プロジェクト
先週、ひとつ大きなサポート・イベントがスタートしました。 サポートさせて頂いてる中央大学陸上部・長距離ブロックの舟津翔馬選手(1年)が渡米。 昨年より弊社とコラボ事業展開している米陸上プロクラブのバウワーマン・トラック・クラブ(以下BTC)の メンバーと共にトレーニング、生活を共にする留学プログラムがスタート。 昨年11月の八王子ロング・ディスタンス時に来日した同クラブ・ヘッド・コーチのジェリ . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その6

2017-02-13 15:35:16 | グローバルサポート・プロジェクト
先月末から一時帰国していましたが、先週オーストラリアに戻り遠征サポート第2ステージがスタート。 ↓まずはゴールドコーストに立ち寄り来月合宿の準備業務。  ひとまず大方の作業を終え、先月末まで滞在のビクトリア州のフォールズクリークに昨日到着。  3月中旬迄の間、両地で長距離2チーム、一般種目1チームをサポート。更には下旬のオーストラリア  選手権セッティング業務も。この時期はすっかり仕事の舞台がオ . . . 本文を読む
コメント

テレッサ&ベケレの今シーズン終了

2017-02-01 16:55:25 | グローバルサポート・プロジェクト
日頃サポートさせて頂いているマツダ陸上部様のテレッサ・ニャコラ、ベケレ・シフェラウ両選手(共にエチオピア)。 去る29日の中国山口駅伝をもって2016年度の全試合日程を終えました。 彼らの労をねぎらい、同部スタッフの方と彼らの来期計画についての打ち合わせ含め同部の活動拠点広島を訪問しました。 ↓この日もいつもと変わらず早朝練習に取り組むテレッサ選手(前)とベケレ選手。  テレッサ選手は来日2年目 . . . 本文を読む
コメント

第80回中国山口駅伝結果

2017-01-30 10:07:09 | 参加レース結果
昨日開催の中国山口駅伝に日頃サポートさせて頂いてる外国人選手3名が出場。 それぞれの区間で見事区間賞を獲得しました。結果は以下、 ●大会名: 第80回中国山口駅伝 ・期日: 1月29日(日) 9:30スタート ・場所: 山口県宇部市~周南市・7区間84.4k ・天候: スタート時 雨 気温6.6℃ 北東の風1.6m ・上位結果:       優勝 マツダ 4時間11分16秒      2位 中国 . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その5

2017-01-24 19:32:56 | グローバルサポート・プロジェクト
SGホールディングス陸上部様のオーストラリア合宿も終盤。 ↓雄大な自然が広がる環境で選手の皆さん、充実した練習をこなしています。 ↓この日、西澤俊晃選手(写真)と山本亮選手は10マイルロード走。距離も短い分、  速めのペースで追い込みました。 ↓終盤苦しみに耐えながら懸命の走りの山本亮選手と仲野明コーチ。 ↓今合宿、毎日の料理を担当するシェフの寺脇加恵さん(向かって右)。  昨年から . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その4

2017-01-21 13:22:45 | グローバルサポート・プロジェクト
オーストラリア合宿がスタートして2週間。 選手の皆さんもすっかり高地に順化。連日ハードワークをこなしています。 ↓この日はシスメックス女子陸上部様が早朝30k走。  きれいな日の出を見ながらこの湖畔沿いの往復コースを走りました。 ↓前から西川生夏、高山琴海、大貫真美の各選手。  西川選手と大貫選手は来月19日熊日30k、高山選手は同26日の東京マラソンに出場予定。 ↓ある日の朝食時。今回 . . . 本文を読む
コメント

J・シューマッハー氏(米BTC)が2016年間最優秀コーチに

2017-01-16 08:13:34 | 日 記
昨年から弊社インプレスランニングとコラボ事業を展開している米陸上長距離プロ・チーム、バウマン・ トラック・クラブ(BTC)のジェリー・シューマッハー・コーチ。 昨年末、アメリカの大手陸上情報サイト・Flo Trackが実施した2016年全米陸上長距離界に おける優秀コーチ・コンテストで最優秀コーチに選ばれました。 このコンテストは米国内のスポーツメディア、同サイトの読者、スタッフらの投票によりノミ . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その3

2017-01-15 06:58:59 | グローバルサポート・プロジェクト
オーストラリア・フォールズクリーク合宿レポつづき。 ↓この日はシスメックス女子陸上部様のロード練習をサポート。  今合宿には(向かって左から)高山琴海、大貫真実、西川生夏3選手が参加。 ↓各選手2月下旬のマラソン、ロードレースに向けての今回合宿。  この日は起伏のあるコースで30k走。  ↓好天にも恵まれ予定通りのペースでしっかり追い込みました。 ↓2日前に本田大造監督が帰国後、合宿 . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その2

2017-01-12 20:59:06 | グローバルサポート・プロジェクト
現地入りして間もなく一週間。 ↓こちら南半球のオーストラリアは日本と季節が真逆。今は夏真っ只中。  平地では日中の気温は30℃越えですが、ここフォールズクリークは標高が高いことも  あり涼しく空気も乾燥しているので爽やか。毎朝この日の出を拝みながら一日がスタート。 ↓この日はSGホールディングス陸上部様の練習に。  ベテランの山本亮選手(黄色ウェア)と菊池貴文選手がロードでインターバル走。 . . . 本文を読む
コメント

2017冬 オーストラリア合宿 その1

2017-01-10 20:20:39 | グローバルサポート・プロジェクト
今月5日より、今年の海外サポート業務がスタート。 ↓同日のオーストラリア・フォールズクリークに先行現地入りして合宿準備。 ↓その後、今回クライアントのSGホールディングス、シスメックス両陸上部様が  現地入り。スタッフの皆さんと早速練習コースの確認に行きました。 ↓私もメイン・シェフが来るまでの間は調理サポート。  3月中旬までに計5チームの遠征をサポートさせて頂く予定です。 ☆弊社 . . . 本文を読む
コメント

2017年 ニューイヤー駅伝 その2

2017-01-08 20:07:58 | 日 記
既にスタートしているオーストラリア合宿の立ち上げ業務に追われブログ更新が滞ってしまいました。 元日のニューイヤー駅伝。クライアントチームの選手の皆さんの活躍ぶりに新年早々大きな刺激を受けました。 ↓2区8.3km。テレッサ・ニャコラ選手(マツダ・エチオピア)。各チームの外国人選手(37チーム中  30名)が集まる区間で区間6位、16人抜きの走り。来日以来、駅伝では安定した力を発揮しています。 . . . 本文を読む
コメント

2017年スタート!

2017-01-02 23:55:09 | 日 記
皆さま、新年明けましておめでとうございます。 今年もニューイヤー駅伝の開催地、群馬・前橋で元日を迎えました。 Photo by M.Kawaguchi 昨年はお蔭様で例年以上に多くの海外遠征サポートの機会を頂き誠にありがとうございました。 今年も今月初旬からオーストラリア合宿。春のトラック、ロード遠征を経て夏の米合宿サポートを予定。 一方、昨年から手掛けた米プロチーム・バウマンTCとのコラボ . . . 本文を読む
コメント

2017年 ニューイヤー駅伝 その1

2016-12-30 20:22:47 | 日 記
今年も残すところあとわずか。 そして、駅伝日本一を決める全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)まであと2日となりました。 今回は各地区の予選を勝ち抜いた37チームが出場。7区間100.0kmのコースで開催されます。 ↓スタート・ゴールとなる前橋市の群馬県庁前。スタート・ゴール地点の会場準備も着々と進んでいました。 ↓既に多くのチームが群馬入り。私も練習会場となる競技場に出向き、幾つかのクライア . . . 本文を読む
コメント

2016年を振り返って(下)

2016-12-22 09:53:08 | 日 記
9月以降は主にロードレース遠征をサポートさせて頂きました。 ↓関西実業団連盟様のチェコ・ロードレース遠征を皮切りにコペンハーゲン・ハーフ遠征(中部実業団連盟様)の  シドニー・マラソン遠征(東日本実業団連盟様)と続きました。そのシドニーでは起伏の多い難コースで  谷川智浩選手(コニカミノルタ)が2時間12分13秒で見事優勝しました(写真)。 ↓10月の米ボストン・ハーフでは圓井彰彦選手(マツ . . . 本文を読む
コメント