GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

2016 米・ユージンDL その1

2016-05-26 01:50:12 | グローバルサポート・プロジェクト
昨日、アメリカ・オレゴン州ユージンに入りました。 今週末開催のIAAFユージン・ダイヤモンドリーグ、男子1万m出場ウィリアム・マレル選手 (ケニア・Honda)のサポートです。 ↓早速、会場となるスタジアム「ヘイワード・フィールド」の下見に。  オレゴン大学内にあるこの競技場。1919年に建てられ、アメリカでは陸上の聖地と言われる場所。  過去多くのトップ選手がこの地で熱戦を繰り広げました。   . . . 本文を読む
コメント

第55回中国実業団陸上(試合結果)

2016-05-23 15:18:09 | 参加レース結果
去る22日(日)、広島県にて開催の第55回中国実業団陸上にサポートしているテレッサ・ニャコラ選手 (エチオピア・マツダ所属)が男子1500mに出場、見事優勝を果たしました。 ↓来日して初の1500mレース。序盤から積極的に先頭を引っ張るテレッサ選手。 Photo by M.Kawaguchi ↓記録は3分45秒48。昨年来日以来、初となる1500mレース。強化練習の一環とはいえ、見事な  走 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ホッカ・オネ・オネ大会(試合結果)

2016-05-21 22:22:15 | 参加レース結果
現地時間20日(金)、米・ロサンゼルスにて開催されたホッカ・オネ・オネ・ミドルディスタンス・クラシック大会。 今回は富士通陸上部から参加の3選手をサポートさせて頂きました。 ただ今回私は現地には行かず日本から大会主催者及び、選手に帯同した三代コーチと連絡を取り合いながらのサポート。 その中で5000mに出場の松枝博輝選手が自身初となる13分40秒切り、13分37秒84の自己新をマーク。 6月の日本 . . . 本文を読む
コメント

創立5周年

2016-05-16 08:08:50 | 日 記
弊社インプレスランニング創設から今日でちょうど5年。 6年前に自分なりの覚悟を持ってそれまで勤めていた会社を退職したものの、当初は正直今ほど 仕事も多くなく将来の不安にかられる時もありましたが、お蔭様で事業も軌道に乗ってきた感の ある今日この頃(勿論まだまだ満足はしていませんが)。 最初は長距離の海外大会遠征と外国人選手のサポート業務位で限定的でしたが、今では海外合宿、 海外トップ選手やコーチらと . . . 本文を読む
コメント

2016 ゴールデンゲームズinのべおか(試合結果)

2016-05-09 12:26:35 | 参加レース結果
5月7日(土)宮崎県にて開催されたゴールデンゲームズinのべおか。 サポートさせて頂いているテレッサ・ニャコラ、ベケレ・シフェラウ両選手(マツダ・エチオピア)が 5000mに出場しました。 最もレベルの高い5000mC組に出場した両選手。 テレッサ選手は13分23秒66の自己新記録をマークして3位。 4月の熊本選抜に続き今季2度目の自己ベスト更新です。 ベケレ選手は途中転倒のアクシデントもあり2 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 最終回

2016-05-08 20:31:09 | グローバルサポート・プロジェクト
先日訪れた米ペイトン・ジョーダン招待陸上(1日カリフォルニア州パロアルト開催)。 振り返ると2002年ホンダ陸上部時代に初めてこの大会を訪れて以来、今回8回目の訪問。 海外トラックレースでの仕事もこの大会が初めて。それ以来、この大会を通じてマネージャー として色々なことを経験、成長させてもらったた思い出深い大会でもあります。 ↓中距離や3000m障害のレースは日本に比べハイレベルで選手層が厚いの . . . 本文を読む
コメント

2016 織田記念国際陸上(試合結果)

2016-05-05 05:56:13 | 参加レース結果
米遠征中に日本でもサポート選手が大会に参加しました。 4.29(金)広島で開催の第50回織田記念国際陸上。 マツダ陸上部に所属する2名のエチオピア選手が5000mに出場。 ↓最もレベルの高い組に出場のテレッサ・ニャコラ選手(赤)。  序盤から激しいトップ争い。先の熊本選抜で出した自己ベストに僅かに及ばず13分26秒41で3位。  ただ地元広島でレース終盤まで他チームの強豪ケニア選手と互角の走りを . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 その5(試合結果)

2016-05-04 07:56:58 | 参加レース結果
現地時間1日(日)、米カリフォルニア州パロアルトで開催されたペイトン・ジョーダン招待陸上。 サポートさせて頂いた5名の選手が参加しました。 ↓男子3000m障害2組に出場した篠藤淳選手(山陽特殊製鋼・2番目)。  終盤の見事なラストスパートで3位に食い込む健闘。記録8分34秒81。自己ベストには僅か  2秒弱及ばずも昨年のシーズンベストを上回る好タイムをマークしました。 ↓同種目2組に出場の . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 その4

2016-05-01 05:49:09 | グローバルサポート・プロジェクト
大会2日前になり全米各地からも参加選手や関係者が続々現地入りしています。 ↓この日は男子3000m障害に出場の松本葵選手(大塚製薬)がトラックで調整練習。  長年篠藤淳選手(山陽特殊製鋼)と共にこの種目で日本のトップを牽引してきました。 ↓Hondaのウィリアム・マレル選手(ケニア)。  こちらも海外でハイレベルのトラックレースに出るのは初めてとあって気合十分です。 ↓例年訪れているこの . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 その3

2016-04-29 15:03:30 | グローバルサポート・プロジェクト
レースを3日後に控えサポートしている中の3選手がトラックで調整練習を行いました。 ↓男子1万mに出場のHonda・設楽悠太選手。 ↓女子1万mに出場のシスメックス・高山琴海選手。右は高尾博教コーチ。 ↓男子3千m障害に出場の山陽特殊製鋼・篠藤淳選手。 ↓ところで今回のペイトン・ジョーダン招待陸上。以前は大会名が「カーディナル招待陸上」とか、  「ペイトン・ジョーダン・カーディナル招待 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 その2

2016-04-28 22:02:04 | グローバルサポート・プロジェクト
毎年この時期恒例のサポートイベントとなった米・ペイトン・ジョーダン招待陸上。 今回はHonda様、大塚製薬様、山陽特殊製鋼様、シスメックス様の4チームをサポートさせて頂きます。 ↓1万mには設楽悠太選手(Honda)が出場予定。  昨年もこの大会に参加、表情も落ち着いています。  朝練習前の設楽選手(右)と今堀マネ。 ↓今年はニューイヤー駅伝の4区エース区間で2年連続となる区間賞・区間新記録 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 その1

2016-04-27 13:02:21 | グローバルサポート・プロジェクト
本日、米カリフォルニア州パロアルトに入りました。 5月1日(日)開催のペイトン・ジョーダン招待陸上で日本人選手4名、ケニア人選手1名のサポートです。 例年訪れているこの大会。いつもはサンフランシスコ着便ですが、今回はサンノゼ着便で移動。 国際線ターミナルはかなり小さいので人も少なく入国審査も比較的早く終了。 パロアルトへの移動もこちらの方が短時間でスムーズでした。 ↓会場となるスタンフォード大学 . . . 本文を読む
コメント

2016 米マウント・サックリレー その2

2016-04-20 04:56:40 | グローバルサポート・プロジェクト
先週末は米ロサンゼルス郊外で開催のマウント・サックリレーにて3000m障害に出場の 篠藤淳選手(山陽特殊製鋼)をサポートさせて頂きました。 ↓レース前、渡邉監督と打合せ。  日本では数少ない3000m障害のスペシャリスト。日本選手権では過去2回優勝(06年と14年)。  その他数々の国内主要大会でも優勝、上位入賞実績のある篠藤選手。  高校時代に3000m障害を初めて以来15年目のシーズンインで . . . 本文を読む
コメント

2016 米マウント・サックリレー その1

2016-04-15 05:37:53 | グローバルサポート・プロジェクト
今月12日(火)アメリカ・ロサンゼルス郊外のウェスト・コビーナ地区に入りました。 14日〜16日に開催のマウントサック・リレー競技会、男子3000m障害に出場する篠藤淳選手 (山陽特殊製鋼)のサポートです。 ↓LA空港からタクシーで宿舎まで移動。空港では闇(やみ)タクシーの怪しい客引きに騙されそうに  なりましたが、難を逃れ予定通り宿舎に到着。 ↓到着後、早速近くの大学競技場で調整練習。右は . . . 本文を読む
コメント

金栗記念中長距離選抜陸上・テレッサ選手自己新

2016-04-06 23:24:12 | 参加レース結果
4月2日(土)、熊本で開催された金栗記念中長距離選抜陸上。 サポートしているエチオピア選手のテレッサ・ニャコラ(マツダ)が5000mに出場。 従来の自己記録を約8秒更新する13分25秒72の自己新記録をマークしました。 ↓レース後半、他チームの外国人選手と激しい先頭争いを繰り広げるテレッサ選手(先頭)。  先月末迄母国エチオピア標高2000m越えのアディスアベバで、同国ナショナルチームの  メ . . . 本文を読む
コメント