GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

米・ゲーリー・ビヨクルンド・ハーフ(試合結果)

2016-06-19 21:14:27 | 参加レース結果
去る18日(土)、米・ミネソタ州で開催されたゲーリー・ビヨクルンド・ハーフマラソン。 リオデジャネイロ・オリンピック男子マラソン代表の石川末廣選手(Honda)が出場。 1時間04分02秒で2位入賞を果たしました。 ↓写真は先月下旬より実施の米コロラド州ボウルダー合宿での一コマ。前が石川選手。  同地からミネソタ州に移動後、強化練習の一環で上記レースに参加。  前半は起伏、後半は気温も上昇、合宿 . . . 本文を読む
コメント

米プロ・チームBTC訪問 その4

2016-06-15 18:46:40 | 日 記
約3週間近くに及ぶ、バウマン・トラッククラブ(BTC)帯同。 ↓この中長距離クラブはまだ設立されて年月も浅いですが、既にその実力は全米でも1,2位を争うレベル。  その中にあって何と言ってもヘッド・コーチ・J・シューマッハー氏(中央)の存在、指導力によるところが大きい  と感じました。今回指導を見ていても個性のある一人ひとりの選手と丁寧にコミュニケーションを取っている。  選手がコーチの方針に合 . . . 本文を読む
コメント

米プロ・チームBTC訪問 その3

2016-06-11 15:05:18 | 日 記
バウマン・トラッククラブ(BTC)帯同レポつづき。 今回帯同中、シューマッハー・ヘッドコーチの他、2人のスタッフにも何かとサポートしてもらいながら アメリカの陸上について色々と話を聞かせてもらいました。 ↓その一人、アリステア・クレイグ氏(中央)。南アフリカで生まれ、イギリス、アメリカで育った同氏。  04年以降、五輪、世界陸上に5千mで計6回出場。自己ベストは11年に出した13分03秒53。 . . . 本文を読む
コメント

米プロ・チームBTC訪問 その2

2016-06-09 03:21:37 | 日 記
バウマン・トラッククラブ(BTC)帯同レポつづきです。 5月下旬にトラックメンバーは拠点のオレゴン州からユタ州に場所を移し、リオ五輪選考会でもある 全米選手権(7月初旬)に向けての強化合宿に入っています。 ↓スピード練習前のウォームアップ風景。  個人主義が重視されるアメリカにあって、ポイント練習前のアップは基本いつも全員一緒。  日本でも通常個々人にやることが多いのにこれは結構意外でした。   . . . 本文を読む
コメント

米プロ・チームBTC訪問 その1

2016-06-05 12:40:52 | 日 記
先月後半からのアメリカ滞在期間中、途中ユージン・ダイヤモンドリーグ(5/27開催)を挟みオレゴン州 ポートランドに拠点を置く米陸上中長距離トップチームのひとつナイキ・バウマン・トラッククラブ(BTC)を訪問。 しばらくの間、彼らに帯同密着、色々勉強させてもらうことに。 ↓ここポートランドは大手スポーツメーカー・ナイキが本社を置くことでも知られています。  空港内にはお洒落なナイキ専門ショップも。 . . . 本文を読む
コメント

2016 米・ユージンDL その4

2016-05-31 21:19:54 | グローバルサポート・プロジェクト
去る5月27~28日に開催された米・ユージン・ダイヤモンドリーグ。 ↓アメリカ陸上の聖地と言われるこの地で行われる大会とあって会場は大いに盛り上がっていました。  初日は実施種目数が少なめにもかかわらずメインスタンド側は満員。バック側も6~7割程度の入り具合。  ユージンは人口約16万。オレゴン州でも3番目の規模とそれほど大きな都市ではありませんが、別名  「トラックタウン」とも呼ばれ、熱狂的な . . . 本文を読む
コメント

2016 米・ユージンDL その3(試合結果)

2016-05-28 16:56:23 | 参加レース結果
現地時間27日(金)開催の米・ユージン・ダイヤモンドリーグ。 今回サポートさせて頂いたウィリアム・マレル・シトニック選手(Honda・ケニア)が 男子1万mで2位。自己新、そして現時点で今季世界ランキング2位となる26分54秒66を マークしました。 ↓スタート前のマレル選手(白ウェア)。5千mの通過が13分23秒のハイペースにも余裕を  持って先頭集団に付いたマレル選手。ラスト1周まで12年ロ . . . 本文を読む
コメント

2016 米・ユージンDL その2

2016-05-27 16:35:27 | グローバルサポート・プロジェクト
IAAFユージン・ダイヤモンドリーグ、レース前日。 ↓午前中、大会事務局に立ち寄り受付け、ゼッケンを受け取りに行きました。  なんと、この大会各選手の名前入りゼッケンをランシャツに載せ大型アイロンできれいに貼り付けて  くれました! ↓こんなふうに。新しいもの好きのアメリカ人らしい。けどスマートでカッコいい。  安全ピンで留める手間も省けるし。こんなの初めて見ました! ↓午後は競技場で調 . . . 本文を読む
コメント

2016 米・ユージンDL その1

2016-05-26 01:50:12 | グローバルサポート・プロジェクト
昨日、アメリカ・オレゴン州ユージンに入りました。 今週末開催のIAAFユージン・ダイヤモンドリーグ、男子1万m出場ウィリアム・マレル選手 (ケニア・Honda)のサポートです。 ↓早速、会場となるスタジアム「ヘイワード・フィールド」の下見に。  オレゴン大学内にあるこの競技場。1919年に建てられ、アメリカでは陸上の聖地と言われる場所。  過去多くのトップ選手がこの地で熱戦を繰り広げました。   . . . 本文を読む
コメント

第55回中国実業団陸上(試合結果)

2016-05-23 15:18:09 | 参加レース結果
去る22日(日)、広島県にて開催の第55回中国実業団陸上にサポートしているテレッサ・ニャコラ選手 (エチオピア・マツダ所属)が男子1500mに出場、見事優勝を果たしました。 ↓来日して初の1500mレース。序盤から積極的に先頭を引っ張るテレッサ選手。 Photo by M.Kawaguchi ↓記録は3分45秒48。昨年来日以来、初となる1500mレース。強化練習の一環とはいえ、見事な  走 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ホッカ・オネ・オネ大会(試合結果)

2016-05-21 22:22:15 | 参加レース結果
現地時間20日(金)、米・ロサンゼルスにて開催されたホッカ・オネ・オネ・ミドルディスタンス・クラシック大会。 今回は富士通陸上部から参加の3選手をサポートさせて頂きました。 ただ今回私は現地には行かず日本から大会主催者及び、選手に帯同した三代コーチと連絡を取り合いながらのサポート。 その中で5000mに出場の松枝博輝選手が自身初となる13分40秒切り、13分37秒84の自己新をマーク。 6月の日本 . . . 本文を読む
コメント

創立5周年

2016-05-16 08:08:50 | 日 記
弊社インプレスランニング創設から今日でちょうど5年。 6年前に自分なりの覚悟を持ってそれまで勤めていた会社を退職したものの、当初は正直今ほど 仕事も多くなく将来の不安にかられる時もありましたが、お蔭様で事業も軌道に乗ってきた感の ある今日この頃(勿論まだまだ満足はしていませんが)。 最初は長距離の海外大会遠征と外国人選手のサポート業務位で限定的でしたが、今では海外合宿、 海外トップ選手やコーチらと . . . 本文を読む
コメント

2016 ゴールデンゲームズinのべおか(試合結果)

2016-05-09 12:26:35 | 参加レース結果
5月7日(土)宮崎県にて開催されたゴールデンゲームズinのべおか。 サポートさせて頂いているテレッサ・ニャコラ、ベケレ・シフェラウ両選手(マツダ・エチオピア)が 5000mに出場しました。 最もレベルの高い5000mC組に出場した両選手。 テレッサ選手は13分23秒66の自己新記録をマークして3位。 4月の熊本選抜に続き今季2度目の自己ベスト更新です。 ベケレ選手は途中転倒のアクシデントもあり2 . . . 本文を読む
コメント

2016 米ペイトン・ジョーダン招待陸上 最終回

2016-05-08 20:31:09 | グローバルサポート・プロジェクト
先日訪れた米ペイトン・ジョーダン招待陸上(1日カリフォルニア州パロアルト開催)。 振り返ると2002年ホンダ陸上部時代に初めてこの大会を訪れて以来、今回8回目の訪問。 海外トラックレースでの仕事もこの大会が初めて。それ以来、この大会を通じてマネージャー として色々なことを経験、成長させてもらったた思い出深い大会でもあります。 ↓中距離や3000m障害のレースは日本に比べハイレベルで選手層が厚いの . . . 本文を読む
コメント

2016 織田記念国際陸上(試合結果)

2016-05-05 05:56:13 | 参加レース結果
米遠征中に日本でもサポート選手が大会に参加しました。 4.29(金)広島で開催の第50回織田記念国際陸上。 マツダ陸上部に所属する2名のエチオピア選手が5000mに出場。 ↓最もレベルの高い組に出場のテレッサ・ニャコラ選手(赤)。  序盤から激しいトップ争い。先の熊本選抜で出した自己ベストに僅かに及ばず13分26秒41で3位。  ただ地元広島でレース終盤まで他チームの強豪ケニア選手と互角の走りを . . . 本文を読む
コメント