NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

赤身の肉を食べると死亡リスク12%UP!ハーバード大学の発表。 アメーバニュースに!

2013-09-28 00:59:40 | 肉食廃止キャンペーン
アメーバニュースに「ビーガン」の文字が!!




赤身の肉を食べると死亡リスク12%UP!ハーバード大学の発表
5月10日15時00分


「今日はハンバーガーにしようかな」と思っているあなた、ちょっと待ってください。
ハーバード大学の研究結果によると、赤身の肉を毎日食べ続けると、寿命が縮まることがわかりました。週2回のハンバーガーはレッドゾーンなのだそうです。

食生活を改めて考えさせられるデータをご紹介いたします。

赤身の肉を食べ続けると死ぬ!?

ハーバード大学の栄養学教授、ウォルター・ウィレット博士が120,000人のアメリカ人の食生活の調査を行ったところ、「赤身の肉をたくさん食べるほど死ぬ確率が高くなる」ということが判明しました。


ウィレット博士が発表した調査結果がこちら。

●一日1食、赤身の肉を食べ続けると、死亡のリスクが12%上昇する

●心臓疾患にかかる可能性は16%上昇する

●がんになる可能性は10%上昇する

●加工された肉(ベーコン、ソーセージ、ホットドッグなど)は最悪で、もっとその確率が上がる


死ぬ確率が10%以上も上がるとは、かなり衝撃的な数字ですよね……。

週2回のハンバーガーはレッドゾーン!

アメリカのニュース番組ABCニュースによると、ハンバーガーが大好きだったビル・クリントン元大統領も、このデータを見て焦ったようで、肉食をやめてビーガンになってしまったそうです。

ビーガンとは、肉類・魚介類に加え、卵・乳・チーズ・ラードなど動物由来の食品も一切とらない、徹底した菜食主義のこと。ピュアベジタリアンとも呼ばれています。

ビル・クリントン元大統領は1年間、心臓疾患のため療養し、ビーガンを開始したそう。「食べるのは野菜、果物、全粒粉パンなどがほとんど。そうしたら体調が良くなったよ」と、その効果にも満足しているようです。


ウィレット博士の発表によると、アメリカ人は1年間に120パウンドの肉を食べていて、これはほぼ毎日食べている計算になるそうです。
ハンバーガーを週に2回以上食べるようであればレッドゾーンなんだとか。
また、豆類は、死のリスクを下げるとしています。


世界中から注目されている和食

先進国では、過食や栄養バランスの乱れに起因する、いわゆる生活習慣病が拡大しています。
アメリカをはじめとする欧米諸国や中国や南米でも、健康に対する意識が高まっていて、長寿国で有名な日本の和食に注目が集まっているといいます。

日本貿易振興機構(JETRO)の2010年の調査によると、アメリカの日本食レストランの軒数は 14,129 軒で、これは 5 年前の1.53 倍、10 年前の2.36 倍と、飛躍的な増加を見せています。

これは「寿司」や「天ぷら」といった高級レストランから始まった傾向でしたが、今はカジュアルなレストランやカフェも増えていて、メニュー表記に「Shiitake(しいたけ)」や「Shimeji(しめじ)」があることも珍しくないそうです。

アメリカのスーパーにも和食の普及は進んでいて、どのスーパーでも醤油などの調味料は必ず取り扱われ、オーガニック系のスーパーでは水菜や小松菜も売っている、とJETROはレポートしています。
「オシャレだから」という理由だけでなく、和食がしっかり根付いてきている証拠ですね。

とはいえ、わたしたち日本人自身も食の欧米化が進んでいます。
ランチにはハンバーガー、というOLさんも多いのではないでしょうか。世界に誇る健康食・和食を改めて見直して、健康に生きましょう!



◆食事も大切だけど睡眠もとっても大切!
昼寝20分で8時間分のスタミナ!「パワーナップ」のスゴイ効果


(参考)太らない、病気にならない、おいしいダイエット ―ハーバード大学公式ダイエットガイド( ウォルター・C・ウィレット博士・著)

http://news.ameba.jp/20120510-497/



  


あな吉さんのゆるベジ生活スタートBOOK
河出書房新社





2012/5/11
ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察官等を騙るオレオレ詐欺発生 | トップ | 修行してきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。