NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

食糧としての人間

2014-07-01 01:38:52 | ~MY DIARY~

「肉を食べることの何が悪いんだ」と言う言葉の裏側にあるのは、「動物を殺すことの何が悪いんだ」である。 福島景



食べたいから殺しても良い、命を頂くのは仕方がないと言う考え方を一般的にしたいのなら、ヒト肉を食べたいと言う理由ならば人間を殺しても罪に問わないことにしなければならない。


いつか食糧としての人間が生産される日が来るかも知れない。

ヒト肉のために生後半年で出荷、屠殺される。赤ん坊の肉は柔らかくてうまい。赤ん坊のエサは母乳だけで良い。

人工妊娠中絶をしなくても産んだ赤ん坊は畜産業者に売れる。

母乳が足りなくなれば屠殺した赤ん坊の血液や肉骨粉を代わりに与えれば良い。

どうせ命を頂くのだから。






2013/10/12


ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮頸がんワクチンを認可し... | トップ | ととろ蕎麦!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。