昇交点

五藤テレスコープ的天文夜話

単眼鏡GT-M518 Amazon100台突破と古い航空機の観察

2017-05-29 09:42:05 | 製品情報





前回のブログでAmazonにて発生した詐欺的な出品問題ですが、このところチェックすると、ひとまず落ち着きを取り戻している感じで、GT-M518もコンスタントにご用命をいただいております。そんな中で先週末ですが、Amazonでの販売数がおかげさまで100台を超えました。品質については自負しているものの、価格帯や単眼鏡という製品の性格上双眼鏡のような売れ行きは正直難しいと思っていただけにうれしい状況です。この場を借りてですがご用命いただいたみなさまには厚く御礼申し上げます。

さて、すでにGT-M518のお持ちの方は、自然・博物館・美術館などで活用されていると思います。なので、筆者が同じことを語ってもダブってしまいますから、少し毛色の違うものを観察してみようと思いました。先日ですが、岐阜県各務原市にあるかがみがはら航空宇宙科学博物館に行ってきました。現在同館はリニューアル工事中で、収蔵庫で一部展示をおこなっています。最大の目玉の一つが太平洋戦争中に川崎重工が開発・製造した三式戦闘機「飛燕」です。本機についてはネットや書物等で豊富に解説されているのでここでは述べませんが、現在残っているのは同館に展示されている1機だけです。この機体は戦後米軍横田基地での展示に始まり、その後は全国あちこちで展示され、最後は本機を製造した岐阜に戻ってきました。その間にあちこち壊れたり、欠品したりしたので、メーカーである川崎重工がプロジェクトを立ち上げ修復を行ないました。現在は機体を複数に分割した状態で展示していて、本機の構造がどんな風になっているかを見る貴重なチャンスとなっています。ここで威力を発揮したのが単眼鏡GT-M518でした。機体表面に打たれた無数のリベット、かすかに残っている当時の機体番号や注意書き、エンジンに取り付けられたたくさんのプラグやコード類、分割されていることでわかる機体構造などを明るく・シャープに観察できます。また操縦席のメーター類や小さな説明書きの文字もはっきり読めるので、実機に関する理解を深めることができました。こうして考えると、航空・鉄道等の博物館でも単眼鏡が1個あるだけで世界がきっと広がるのではないかと思います。(kon)

かがみがはら航空宇宙科学博物館のHP
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/ 

単眼鏡GT-M518について
http://gototelesco.co.jp/gtm518mono.html


この記事をはてなブックマークに追加

単眼鏡 GT-M518 Amazon販売について(注意と内容を追記しました)

2017-05-01 10:32:28 | 製品情報

ここ数日ですが、ニュースになっていることから注意喚起ということでブログにもUPします。

単眼鏡GT-M518は弊社ではAmazonにて販売中ですが、最近はマーケットプレイスで詐欺的な業者の出品が増えているとのことです。
新品・中古品に限らず、本製品の非常に安価な価格設定で他者が出品している場合はくれぐれもご注意ください。(kon)

※5月1日追記
弊社の取扱ページも被害を受けるようになりました。Amazonにて問題のあるところを随時削除していただいていますが、いたちごっこの様相です。解決までに時間を要す可能性もでてきましたので、弊社のホームページでも注意喚起させていただきます。Amazonで購入の際は下記サイトを参照ください。よろしくお願いいたします。

(Amazonでの購入の場合のポイント)
http://gototelesco.co.jp/gtm518mono_notice.html 


この記事をはてなブックマークに追加

超新星 SN2017B

2017-03-23 18:50:35 | 天体観測

 

五藤光学研究所 嶋 邦博さんがうしかい座方向の銀河NGC5685に超新星を発見しました。発見は2017年1月2.79日(世界時)、五藤光学研究所 八ヶ岳観測所の45cmカセグレン式望遠鏡に0.33倍レデューサーを装着、冷却CCDカメラを使って4.8億光年かなたの銀河内での星の大爆発をとらえることに成功しました。

発見後はなかなか分光観測の報告があがらず確定されなかったのですが、先日リック天文台によってIa型超新星という報告が公表されSN2017Bという番号がつきました。

嶋さんの超新星発見は、2016年12月、おうし座方向の銀河CGCG 466-003に発見したことに続き通算で6回目となります。新月期中心の限られた時間の中にも関わらず精力的に捜索を続け、2年続けての発見となりました。

嶋さん、6個目の発見おめでとうございます。 (kon)

画像上:発見時の画像(嶋邦博氏提供)


この記事をはてなブックマークに追加

第22回天体スペクトル研究会

2017-03-07 17:05:42 | 星まつり・観測会・イベント



3月4日・5日は仙台市天文台で開催された第22回天体スペクトル研究会に参加してきました。
天体スペクトル研究会 は分光観測に関連する研究発表があり年1回開催されています。

筆者は以前から関心はあったのですが、参加ははじめてでした。

内容としては、分光観測の研究発表、関連機材の紹介、教育普及活動などにわたっていました。参加者も会の性格上研究者や教育関係者が多く、アマチュアの参加は少なかったように思いました。筆者が天文雑誌を読み始めたころかそれよりも前は分光観測記事やスペクトル画像の投稿が結構あったように思いましたが、今はほとんどないかとても少なくなってしまったと感じています。

逆にデジタル技術のおかげもあって最近は学校の天文部や高校・大学での観測実習で取り組むケースが増えてきています。

分光観測の現状はそんな感じなのですが、そういう状況でも星まつりでアウトレット販売した星用直視分光器が完売したり、その後も少ないながらも天体のスペクトルを観察したいという問い合わせをいただいていますので、将来的には弊社で何か分光に関連するものを提供できたら面白いことになりそうかなと思っていますが、やるとなれば普及させるには時間をかけて丁寧にやっていくしかなさそうです。

ただ、筆者も残念に思っているのは分光観測の入門書に関しては国内では皆無で、洋書を頼るしかありません。天文教育とアマチュアへの普及を考えると1冊あるとありがたいです。(kon) 


 


この記事をはてなブックマークに追加

MARK-X用2軸モータードライブ若干在庫あります

2017-02-17 10:18:27 | 製品情報

ホームページのトピックスでも掲示していますが、MARK-X用2軸モータードライブは2月17日現在3台在庫がございます。
もうこれで最後になりますのでこの機会にご検討いただければ幸いです。(kon)

 MARK-X用2軸モータードライブについて
http://gototelesco.co.jp/md_for_mx.html


この記事をはてなブックマークに追加