NTT労組退職者の会広島県支部協議会

NTT労組退職者の会広島県支部協議会の仲間とコミュニケーションを図るツールとして開設

雨天順延3回 ! 初秋の野登呂山は、汗をかいたが涼しかった。

2017年09月13日 18時01分57秒 | ハイキング
実施月日  平成29年9月13日(水)
登山地名  野登呂山(453.0Ⅿ)
集合場所  JR・アストラム大町駅・9時30分
参加人員  13名
責任者   松本健三


JR大町駅


広億駐車場・グリーンハイツ入口


近道の階段


登山口の標識


サンハイツからの三叉路


野登呂山


頂上からの展望


はいチーズ


動物園下のバス停・ひとまず解散


大町バス停で眼に入った「氷の文字」⇒最高のシアワセで~す

状況等  3回雨天順延となってた、野登呂山登山である。
     少し涼しさを感じる好天の大町駅には、12名が集合する。
     8月を休んでいるので、2ヶ月振りの会話が、はずんでいる。
     広交バスは、毘沙門台を経由して弘億駐車場・グリーンハイツ入口にて下車。丁度10時。
     地元のTさんが合流し、13名が揃う。

     登山口に向かって、左手の階段道へ入り、グリーンハイツ入口から左手に行くと登山口標識が。
     10時20分。小休止の後、登山スタート。
     木立の中の道を、涼しい山風に歓迎されつつ、急登を進む。
     涼しい感じなのに、汗が一杯に。
     サンハイツからの、三叉路(11時15分)を過ぎて、野登呂山頂上へ11時30分に到着。
     展望は、写真どおり、正面のみ。

     下山は、動物園方面へ、猪にヨク耕された下り坂を、ドンドンと下りる。
     13時丁度、後山上バス停に着き、ココでひとまず解散する。
     広電バスは、上安を経由して、大町バス停にて下車。
     ここで,眼に入ったのが「氷」の文字。赤いかき氷を味わいつつ解散会を。
     幹事担当の松本健三氏には、大変お世話になり有難うございました。
     万歩計が、不調のため、歩行数はダメでした。
                                 文責松井良文
      





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨マッサカリ?の好天・岩谷観音⇒高尾山へ仲良く歩く・・・でもムシ暑かったヨ

2017年07月19日 16時33分30秒 | ハイキング
実施月日  平成29年7月19日(水)
登山地名  岩谷観音(340.8m)⇒高尾山(424.5m)
集合場所  広電バス・水分峡入口9時⇒水分森林公園管理棟9時15分
参加人員  9名
リーダー  沖本惠子


水分森林公園管理棟


岩谷観音への表示板


東屋にて小休止


岩谷観音の由来


神社あと


高尾山への表示板


岩谷観音岩


大岩にて


頂上からの展望


頂上からの展望


高尾山頂上にて、ナゼかピンボケ


状況等  早朝6時半頃の雨がウソみたいな暑い好天となった。
     雨天順延のため、水分森林公園管理棟には、9名が集まった。
     沖本りーダーから、コース説明等を受けて9時20分出発する。
     
     可愛い園児達と一緒に歩く。彼・彼女達は、すぐ左手の川辺に下りて、水遊びに興じ始める。
     我が一行は、水分神社に参拝して、表示板に従い左手へ岩谷観音へ。
     山道は、雨後の様相、ソノマンマ滑り易いので慎重に登る。
     一汗かいた時、東屋に着き小休止する。9時35分・900歩
     もう、少し登ると、雑木林道になり、山風少々。この少々の山風が大変有難い。

     やがて、府中変電所方面からの三叉路に出、山道も、岩場・岩場のゴツゴツとした岩場道となる。
     岩場を登りきると、90段位の荒れた石段へ、その上に、神社アト広場へ到着。10時20分・2300歩
ここからは、段々道・岩場道となり登りきると、岩谷観音大岩展望へ。10時30分・2800歩
     大岩からの展望は、足がすくむが、広島市全貌が見事に開けている。
     しかし、木蔭なく暑い。高いところなのに風も少ない。大岩にて記念撮影し、高尾山へ向かう。

     綱を頼りの鎖場を、ヨジ登り、少し木蔭道を進むと、高尾山へ到着。11時5分・3400歩
     木蔭求めて、ランチタイムとする。
     下山は、11時50分、ピストン
     
     足のフンバリも、弱くなってると思うので、滑らぬように慎重に下る。
     東屋にて、カープ談議に花咲かせ、水分森林公園管理棟に到着。13時5分・8100歩
     ムシ暑い一日でしたが、好天で愉しい・愉しき山歩きでした。
     沖本リーダーには、下見登山⇒引率等、大変有難うございました。8月はお休みです、9月の野登呂山を楽しみに!!!
                                   文責松井良文    














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の香りを全身に浴びて窓ヶ山を歩く

2017年06月14日 17時43分02秒 | ハイキング
実施月日  平成29年6月14日(水)
登山地名  窓ヶ山(711.4m)
集合場所  JR五日市南口9時3分発湯来ロッジ行き・魚切上バス停下車、9時40分頃
責任者   岡崎政雄
参加人員  15名


憩いの森第二駐車場、左の5番、軽車両にしました。



向山別れ三叉路


憩の森への三叉路標識


魚切別れ標識


大岩からの展望


東峰はすぐ


窓ヶ山看板


東峰頂上


西峰頂上展望


本隊到着


東峰頂上にてはいチーズ


東峰頂上からの展望

状況等
     投稿者は、体力低下により、本隊と別行動をとり、窓ヶ山憩の森第二駐車場から、単独登山とする。
     9時45分に、準備体操の後に出発。熊除けの鈴、ラジオ、警笛をもっての登山開始。
     右下がりの細い道だが、赤と紫の小さな山アジサイが、可憐である。
     向山別れ標示(9時55分・700歩)⇒憩いの森表示(10時05分・1600歩)⇒魚切別れ標識⇒大岩展望所(10時15分・1900歩)
     と木蔭の続く涼しい山道を、一気に進む。
     東峰頂上へは、10時25分に到着・2200歩
     やがて途中で追い越した登山者も東峰頂上へ、山の会話を交わしつつ、しばし眺望を愉しむ。

     岡崎リーダーに、メール連絡をした後に、西峰へ、足場が荒れており慎重に下って⇒登って10時50分に到着する。3100歩
     本隊到着予定は、12時頃なので、着換えの後は、ナンプレを十二分に愉しむ。
     12時丁度に本隊到着。小休止の後、東峰頂上へ、下って登って20分。
     
     12時30分、ランチタイムへ、ジャコ煮・梅干し・きゅうりの浅漬け・ポテトサラダ等が廻って来て、愉しく・美味しく頂く 
     好天の頂上からの展望を楽しみ・適当な木蔭・微風を受け、会話弾ませつつ、山登りの醍醐味を堪能する。

     13時10分下山へ。
     木の階段道⇒涼しい木蔭道⇒向山三叉路。ここからは、本隊は藤ノ木団地へ向けて下る。
     4名は、左手の山道へ入り、10分ほどにて窓ヶ山憩いの森第二駐車場へ。13時55分・7400歩
     本隊の歩行距離は、推定16000歩。岡崎リーダー下見共々ご苦労様でした。
                                            文責松井良文



                               
     



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もやに霞む新緑の道後山、でも、山風涼しく最高だった

2017年05月10日 19時18分19秒 | ハイキング
実施月日  平成29年5月10日(水)
登山地名  道後山(1268.9m)⇒岩樋山(1271.m)
集合場所  広島駅北口ローソン前8時⇒不動院駅⇒中筋駅
参加人員  17名
リーダー  沖本義治


少し霞んだ不動院駅


月見ヶ丘駐車場到着・小雨⇒でもスグ傘は不要に


月見ヶ丘看板


岩樋山別れ三叉路・右手に道後山へ


オオカメ


ショウジョウバカマ


ダイセンキスミレ


アト800頑張れ・右に県境の土塁あり


ハーイ・チーズ


下山は岩樋山へ、霞んでいるが新緑の中を


岩樋山頂上

状況等
7時すぎ、家を出ようとしたら、結構な雨、近所の眼を少し気にしつつバス停へ。
    雨で煙る不動院にて、リーダー沖本夫妻と、バスを待つ、幸いにカサは、不要。
    バスは、不動院⇒中筋からの乗車を含め17名。
    広島ICから、山陽自動車道⇒広島自動車道⇒中国自動車道へと走り、七塚PAにて小休止。曇ってはいるが、カサは不要。
    庄原ICからは、北東へ西城町を経由して、一路道後山へ向かって走る。

    10時20分、道後山月見ヶ丘に到着するが、雨が少々・・・
    小雨の中、雨対策を十分に、13名が10時30分に出発する。
    
    黒土・石ころの多い山路を、滑らぬように慎重に進む。雨は上がりカサは不要、山風が汗をトバシテくれて心地良く歩く。
    岩樋山別れ三叉路(11時25分・1700歩)からは、当初の予定を変更しまずは道後山へ。
    やがて、備後と伯耆の境界の土塁を右手に、なだらかに登ると、道後山山頂へ。12時10分・4600歩
    山頂は、広々として霞んでいるが、山風により、先方の山々が見えたり、隠れたりと光景の変化が愉しめる。
    あの辺が、大山だと、想像したりして・・・・

    12時50分岩樋山へ
    なだらかな新緑の広原を、ドンドンとダウン・アップすると岩樋山頂上へ。13時20分・7000歩。
    標識は、鳥取県日南町となっている。
    小休止の後、滑らぬように慎重に下山へ、岩樋山・道後山三叉路標識あたりから、少し雨が。
    月見ヶ丘到着は、14時10分・10800歩。

    出発時・帰着時は、小雨に見舞われましたが、広原歩き中は、カサ不要に感謝。
    沖本リーダー有難うございました。
    小雨少々・霞んだ道後山歩きでしたが、また格別!!!愉しい山歩きでした。お疲れ様でした。
                      文責松井良文
    

    












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開の鷹条山の急登にチャレンジ !!

2017年04月12日 17時36分38秒 | ハイキング
実施月日  平成29年4月12日(水)
登山地名  鷹条山⇒森林公園
集合場所  福木小学校バス停⇒中国電力広島変電所北
参加人員  18名
責任者   太田和子・松井良文


集合場所・中国電力広島変電北駐車場


鉄塔跡の展望・二ヶ城を・向うは阿武山


城の櫓からの展望


城の櫓からの展望


城の櫓でハイチーズ


管理棟から


さくら


さくら


さくら


はいチーズ2


鷹条山を望む


空に映えるさくら


満開のさくら

記事等
朝は少々冷え込んだが、絶好の桜満開・日和となった。先週の広島城跡花見についでの、森林公園花見を楽しんだ。
   中国電力広島変電所北側に、マイカー7台が到着する。
   集合場所の福木小学校バス停に迎えに行き、18名が揃う。
   
   ミーティングの後、10時10分に出発する。
   山道は、登山者が少ないせいか、結構荒れている。
   滑りつつも、鉄塔跡の展望広場へ(10時30分・1500歩)、眼前に松笠・二ヶ城が、広く横たわっている。
   ここからは、小さな岩場が多い急登となり、手をひいたり、後ろから押したり、岩や木にさばりつつ一歩一歩登る。

   登りきると、岩・岩だらけ岩一杯、そこを抜けると、城の櫓が見える。
   木の段々を上がり、城の櫓の頂上展望台へ着く。11時10分・3100歩
   広島市全域⇒松笠山⇒二ヶ城⇒白木山⇒高鉢山⇒呉娑々宇⇒海田湾等が一望できる。そして、広場あたりの桜は見事。
   しばし、展望を愉しんだ後、森林公園管理棟にて小休止。11時35分・4100歩
   そこから、吊り橋を渡り、桜・さくらを観賞しつつ、芝生広場へ。12時00分・5700歩
   桜風が、心地良く、汗を飛ばしてくれる中、ランチタイムは、愉しく・賑やかに ‼

   下山は、12時50分。
   管理棟(13時05分・7100歩)にて、グランドゴルフ組と分かれる。
   8名で、料金所下から山側へ入る。昨日までの雨で、水ッポイところもあったが、涼しくなだらかな山道を愉しく歩く。
   中国電力広島変電所北のマイカー駐車場到着は、13時40分・10100歩。

   お疲れ様でした。絶好の花見日和、最高に愉しかったです。
   太田リーダー、林ご夫妻には、下見・草刈り等、有難うございました。     文責松井良文
 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加