アメージング アマデウス

天才少年ウルフィは成長するにつれ、加速度的に能力を開発させて行きました。死後もなお驚異の進化は続いています。

丘の上のマリア Ⅴ 小早川真③

2016-12-31 19:56:05 | 物語

 こんな夢を見た。
 胡座をかいてベッドに座っていると、暗闇の向こうで何かが輝いている。
 じっと見詰めると、真が藻掻きながら走っているのが見えた。
 溢れる光の中で誰かが佇んでいた。
走っても、走っても、彼女の姿に近づけ無い。いつも恋していた女性に違い
ない。
 女性が真の方を見た。矢張り陽子だ。娘の手を引いてるが、その娘は真から
背を向け続けていた。
 ベッドで目が覚めた。
 跳ね起きて浴室に駆け込む真、顔へジャブジャブと水を被せて鏡を見た。
「俺は何をしているんだ。指定された時間にのこのこと出かければ、罠に掛か
って殺されるだけだ」
 真はいまや銃撃戦を覚悟していた。吉溝か公安に助けを呼ぶのが正しい選択
だと分かっていたが、恩有る石井を助ける為に掛けに出る決心をしていた。
 部屋に戻って時間を確認する真、十時半、まだ十分に時間は残されている。
身支度を調える真、念のために防弾チョッキも着た。夏用に彼自身が工夫して
薄くなっているので、効果は期待できない。
 拳銃を手に持つ真、サイレンサーを外した。派手な音がした方が警官の真に
は有利なのだ。

 午前一時少し前、真は須崎埠頭を天神方向から北の海側へと歩いていた。下
調べで全てを裸にして有った。人が潜むとしたら何処かも分かっていた
 真は敢えてその方を見ないで拳銃を持つ右手を背中に隠した。
 ゆっくりと、姿勢を崩さないように注意して歩く真、別々の方向から気配が
した。
 真は不意に近い方に振り向いて発砲した。
 バキューン、プシューン。二つの銃声がした。
 右肩を打ち抜かれた真が倒れ込んだ。
 真をライフルで撃った男は額を打ち抜かれて絶命していた。
 倒れた真に向かってくる足音。
 真はそっと拳銃を左手に移し、死んだかのようにグッタリ止め
としてみせた。
 男は真が死んだのか確認をしようと近づいてくる。
 間抜けな男だ。生き残る為には確認など取らずに止めを刺すべきなのだ。
 真は不意を突いて男を撃った。が、男のライフルも火を噴いていた。今度は
左足を打ち抜かれたが、男は絶命していた。
 目を閉じて精神を集中する真。これで終わった分けでは無い、最低でもあと
一人、石井が残っている。
 暫くの間静寂だけが漂っていた。
 不覚にも痛みで気を失いかける真、歯を食いしばって必死に堪えた。
 コツコツと一人の男が近づいて来た。以外なのは海側からで無く天神方面か
らだった。十メートル、五メートル。
 真はようやく目を開けて男を見た。暗闇では石井とは認が出来ない。だが、
拳銃を構えているのは分かった。
「久し振りだなあコバ。お前が左でもあんなに上手いとは知らなかった。あ
あ、思い出したよ、俺はお前が生まれつきは左利きで矯正されたんだろう?」
 更に歩き続け、三メートル程で立ち止まった。
「ここまでは計算通りだ。どうする? コバ、お前には二つの選択種が有る。
一つは俺と共謀してブツをせしめるか。まあ三分の一位はやっても良い、末端
価格で百億にはなる覚醒剤だ。一つは俺がお前を殺して独り占めするか」
「選択種はもう一つ有るじゃないか! 石井さん」
「無い」と言い捨ててニヒルに笑う石井、そんな石井の相貌には克っての面影
は残って居なかった。身体もやせ細っていた。
 海風が真に石井の体臭を届けて呉れた。覚醒剤に蝕まれた者の、あの饐えた
臭いだ。
 真は石井の苦悩を感じ取った。そして石井さんは俺が決して拳銃を引かない
と確信しているに違いない。
「俺はなコバ、ようやくお前を憎む事が出来るようになった。お前に陽子と雅
子をやるわけにはいかない。・・・実は選択種なんて無いんだよ」
 須崎埠頭に二発の銃弾が木霊した。
 小早川真の意識が薄れていった。
     2016年12月31日   Gorou
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あめゆじゅとてちてけんじや | トップ | 丘の上のマリア Ⅴ 小早川真④ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL