目黒こころの便り

こころの健康、病気についての情報をご提供いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しいうつ病1.非定型うつ病

2009-02-09 19:20:20 | うつ病

最近は20歳代、30歳代の若い世代を中心とした、従来のうつ病とは違うタイプの新しいうつ病が問題となっています。非定型うつ病、ジスチミア親和型うつ病、逃避型抑うつなど、たくさん議論されています。しかし医療者の間でも、まだ見解は一致していません。新しいうつ病には、症状は軽症ですが、慢性化しやすく、坑うつ薬が従来のうつ病より効きにくいという共通点があります。

 

(1) 非定型うつ病

比較的若者に多く、病前性格は対人関係に過敏で繊細、控え目で恥ずかしがり屋、従順で自己主張が苦手な方が多いようです。うつ病特有の気分の落ち込みはあるものの、なにか楽しいことがあると気分が一時的に晴れます。反対に些細なことで激しく落ち込んだりイライラしやすくなり、人にあたったり、無理な要求をしたりするため、周囲の人が対応に困ることがあります。日中横になったり眠ったりしますが、夜は眠れません。甘いものを異常に食べたり、過食になります。ちょっと動いただけでものすごく疲れます。パニック障害などの不安障害の合併が多いといわれています。症状は軽いものの、慢性化しやすい傾向があります。

 

例を見てみましょう

29歳のBさんは、もともと周りに気を使い、周りに自分がとどう思われているか非常に気になるほうでした。大学1年生の頃から突然電車の中で呼吸が苦しくなるパニック発作が起こるようになりました。かかりつけの内科で安定剤も貰って、時々それを飲んでいました。先月6年間付き合っていた彼と別れました。そのあとからパニック発作が毎日起こるようなり、メンタルクリニックを受診しました。SSRIという種類の薬をもらい、パニック発作はおさましました。しかし、ある日上司に報告書をやり直すように命じられたところ、突然涙が出て止まらなくなりました。翌日から体が重く、どうしても朝起きて会社に行くことができず、1日中ベッドに横になることが多くなりました。甘いものが無性に食べたくなり体重が増えました。友人や家族から電話があったり何かうれしいことが起こると体が軽くなって、以前の様に動けました。メンタルクリニックの主治医に最近の様子を伝えたところ、「非定型うつ病」といわれました。

 

Bさんも、もともと人に気を使う性格の方がまずはパニック障害になり(不安障害の合併)、その後非定型うつ病になり、いつものように上司に注意されると激しく動揺し(対人過敏性)、体が重くなり(鉛様麻痺)、ベッドにいる時間が長く(過眠)体重が増え(過食)、自分に好ましいことが起きると症状は軽くなります(気分反応性)。

 

『治療』

薬物療法では坑うつ薬が基本となりますが、その他の向精神薬が有効な場合も多い様です。規則正しい生活をすることが大事で、患者さんの要求むやみに飲むことはかえって悪化を招くため、周りの方はできること、できないことをはっきり示してあげたほうが良いようです。認知行動療法などのカウンセリングつ病デイケアなどを併用することが効果的です。治療には長くかかる場合が多いので、あきらめずに根気よく続けることが大事になります。ふとしたきっかけでよくなる方も多いです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

典型的なうつ病ーメランコリー親和型

2009-01-28 12:04:45 | うつ病

うつ病には、うつ病、非定型うつ病、躁うつ病などがあります。

【うつ病】とは

従来の典型的なうつ病は、几帳面、生真面目、責任感が強い、頑固で融通がきかない、気を遣いすぎる、徹底的、完璧主義な性格の、「まじめなA型っぽい」印象の中高年が、何らかの環境の変化をきっかけ発症します。症状としては眠れなくて、食欲もなく痩せて、やる気が出なくて、集中力も無くなり、今までのように仕事や家事ができくなります。そして、そんな自分を情けなく思い、周囲に迷惑をかけている、申し訳がないと自分を責めます。

 

例を見てみましょう

Aさんは国立大学を優秀な成績で卒業したあと、企業に就職しました。真面目で上司からの信頼も厚く、優秀な会社員でした。完璧主義なところがあり仕事が遅くなるため、残業は人より多くなっていました。52歳のときに部長になりました。また、ちょうどそのころ、両親と同居していた兄が病気で亡くなりました。その数ヶ月後、いつもより1.2時間朝早く目が覚めるようになりました。それで疲れが取れないため、Aさんはあまり飲まなかったお酒を飲むようになりました、はじめはぐっすり眠れましたが、またすぐに早くに目が覚めるようになりました。日中も疲れが取れなくなり、集中力がなくなって仕事が遅くなるので、家に仕事を持ち帰りますが、終わりません。焦れば焦るほど空回りし、仕事は進みません。こんな自分は周りに迷惑をかけている、もう生きていてもしょうがないと思うようになりました。妻に死にたいともらしところ、精神科に連れていかれました。当初はAさんは「自分の頑張りが足りないだけで病気ではない」と言っていました。医師の診断はうつ病で、坑うつ薬が処方され、休職を指示されました。

 

Aさんの場合、出世して部長になったという環境の変化や、兄が亡くなり長男になったという役割の変化が、精神的な負荷になり、うつ病発症のきっかけになったと考えられます。環境変化は自分にとっていやなことだけではなく、たとえば出世、家を新築する、子供の結婚など喜ばしいことでも、発症のきっかけになります。そしてこのタイプの人のうつ病は、「申し訳ない」との自分を責める感情(自責感、朝に気分や体調が悪くて、夕方頃に調子が良くなる日内変動、不眠のタイプは朝早く目が覚める早朝覚醒が特徴的と言われています。死にたいと思う気持ち(希死念慮)も深刻なことも多く、注意が必要です。

治療の基本はお薬と休養です。


この記事をはてなブックマークに追加

うつ病

2009-01-27 12:27:51 | うつ病

仕事や人間関係がうまくいかず気分が落ち込む、そんなことはだれにでも起こります。しかし、しばらくすると元気になるのが普通です。気分の落ち込みが2週間以上続き、仕事や日常生活に支障が出てきた場合は、うつ病を疑ってください。

うつ病の症状としては 下記のようなものがあります。

こころの症状

抑うつ気分】

気分が落ち込む、悲しい、さびしい、むなしい、涙が出る、なんとなく面白くない、なんの希望もないなどの感情です。

【意欲の低下】

物事に興味関心が持てなくなって、今まで好きだったこともやる気がなくなります。何事もおっくうになって身だしなみにも気を使わなくなります。

【思考力の低下】

集中力がなくなって仕事や家事の能率が落ちたりミスが増えます。些細なことも決められなくなります。

【落ち着きのなさや緩慢さ】

緊張しやすくなり、些細なことでイライラ、そわそわして手を手を絶えず動かしたり、うろうろ歩きまわります。また反対に、話すスピードや動作がゆっくりになり、活気がなくなることもあります。

【自分を責める】

自分に対する劣等感を抱き、周囲の人に対して申し訳なく感じます。ひどくなると自分が生きていては周りに迷惑をかけてしまうと考えるようになります。

 

からだの症状

【睡眠の異常】

寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、明け方早くに目が覚める、寝た気がしなくて疲れが取れない。

【食欲の異常】

何を食べてもおいしくない。ダイエットしているわけではないのに1ヶ月で数キロも体重が減った。食欲が増して体重が増えることもあります。

【疲れやすさ】

体がだるく重くなります。以前は平気だったことをしてもひどく疲れます。

【その他の症状】

呼吸が苦しくなったり、胸がどきどきしたり、肩こりがひどくなったり、頭痛、便秘、下痢、さまざまな体の痛み、しびれなどが出ることもあります。また、異性に対する興味や性欲が落ちます。

 

過去 1 週間を通じて、どの程度の頻度で以下の感覚を持ったかについて、該当するスコアを答えてください。

0. ほとんど、もしくはまったく感じることはなかった (1 日未満)
1. たまには、もしくは少々は感じたことがあった (1-2 日程度)
2. しばしば、もしくは結構感じたことはあった (3-4 日程度)
3. ほとんど、もしくはずっと感じていた (5-7 日程度)

 

スコア
1.

普段は悩むようなことではないことで、頭を悩ませられた。

 

2.

食事を取る気になれなかった。食欲がなかった。

 

3.

家族や友人の助けを受けたとしても、憂うつな気分を振り払うことができなかった。

 

4.

自分は他人と同様に正常であったように思う。

 

5.

自分のしていることに集中することができなかった。

 

6.

気分が落ち込んでいた。うつ状態であった。

 

7.

自分がなすすべてのことに対して努力を払ったように思う。

 

8.

将来に対して希望を持つことができた。

 

9.

自分の人生が失敗であったように思われた。

 

10.

おびえ、心配することがあった。

 

11.

落ち着いて睡眠できなかった。

 

12.

幸福感を感じることがあった。

 

13.

いつもより話すことが少なくなった。

 

14.

孤独を感じることがあった。

 

15.

他人が不親切であるように感じられた。

 

16.

生活を楽しむことができた。

 

17.

ひとしきり泣くことがあった。

 

18.

悲しさを感じた。

 

19.

他人が自分を嫌っているように感じられた。

 

20.

活発に行動することができなかった。

 

合計スコア

 


評価方法
うつ病スコアは、各項目のスコアの合計値になります。 4、8、12、16 の肯定的設問に対しては、スコアのカウントが逆になります (0 = 3 点、1 = 2点、2 = 1 点、3 = 0 点)。 合計スコアが 16 以上である場合、過去 1 週間のうつ症状が深刻であることを指し示しています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして

2009-01-21 17:34:55 | Weblog

2008年6月、目黒駅そばに心療内科・精神科「えとうメンタルクリニック目黒」を開設しまいた。こころの病気にかかわる事柄を、できるだけわかりやすく解説してみたいと思います。興味のある方はのぞいててくださいね。 よろしくお願いします。

症例として書いているのは私の創造した人物で、実際の患者さんではありません。


この記事をはてなブックマークに追加