デイトレ日記と賢者の石

スイングが基本、ときどきデイトレ。
賢者の石探索中。

電王戦・三浦弘行九段への処分・第七幕の2

2016-12-26 00:20:00 | 日記
長かった第七幕もようやく終わりが見えてきました。

今週の21日(水)22日(木)にて竜王戦第七局が行われますので、そろそろ第八幕の始まりであります。

そうして、2ちゃんねるの雀たちも年末が近づいてきましたので、少々にぎやかになってきました。

その雀たちの結論は「もはや第三者委員会の発表を見てから三浦9段側が動くことになったな。」というものです。

その第三者委員会の報告は年内にあるという情報です。

まあ、そうでありましょう。

年内にけじめをつけなくては、年明け以降、処分が解除された所で何もはっきりせず、ただただ三浦9段が復帰するのか否かのみが問題になる状況に陥ります。

それでは何のための第三者委員会なのか、ほとんど意味不明になってしまいます。


さて、そうすると第三者委員会の報告は竜王戦終了後の23日から、さすがに大晦日の31日はないでしょうから30日までの一週間のうちの早い時期にあるものと予想できます。

その第三者委員会の報告が「処分は妥当性がない部分もあったが、違法とまでは言えない。」というような当たり障りのないものであった時には、誰も責任を取らず、ただただ三浦9段のみが不利益を被ったままの現状を追認するようなものであった場合は、さすがに三浦9段、「このままで終わり」という訳にはいきますまい。

今度こそ何らかの対抗措置をとるものと思われます。

そしてその場合の第三者委員会への世間の評価は、とても低いものになるかと思われます。


さてそのような報告を受けて三浦9段、もしそれでも何もせずに「はい、わかりました。」といのであれば、そうして何事もなかったように年明けから復帰するのであれば、三浦9段を応援していた将棋ファンの失望は目も当てられないものになるでありましょう。


そして世間の目がありますので第三者委員会のお歴々が「お茶を濁して終わりにできる。」と考えているとは思えません。

そうしますと、委員会のこれまでの調査結果とそれなりの連盟、あるいは告発側の不手際の指摘、そうしてそれに対する責任の所在の表明があるものと思われます。

さらには、何らかの三浦9段への補償についても言及があってしかるべきかと思われます。

そのような、世間の目に、評価に耐えられるような報告があればこそ、三浦9段も良い年の瀬、そうして2017年の新春を迎えられるというものであります。


PS
疑惑で逮捕されたアスカさん、釈放されましたね。

・ASKA「尿はお茶」不起訴、警視庁否定できず釈放<--リンク

・・・・・
ASKAは14年5月、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され同年9月、同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け執行猶予中だった。この日午後9時ごろ「不起訴でした」の題名でスマートフォンからブログを更新。
「様々なことは、また、改めて書かせていただきます。
すべての行動には、理由があります。
いまは、それしかお伝えできません」
「今日は、少し疲れてます。おやすむね。(中略)みなさん、信じてくれてありがとう」などとつづった。

さて、この件についての2ちゃんねるの投稿で「なるほどなあ」というものを一つ。

2016/12/19(月) 23:23:29.96 ID:m54zAaK10
>>250 
監視されてるって妄想(本人は真剣)してたから 
任意提出の尿(実はただお茶)でも、勝手に覚せい剤陽性反応が出たことにして 
逮捕されるんじゃないか、 

ってことでカマをかけてみたんだろうね。 で、お茶なのに覚醒剤陽性で逮捕となったから 
まぢでこれは陰謀に巻き込まれている!となったわけでしょ。 
お茶なのに陽性出した、ってな捜査上の大ミスがあったから、これは起訴無理 って判断になったんでしょうね。 

なんだろか... 謎な事件。 ってか検体検査してる担当者、かなり杜撰なんだろね? 
ほかの検体検査したあと、機器しっかり洗ってなかったとか、そんな凡ミスでもなきゃ 
陽性でるわけないしw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所で三浦9段は検体(PC4台)は提出したものの、検査すらしてもらっていない状況のようであります。

それで実質3か月の謹慎処分継続中。

どう考えてもこれは不当でありますよねえ、連盟さん。

PS
さて、K理事のブログによれば御用納めは28日とか。

23日は祝日ですので、さてそうすると第三者委員会の発表は24日~28日の間と見るのが妥当でしょう。

そうして、週明け26日~28日が発表予定日である可能性が高いと読みましたよ、連盟さん。

PS
・挑戦者変更の将棋の竜王戦 渡辺竜王が防衛<--リンク

対局のあと渡辺さんは、直前で挑戦者が変更されたことについて、「簡単に割り切れるものではなく、いろいろなことを思いながら対局していました。
去年、竜王に返り咲き、すぐには手放したくなかったので防衛できてよかったです」と話していました。
・・・・・だそうです。

さて消化すべきイベントはこれですべて終了となりましたよ、第三者委員会さん。

PS
第三者委員会の発表をまじかに控えたこのタイミングで2ちゃんねるの議論が再び活性化してきました。

それぞれの立場の人がそれぞれの意見を述べており、議論の幅は十分に確保されている様に見えます。

これほどの議論が起きているのでありますれば、もし第三者委員会のお歴々の報告がつまらぬものであった場合は、そうしてまた連盟のそれに対する対応が話にならないものであった場合は、さぞかし2ちゃんねるは燃え上がる事になるでありましょう。

いやまあ、お歴々がそうしてまた連盟が「2ちゃんねる、なにそれ」というのであればそれはそれまでの話なのではありますがね。

追伸
明るい話題を一つ、、、。

・敗れた加藤九段も絶賛 将棋の最年少プロ、初陣飾る <--リンク


PS
「電王戦記」はこちらから入れます<--リンク

特集記事一覧にはこちらから入れます。<--リンク

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電王戦・三浦弘行九段への処... | トップ | 電王戦・三浦弘行九段への処... »

あわせて読む