「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

なぜ「プライバシー加憲」前に「共謀罪」通した与党公明党を創価学会は批判しないのか?

2017年07月12日 | 憲法改正問題
 なぜ「プライバシー加憲」前に「共謀罪」通した与党公明党を
創価学会は批判しないのか?

これ日本共産党でなくても現代日本政治の七不思議のひとつです。

都民ファーストの会と手を組み、都議選で政権与党の自民党と
袂を分かった公明党を支援した創価学会は、
なぜプライバシーの権利を憲法で謳う前に
「共謀罪」を決めた公明党を何ら疑問を持たずに
応援できるのでしょうか?

やはり「創価学会は共謀罪から治外法権」ですか?
うまく言いくるめられていませんか?

なぜ「プライバシー加憲」前に「共謀罪」通した与党公明党を
創価学会は批判しないのか?

是非考えていただきたいですね!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 7月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。