パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

VW500/L 起動しない ビープ音3回

2012年02月23日 | パソコンサポート
時々お伺いするお客様から、パソコンが起動しなくなったということで、ご連絡をいただきお伺いしました。

パソコンは一体型のVW500/Lです。
電源を入れると。電源ランプが点きますが・・・画面は真っ黒のままで、ビープ音が3回鳴った後に、電源が落ちてしまいます。

ビープ音が鳴るのは、メモリーの故障や接触不良も考えられるので、一旦外して付けてみたり、メモリー1枚だけで確認しましたが状況変わらず。
電源ユニットやマザーボードの部品の故障の可能性があるので、お預かりしました。

VWシリーズでは、電源ユニットの電解コンデンサーの故障により電源が入らないという現象は何件か対応したのですが・・・その場合は全く電源ランプも点かない状態でしたので、今回はちょっと状況が違うようです。

とりあえず、マザーボード、電源ユニットの状況を調べてみようとカバーを外してみてビックリ・・・なんと水冷式のパソコンでした。大きな冷却ユニットがCPUの上についており、HDDにも管?がつながっています。


もし、マザーボードを取り外すことになると大変だぞと・・・焦りました。

マザーボード上の部品は、問題ありませんでした。むしろ結構よい部品を使っています。
では電源ユニットの内部を確認します。結構大型のケースなのですが、内部はゆったりとしていて、こちらも故障しているコンデンサーはありませんでした。こちらも結構よいコンデンサーを使っています。
このころは、メーカーも使う部品に気を使うようになったのか、それとも水冷式なのでメンテナンスが難しいことを考慮して、信頼性の高い部品を使ったのでしょうか。

メモリーもマザーボードも電源ユニットも問題ないということで、行き詰ってしまいました。

そんな時は・・・ネットで検索・・・すると、VW500/Lで、C-MOSバッテリーが消耗すると、ビープ音が鳴って起動しなくなる・・・という今回と全く同じ現象の記事を見つけました。
それではC-MOSバッテリーを調べてみましょう・・・この機種は、なぜかC-MOSバッテリーは、メモリーのすぐ横にあり、メモリー交換用のカバーを外すと、交換することができるようになっています。



取り外してバッテリーの電圧を測ってみると・・・うん?1.6V弱です。正常であれば3V出力されているのですが・・・バッテリーが消耗しているようです。



C-MOSバッテリー(CR2032)を新品に交換して、電源を入れてみると・・・メーカーロゴが表示されて、Windowsが正常に起動しました。
何度か起動の確認をしましたが、問題ありませんでした。

結果としてC-MOSバッテリーが消耗したことにより、起動しなくなったようです。

起動しない・・・いろいろな原因がありますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加