パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

VT700/7 Windows起動しない

2011年09月13日 | パソコンサポート
パソコンが起動しなくなったということで、ご連絡いただき訪問しました。

パソコンはVALUESTAR VT700/7で、中古で入手されたそうです。

まず電源を入れてみると・・・BIOSレベルではハードディスクを認識しています。さらに「ご迷惑をおかけしております・・・」のメッセージが表示されます。セーフモードで起動してもダメです。
ハードディスクが結構大きな音をたてていますので、ディスクの故障の可能性が高いです。

ツールをCDブートで起動してハードディスクチェックを行うと・・・すぐにエラーが表示されました。
ハードディスクの故障で間違いないようです。お客様には、元に復元できるか試してみて、難しければ写真とメールのデータを取り出すことで了解いただきました。

まず検証用パソコンに繋いで、確認してみるとやはりディスク自体は認識できましたが、健康状態が「注意」でセクターエラーが大量に発生しています。



とりあえずバックアップをとらなければいけません。いつものようにバックアップソフトを使用したら、すぐに「バックアップに失敗しました」のエラーメッセージがで止まってしまいます。
う~ん、セクターエラーの場所が悪いのかうまく読めないようです。
ソフト的にバックアップできないのなら、ハード的にバックアップをとろうということで、「これDo台Pro」を使ってみました。こちらはセクター単位のコピーになるので時間がかかりますが、無事にバックアップがとれました。ちょっと一安心です。

次に、chkdskコマンドを使ってハードディスクの修復を行います。
なんとたくさんの修復メッセージがでてなぜか途中で終了してしまいました。う~ん、もう一回行うと最後まで終了しました。



今度は、バックアップソフトで、バックアップを取ることができました。
このころのパソコンのハードディスクはP-ATAタイプで、近所では入手できなくなってきています。ネットで注文して翌日には届きました。さっそく新しいハードディスクに丸ごと復元を行いました。

新品なので当然「正常」です。

新しいハードディスクを取り付けて、電源を入れると正常にWindowsが起動してきました。エクスプローラーなどを操作してみましたが問題なく、データも無事のようです。

実はこのお客様、データの取り出しを他社へお願いしたところ、5万円の見積もりで諦めてしまったそうです。どらともサポートでは、今回ハードディスクの修復・新規ディスクへの丸ごと復元、それとDVDドライブの扉が開かなかったのでドライブを新品に交換作業を行い、部品代(ハードディスク・DVDドライブ)含めて他社の1/3の値段で対応させていただきました。

ハードディスクの軽微な障害でWindowsが起動しないような場合は、復元して丸ごと新しいハードディスクにバックして今までどおりにWindowsを使える可能性が高いです。
ただし、パソコンはいつ起動しなくなるかは、わかりませんので大事なデータのバックアップは日頃からマメに行ってくださいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加