パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

Windowsが起動しない

2011年02月01日 | パソコンサポート
Windowsが起動しなくなって、他の修理屋さんへ持っていき、ウィルス駆除を行ってもらったが直っていないとのことで事務所へデスクトップパソコンを持ってきてくださいました。

メモには今までの経緯が書かれており・・・昨年末ごろからパソコンの動作が遅くなり、年明け後からパキパキ?といったような音が時々するようになったそうです。
そして「ウィルスに感染した可能性があります」云々といったメッセージが表示されどうしてよいかわからずに、そのままにしておいたらWindowsが起動しなくなったそうです。
そこで修理屋さんへウィルスの駆除を依頼して行ってもらったのですが、うまく起動することができなかったそうです。
最悪パソコンの中に入っている動画データだけでも取り出して欲しいとのことでした。

電源を入れてみると・・・Windows開始のロゴが表示され・・・うん?いきなりディスクチェックが始まりました。う~んWindowsが起動しなかったので、変な電源の落とし方をしてしまったのでしょうか。
かなりの数のファイルの修復が終わり・・・自動的に再起動が始まり・・・今度は正常にWindowsが起動してきました。どうもハードディスクが壊れかかっているみたいです。

早速ハードディスクを取り出して、丸ごとバックアップをとり、さらに再度CHKDSKを行って、もう一度丸ごとバックアップをとります。

ディスクの状態を確認してみると、やはりセクターエラーが発生していました。


おそらく年末から動作が遅くなったというのも、セクターエラーが発生していたためと思われます。パキパキ?という音はよくわかりませんが・・・ハードディスクの音でしょうか?

IDEタイプのハードディスクだったのですが、なぜか近くのお店でたまたまIDEタイプのハードディスクを売っていたので購入。
新しいハードディスクに丸ごと復元し、取り付けると・・・正常に起動しました。動画もきちんと認識でき再生できました。

ウィルスソフトが購入時についていたNorton Internet Security2005のままで放置されていたので、ウィルスに感染してしまったのかもしれません。
購入時についているセキュリティソフトはお試し版なので、ある期間を過ぎるとお試し期間が完了してしまい、継続してそのセキュリティソフトを使用する場合は、利用料金を支払わないといけません。支払わないでそのまま放置しておくと・・・ウィルスパターンの更新が行われなくなっているので、新しいウィルスには無防備となってしまい、ウィルスに感染する可能性があります。さらに古いままのセキュリティソフトは、Windowsの動作自体にも影響を与えることもあります。

Norton Internet Security2005をアンインストールして、Microsoft Security Essentialsをインストール、Windowsのファイアウォールを使用するようにしました。
これでウィルスチェックを行いましたが、ウィルスは検出されませんでした。

今回のWindowsが起動しない直接の原因はハードディスクの故障だったのですが・・・更新されずに放置されているセキュリティソフトも注意が必要です。
みなさんのセキュリティソフトは放置されていませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加