パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

STOP 0x00000024 エラー

2011年01月27日 | パソコンサポート
STOP:0x00000024 のエラー表示されて、パソコンが起動しなくなった。ハードディスクを取り外して別のパソコンにUSB接続すると、パソコンが再起動を繰り返してしまう・・・といった現象で、パソコンを送付いただきました。

まず、現状確認でパソコンの電源を入れてみます・・・STOP:0x00000024のエラーメッセージ



そしてNtfs.sysが表示されています。Ntfs.sysはシステムパーティションのファイルシステムなのですが、このファイルが壊れたのでしょうか。

ハードディスクを取り外して、検証用パソコンにUSBで接続してみました。するとUSB接続して、パソコンがディスクを認識したとたんに・・・再起動がかかってしまいます。
USB接続なので、供給電流が足りないのかなと思い、直接S-ATA接続してみましたが・・・やはり同じです。
では、別のパソコンに再度USBで接続してみました・・・すると今度は、STOP:0x00000024のブルーバック画面でとまりました。こちらのパソコンは、エラー発生時に自動的に再起動しない設定になっていました。
ということは、USBで接続しても、同じエラーが発生していることになります。

う~ん、ディスクを認識しないことには・・・どうしようもありません。

そういえば、検証したパソコンはどちらもXPだったのですが・・・Windows7のパソコンでは、どうなるのかなと思い・・・USB接続してみました。
すると・・・再起動することなく、ディスクを認識しています。
まず、ディスクを丸ごとバックアップをとりました。次にCHKDSKコマンドで修復を行います。



処理が完了して、再度丸ごとバックアップをとります。
ディスクの状態を確認すると・・・セクターエラーが発生していましたので、新しいハードディスクを用意して、丸ごと復元しました。

復元した新しいハードディスクを取り付けて、正常に起動することを確認しました。

もともとのハードディスクが250GBで、今回320GBのハードディスクにしました。Cドライブの割り当てが30GBしかなく、空き容量が1.8GBしかなかったので、今回増えた70GB分をCドライブに割り当てました。これで空き容量の心配もなくなりました。

STOP:0x00000024エラーもいろいろな原因がありますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加