宝満山研究会(山岳宗教遺跡の保全と研究)

大宰府の北東に聳える宝満山の歴史的価値を掘り起こし、山の保全を考える会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成29年宝満山大護摩供5

2017-06-01 | 護摩供

護摩供の開始にあたり、竈門神社拝殿では奉告祭が執り行なわれ
筑前琵琶福岡旭会会長の米村 旭翔(よねむら きょくしょう)さんにより、
この場のためにつくられた「竈門山」が奉納されました。
今年は外国人の方が多く、留学生の一団が拝殿周りを囲んで琵琶の音に
すっかり聞き入っているのが印象的でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年宝満山大護摩供4

2017-05-31 | 護摩供
その前に・・・

護摩壇が組まれた本殿前に向かって参道を辿り山伏関係者の親族、知人らによる稚児行列が上がってきます。


ひとしきり揃ったところで毎年全員で記念写真を撮ります。


おおよそいつもの顔ぶれがそろったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年宝満山大護摩供3

2017-05-30 | 護摩供

行事開始約15分前、神社社務所前にて参加の山伏が集合し、
採燈師である本行院さんの差配の下、福楽寺さんから各人に役が申し渡されます。
今年は京都聖護院から法螺の修行ということで関西から数名の山伏さんが参加されています。
峰入りでデビューした新客さんも緊張の面持ちで役をもらっています。


いよいよ護摩供の始まりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年宝満山大護摩供2

2017-05-29 | 護摩供

本年も竈門神社社殿前での護摩供が催行されました。
参道の石畳ができたことにより催場は参道を避けたご本殿の南西側に結界を張り、


北に祭壇を戴き、中央やや北寄りに護摩壇を設えてあります。


奉行の席は護摩壇を挟んだ祭壇の正面に据えられています。


護摩壇の前には採燈師が投げ入れる乳木の束が三宝に載せて置かれています。


その他、火を御する又状の木


加持された予備の薪




祭壇に据えられる笈の厨子やかり又、天秤に桶、弓、松明


行者笈など持ち込まれる道具が出番を待っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年宝満山大護摩供1

2017-05-28 | 護摩供

本日、太宰府市内山の竈門神社本殿前において
宝満山修験会による大護摩供が開催され多くのご参拝がありました。
いわゆる「火渡り」には200名を越える参列者が参加し
盛況のうちに滞りなく行事がおこなわれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 宝満山峰入り行事 その6

2017-05-27 | 行事

現在の峰入りでは、一般の参加者は仏頂山から宝満山頂に至る間で
待ち構えた竈門神社神主から引換証を受領し、
下山後に竈門神社社務所にて「宝満山金剛界峰入証」をいただけるようになっています。
山伏がおこなう本格的な峰入りにおいても満願達成者には「碑伝(ひで)」と呼ばれる
入峰したことを証明する先端が三角形をした板が渡されることがあるようです。


入峰した回数によって山伏の格を定めるところもあったようで、
それを知ってか、常連さんの中には毎年いただく入峰証の数を自慢される猛者もおられるようです。
宝満山修験会が復興し36度目の入峰はけが人もなく無事終了しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

護摩焚きの準備

2017-05-26 | 護摩供

今日は竈門神社の神主さん、氏子さんと行者さん共同で2チームに分かれ
1班は北谷の村中に生えている檜の枝打ちをし、2班は宮の森に丸太を調達に行き、護摩焚きの準備をしました。




明日は護摩壇づくり、明後日28日はいよいよ大護摩供です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝満山修験会による大護摩供

2017-05-24 | 護摩供

今週末5/28(日)に宝満山修験会による大護摩供が竈門神社にておこなわれます。
例年の次第と時間割を参考として挙げておきます。
過去の様子は本ブログの過去データでご確認ください。

10:00  竈門神社御本殿にて採燈大護摩供奉納奉告祭・稚児行列の参内
     筑前琵琶福岡旭会による琵琶曲「竈門山」奉納

10:10頃 組み上げられた護摩壇前での勤行

11:00頃 結界を破り山伏入場。御本殿より神主が携えた忌火入場

11:15頃 山伏(入山)問答

11:30頃 法弓の儀、法剣の儀、法斧の儀、閼伽の儀、法螺の儀

11:50頃 松明により護摩壇に点火
採燈師作法(火天段、本尊段、諸尊段)

12:20頃 添護摩木祈祷(参列者の願い事を書いた護摩木を護摩壇に投入)

12:50頃 破壇作法(護摩壇を解体し、熾火で道をつくり、檜の枝で座を設け勤行する)

13:00頃 火生三昧(解体した護摩壇の残り火の上を真言を唱え行者らが素足で歩き、その後、参加者がそれに続く)

14:00頃 行事終了

※あくまで過去の記録から起こした参考の時間割です。その年の次第により変更もあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 宝満山峰入り行事 その5

2017-05-23 | 行事

本年も無事に大勢の一般参加者と伴に宝満山の峰入りが催行され、
山頂での勤行で締めくくられました。
今回は修験会では数年ぶりとなる新客さんが1名
はつらつとしたすがすがしい姿で参加されていたのが印象的でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 宝満山峰入り行事 その4

2017-05-22 | 行事

仏頂山で勤行を終えた一行は、三郡縦走ルートを辿り、一路宝満山山頂へ。
山頂北壁側の鎖場に取り掛かります。


比叡山から参加の行者さんも背負子を背負いながら鎖を伝って登って来られます。

ストックをお持ちの方はここでひとしきり難儀されて頂上へ。
最後の岩肌越しに眩しい青空が広がります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加