OHLINS DFV車高調 for Z34






オーリンズのwebサイトを見てもZ34用DFVダンパーシステムの案内が何故か無く不思議に思っていましたが、営業さんの話では「ライン生産ではなく一部手組をしているのでラインナップには加えていません」とのこと・・・

7号車も後半ではオーリンズDFVを装着しましたが、現デモカー8号車はとりあえずビルシュタインダンパーです。 
まあ、ある程度ビルシュタインの特性もわかったし、そろそろ仕様変更したいなと思っていました

「う~ん DFVオーリンズ 無茶苦茶気になるな~」と思っていたらS口先生がZ33 DFVオーリンズをオーダーしてくださったので、ドサクサにまぎれてデモカー用にZ34DFVも発注しました。

Z33用と大きく違うのはシリンダーです。 不気味に輝くアルミ鍛造製です。
これだけで飯が食べれそうな あやしい鍛造ボディーの輝きは僕にはヨダレが出そうな代物です。
Z33DFVの記事にも書きましたが、とにかくオーリンズ製品は綺麗   部品の1つ1つが綺麗 そして普通でしたら何てことないブラケット1つでも処理が美しく凝った作りをしています。
ホントの一流製品は何でも同じですが、使っても見ても楽しめる。 車好きには芸術品のような物です。

当然乗った感じも最高
ダンパー組んで1週間くらいは仕事が忙しくてZ34に乗れなかったのですが、確か先週の木曜日 仕事が終わってフラッと試乗に出かけたら何だか楽しくなってきて、そのまま高速道路に乗って「佐世保」の後輩の所までドライブいってきました。

市街地でも高速でも4輪共に接地性がよく、キチンと路面をなぞるように走ってくれます。
市街地で凹凸が多い場面ではさすがDFV 何の問題も無くストレスなく衝撃を逃がしてくれます。
高速道を飛ばすのでしたら減衰力を少しだけ絞った方がいいかもしれませんが、基準値でもさほど不安なく走れます。
そして高速道のつなぎ目などにあるポンっと飛んでしまうような場面でも、通常の車高調でしたらふらつきそうな場面でも、キチンと着地の姿勢を整えて走ることができますので、ちょっと驚きます。

うまくは説明できませんが 何もかもが異次元です。
現状では前後ー25mm 前後7クリック戻しで使っていますが ホント最高です!


■OHLINS DFV車高調 for Z34
●コンプリートキット 375,900円 (本体価格 358,000円)

■スペック
          Front              Rear
メインスプリング 11kgf/200mm ID65   10kgf/230mm ID95
基準車高(純正比) 約20mm DOWN    約25mm DOWN
全長調整範囲 上記基準に±15mm     上記基準に±15mm
4
« 読み物・・・大介 OHLINS DFV車... »