関東学連選手10区で「幻の区間賞」…参考記録

2017-01-03 16:23:41 | 日記

懸賞情報
ゴールする学生連合のアンカー・照井
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
箱根駅伝10区で、最高タイムをマークしたのは、関東学生連合の照井(東京国際大4年)。
オープン参加のため、参考記録扱いだが、区間賞の順大・作田(4年)を2秒上回る1時間10分58秒で23・0キロを走り抜けた。
過去には、2004年大会で山登りの5区を走った日本学連選抜の鐘ヶ江(筑波大4年)が区間1位となり、この大会で新設された最優秀選手賞(金栗杯)に選ばれているが、オープン参加の選抜チームが最高成績を記録するのは、珍しい。
2017年01月03日
16時09分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


10区1位は順大・作田、日体・小野木に1秒差


神大・法大・東海がシード権…帝京・創価届かず


神大・法大・東海がシード権…帝京・創価届かず

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  5区の区間賞は駒大・大塚、... | トップ |  早大、復路のエースを7区に... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。