たんたか短歌たんたかたん

 since2005 熟成はしてません 
 
  31%の真実を詠います

若き日の母の流儀を思い出し作れば愉しカレーライスは

2017-03-27 09:43:45 | 短歌
A:おふくろの味には不思議な力があるものだね
B:カレーなら味噌やソースやチョコレートなんかを添加されてました
A:味噌汁とカレーという組み合わせも懐かしい


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白々と輝く月に見られてた君に見惚れていただけの夜

2017-03-13 08:40:30 | 短歌
A:それは満月の夜であったのだろうか
B:満月なら狼男に変身できますね!!

     
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも若くないさと呟けば風が身に沁む海沿いの街

2017-03-06 10:51:29 | 短歌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘をつく君が好きだと嘘をつく僕は嘘つく正直者?

2017-02-28 19:42:42 | 短歌
AB:間違いなく嘘つきですな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真っ白なシャツを選んだその日には避けねばならぬカレー饂飩

2017-02-28 16:22:20 | 短歌
A:トマト系パスタも危険だのぅ
B:ジュルル~ジュルルル
A:
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あの時にふたりで選んだ掛け時計電池の寿命がもうじき終わる

2017-02-24 10:16:52 | 短歌
A:手巻きの掛け時計が好きであった。祖父に支えられてゼンマイをぎぃぎぃと巻いたものだよ
B:もうすぐゼンマイの季節ですね!胡麻和えなんか好きなんですよ!
A:そういえば君はワラビとゼンマイの違いを知っているかね?



















意表を突く質問にB氏退散
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なぁ千里おなかの出てる俺だけどキメて走ろう屋根を外して

2017-02-22 07:13:06 | 短歌
A:名曲である
B:名曲ですね!
A:異論なし

















今日は房州ツーリングである
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂風に打たれし春の残骸が渦巻いている路地の片隅

2017-02-20 09:55:21 | 短歌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無軌道で不思議な行動するもほぼ許容範囲の我もルンバも

2017-02-18 08:13:24 | 短歌
A:掃除は自分でやり給へ、ったくもう
B:楽しいですよ~(くるくるくるりん)
A:ルンバに乗るのを止め給へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バランスを失いそうな強風に物まね芸人「春一番」を思う

2017-02-17 10:13:17 | 短歌
イッチ・ニィー・サンッ・ダァー!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ズバズバとぶった切る奴ぬばたまのみのもんたこと御法川 法男

2017-02-15 19:58:11 | 短歌



A:
B:
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小ネタ

2017-02-14 08:33:36 | 寄り道
なんだね君は!

人の話の骨を折ってばかりじゃないか(怒)

一体私を何様だと思ってるんだ!!

もう堪忍袋の尾に触れたぞ

出て行きたまへ!!
(ここは彼のオフィスではない)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

会話など無くとも通じる心なら信じられるさ膝上天使

2017-02-13 07:59:21 | 短歌
A:一方的な思い込みではないのか?
B:
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねぇきみの笑顔の裏にあるものを時々僕に見せてみないか

2017-02-11 21:41:12 | 短歌
A:さて、どんなものだろうか
B:ニコッと笑ってもらったら舞い上がっちゃいますけどね
A:幸せだな、君は
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気まぐれな春の女神のスカートの裾から雪がはらはらと舞う

2017-02-10 18:59:36 | 短歌
A:春の訪れを詠ったら雪の舞う今日である
B:言霊の曲げ師ですね!ギャハハハ
A:うーむ、ある意味では凄い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加