たんたか短歌たんたかたん

 since2005 熟成はしてません 
 
  31%の真実を詠います

6階の窓を開ければコオロギの声聴こえてきたり意外な距離で

2018-09-11 19:51:29 | 短歌
コロロロロ
コメント

そこここで秋がチラリと覗いてる空の高さや海の蒼さや

2018-09-11 12:12:25 | 短歌
コメント

黒雲がちぎれて奔る 大風に震える窓をじっと見る猫

2018-09-04 13:22:21 | 短歌


台風怖い

コメント

この旅の終わりに見える風景がわかる気がするきっと既視感(dejavu)

2018-07-29 17:59:47 | 短歌
コメント

クマ共に負けてたまるかミンミンとミンミンゼミの絶唱を聴く

2018-07-29 07:59:08 | 短歌
コメント

潮風に満たされているリビングで堀辰雄なぞ読んでいる午後

2018-07-13 15:07:06 | 短歌
コメント

しずしずと暮れる夕日に一日の感謝を込めてカーテンコール

2018-06-24 20:25:48 | 短歌
コメント (1)

真っ直ぐな心で見つめてくれるから言葉は無力猫と暮らせば

2018-06-23 02:43:39 | 短歌
コメント (1)

安っぽい哲学じみた「雨の日に傘をささない生き方」の意味

2018-06-20 07:29:59 | 短歌
コメント (1)

ベタすぎるシチュエーションに朋友と降り立つ鎌倉高校前駅ホーム

2018-06-14 22:22:15 | 短歌



まじベタだから
コメント (1)

初夏の日の風吹き渡る一山に点描の如 咲くや紫陽花

2018-06-14 11:20:02 | 短歌
コメント (2)

その色の移り気なるも紫陽花の魅力と言える人になりたい

2018-06-11 08:16:24 | 短歌
コメント (1)

罪のない嘘でも人は傷ついて皐月の空にひとむらの雲

2018-05-13 10:10:17 | 短歌
コメント

身のうちに蔓延る病の根源を断ちたきもあり断ちたきもなし

2018-04-05 13:36:35 | 短歌
コメント

出逢いより離別の多き人生の夕暮れ時にあたためる恋

2018-01-27 15:51:13 | 短歌
年来温めていて実らぬ恋もある
コメント