cinemania35

上質な映画とその周辺のサウンドを扱うレーベルcinemania35のスタッフblog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「エコール」初日。

2006-11-04 21:26:11 | ニュース
まんまる@大阪です。

「エコール」本日からシネマライズで公開ですね。

私のいる関西方面では、大阪がシネリーブル梅田で25日、
神戸も25日からシネリーブル神戸、京都はみなみ会館で25日予定、だそうです。
昨日だれかのmixi日記で、渋谷の某所に掲示されたでっかいポスターが
紹介されておりました。
盛り上がってますか~?>東京



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AFM? | トップ | タワーレコードのサントラページ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初日です (cinemania35 Paris-Tokyo)
2006-11-04 23:03:26
まんまるさん、そーなんです。
待ちに待った、「エコール」@シネマライズ初日でした。
映画のスタートは大好調、おかげさまでサントラも大好評!!!
(手前味噌でスミマセン)
音楽だけでなく、少女たちの声や効果音も入って、
まさに「瞳を閉じると、『エコール』が見える」のです。
映画の世界に何度も浸れる…一家に一枚是非!!
SWITCH (まんまる)
2006-11-04 23:17:05
http://blog.excite.co.jp/switch-t-music/5938010
webだけなのか雑誌紙面にもあるのかわからないのですが、
ご紹介いただいてますね!

いろんな人のいろんなツボを刺激している模様です!
こんばんは (charlotte)
2006-11-07 00:07:08
はじめまして。こんばんは。
TB&コメントをありがとうございました。
初日初回を渋谷で見てきましたよ。。。
森という神秘的な場所での幻想的なお話・・・
なんとも不思議体験をした気分です。
感性を刺激されますね~。ゾクゾクしました。
こんにちわ~ (隣の評論家)
2006-11-07 19:24:51
TB&コメントありがとうございました。
オルゴールなようでオルゴールではなかったのですねぇ ビックリしました。トリビア、トリビア。
私もcharlotteさんと同じく、初日の初回に渋谷で観ました。何とも不思議な作品でしたー。コレはコレで好きです。
TB&コメントをありがとうございました♪ (azamy)
2006-11-07 19:50:03
初めまして、こんばんは~。
私も初日の初回を観に行ったひとりです(笑)
とても不思議で謎に満ちた内容でしたけど、楽しく観ることができました。
映像が本当に綺麗でしたね。
ありがとうございます! (まんまる)
2006-11-08 09:05:43
charlotteさん>
隣の評論家さん>
azamyさん>
わ~、スゴイ!
偶然にもみなさん同じ空間・時間を共有されたのですね~!

やっぱり映画は劇場で観たいですよね!
私も早く劇場で観たいです~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エコール (シャーロットの涙)
公式サイトの秘密の扉はどうも夜に開く模様・・・ 1888年にドイツの劇作家フランク・ヴェデキントが発表した象徴主義的な短編小説「ミネ・ハハ」が原作のこの作品。 なんとも不思議で幻想的。イノセンス・・・純真無垢な少女たちのユートピア・・・すごく官能的 ...
エコール (映画通の部屋)
「エコール」 INNOCENCE/製作:2004年、ベルギー=フランス=イギリス
エコール (まったりでいこう~)
なんとも不思議な作品でした。現代のお伽話というかファンタジーというか、そんなふうにも思えましたね。
N0.178「エコール」(ベルギー・フランス・イギリス/ルシール・アザリロヴィック監督) (サーカスな日々)
少女たちの性から俗世界を隔離し、 純粋に生理的時間による変容に委ねるとしたら。 そそられるポスターである。 柔らか日差し。森の中。少女の後姿の腰から下。 白い上着とミニスカートの制服。 膝頭までくっつけた腿、そして極端なX脚のように片方の足先が開かれ ...
「エコール/Innocence」 (わが思うがまま)
公式サイト 監督・脚本/ルシール・アザリロヴィック
映画:エコール (駒吉の日記)
エコール@シネマライズ 「外に出たくない」 原題は「INNOCENCE」。森の中の5つの寮にそれぞれ6歳から12歳くらいまでの少女が住まい、年長さんから紫、青、紺、緑、黄色、オレンジ、赤と異なる色のリボンをつけています。棺のような箱に入れられてやって来 ...