Bobistic

いらっしゃいませ。珈琲のお供に戯れ言をどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜長と俺。

2012-10-06 04:32:54 | Diary
こんばんわ、夜更けにすみません。


どーも、
「今から偽物語を観るか小説を読むか、逆に目を瞑ってみるか悩む」Bobです。
えぇ、眠れません。

あ、本来であれば水曜日から仕事に復帰するつもりでしたが、
運転できねぇし夜がこんな調子で痛みのため眠れねぇしで、
もうちょっとお休みです。

まぁ、先週金曜日に退院はしたものの、
夜ご飯のあと痛み止めが早くきれちまう。
だから、眠たくなる頃に左手から心音くらいの痛みちゃんが
「ズキズキズキズキ ズキッズキー 折れているぅ~♪」
と、トンチの得意な小坊主のOPテーマが流れます(笑)
あぁ、結構な痛みなんですがね。
こうやって、気を紛らわすように何かしてるとまだ痛みも和らぎます。

本当はさ、痛み止めが効いてるうちに寝たいけどさ、
早めに布団入っても静かだと痛みだすんだよね。。。


( ´Д`)y━・~~


まぁここ最近は日中さんぽしてみたり、昨日はバスに乗ってみたり、
あと、ちゃんとリハビリも歯を食いしばりながらやったり。
それなりの日中を過ごしてるつもりなんだけどなぁ。。。

そして、今日、抜糸しました。
今までね、黒い糸で縫われてました(笑)
あぁ~やだな~、痛いのかなぁ~


(; ̄O ̄)

えぇ、ちょー痛かった!!
皮膚も一緒に切れたんじゃねぇかってくらい痛かった。。。

そして、そのあとの病院でのリハビリがさらに痛い。
手首の内側の腱が全部斬れちゃうんじゃないってくらい
痛かったです。

( ;´Д`)


なんか、妖怪「イタカッタイタカッタお化け」並に
痛かったを連発してますな。。
てか、他の表現したいけど、痛覚に対する語彙が少ないんです。
何故なら、痛みに弱いから。
身体が大きいと肝っ玉が小さいなんてのは周知の事実。
例に漏れず、俺も恐がりの部類です。
だから極力痛い事は避けたりすぐ治したりしてきたけど、、、
今回はひたすら真摯に向き合わなきゃならんとは。。
リハビリという名のお見合いにおいて、
「親戚の叔父から紹介された元々家族ぐるみで公私に渡ってゆかりのある名家の一人娘」
な痛みと向き合う。


言えねー
なかった事にとか、言えねー


(´Д` )


まぁ、自分の人生においては必要な通過点なんだと思い込み、
神様の試練的な何かだと思い込み、
もう少し頑張ります。



あ~痛い。




ではでは、
何か良いことあったりいいね!

Bobでした~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目と俺。

2012-09-28 14:28:10 | Diary
朝、3時から1時間ほど痛みと戦い、
4時には半ベソ。
「ロキソニン飲んでもいいですか?」とナースにコール。
痛いなら無理して我慢しなくていいのに、我慢してたんでしょ?
と、もうなんか天使目線からの一言に、看護職の素敵さ再発見(笑)

ロキソニン大先生の効果とプラシーボ的な色々で朝飯まで眠りました。

朝ごはんを食べながら、
「退院したら何食べようかな、カレーかなぁ♪( ´▽`)」
なんて考えながら退院準備して。
出された昼ごはんがカレーっていうミラクル(笑)(笑)


( ´Д`)y━・~~


本日14時ちょい前、無事退院しました。

まだ通院しなきゃだし、来週抜糸というイベントがありますが、
まぁまずは帰れることに多謝。
病院のスタッフ、お見舞いにきてくれた人、職場のみんな、
これを読んで少しでも俺の気弱加減に気付いてくれた皆々様、多謝多謝。


さ、コーヒー買いにいこう!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目と俺。

2012-09-28 09:22:56 | Diary
夜中~朝にかけて、眠れず。

少し効いてくれた筋肉注射も、もって2時間。

痛みを忘れよう忘れようと目を閉じて眠るけど、30分で起きちゃう。

そんな不毛な入眠と起床を繰り返して朝5時。
そとはまだ暗いですね!!


朝ごはんまでの時間を逆算しても、
なんとなく眠れる気配もないので、ただただ布団でゴロゴロゴーロゴロ。
もちろん、左手を切り取りたい衝動にちょいちょい駆られながら(笑)


朝ごはんを食べた後、イケメンDr.宗像登場。
包帯を外して患部を初めて見る。
縫合が生々しい6センチ。
Dr.宗像も良くわからない傷もあるという不安な現状!!
オプサイトだけにされた左手は、
自己動作にずいぶん欠けてる機関となりました。。。

お昼を食べて、薬剤師の研修生から話を聞いて、リハ。
なかなかリハの先生も面白い人で、
あっと言う間に30分もやったみたい。
とりあえず、自分で手を広げられるまでの道程は長いなぁ。。。


本日のお見舞いに来てくれたみなさま、
ありがとうございます。
このご恩はいずれなんらかの形でね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目と俺。

2012-09-27 14:08:43 | Diary
昨日の話。

朝から食事抜き。
点滴を10時からずっと打ちっぱなしなので、なんにも出来ずにただ寝るだけで、
14時半まで待機。

んで、看護士さんからそろそろ行くぞコール。
手術室、初めて意識あるまま入りました。
小学生の時の手術の記憶が薄い分、
今回の手術室は迫力満点!

そして、薬を入れられて2秒も経たずに眠りました。
気付いたらベットの上、自分の部屋。

そこから始まる地獄の痛みツアー
まぁ、自業自得なんだろうけどね。


一睡もせず朝を迎えた二日目。
筋肉注射の効いてる場所がなんか立体映像でわかるくらい、
痛みや感覚機関が超センシティブ!

そんな、術後の痛みを耐える夜でした。

半分きれてました。
「なんなんだよ、なんで痛いんだよ~」と。
ほぼ八つ当たりでした(笑)



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初日な俺。

2012-09-25 22:21:00 | Diary
消灯時間はとっくにすぎてます。


入院一日目。
言い知れない不安や疑問を抱えつつ、
ベットに横になり1時間。

寝れる気配がない(笑)


まぁ目を閉じてじっとしてると眠れちゃうんでしょうけどね~
まだ目を閉じれるほど身体も疲れてないんだろうな。
昨日までは仕事も午前中してたからね。
適度な疲れがあったけど。。。


今日は全く何もしてねぇしなぁ(笑)
少なくとも、明日の手術のためには早めに寝なきゃならないんだろうね。

( ´Д`)y━・~~


と、うなだれながらも懸命に明日事故のないよう手術終了できるように、
自分でも祈ります((((;゜Д゜)))))))

では、また明日!

何か良いことあったらいいね!


~1260号室より~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加