m-memo

渡辺美里さんfanブログ。ときどき文房具や旅のことなど。

■渡辺美里 M・Generation Tour 2017 7/14(金) 三郷市文化会館 ライブレポ(ネタバレなし)

2017-07-17 22:00:35 | ライブ 2016-
●渡辺美里 M・Generation Tour 2017
2017年7月14日(金) 埼玉県・三郷市文化会館 大ホール
※曲目は記載していません

【ライブレポ】

■ツアー3本目、埼玉県・三郷(みさと)市での美里のライブ !
このホールでのライブは2003年以来14年ぶり。

冒頭のMCで「三郷に帰ってきました! 渡辺美里です! 」と挨拶する美里。
ライブが決まってからは色々な知り合いに「美里が三郷に行ってきます」とさんざんメールしていたけれど、
いざ来てみると町のあちこちに「みさと」と付くものが溢れていてちょっとだけ照れ臭いとも(笑)。
私も「みさと」や「MISATO」と書いてあるだけで嬉しくなってしまい前回訪れた時もそうでしたが、
今回も駅のホームでパシャパシャと写真を撮ってしまいました(笑)。
(そういえば、普段は「サンキュー、金沢ー!! 」とか地名をそのまま言うことが多いのに、
三郷では「サンキュー、三郷市ー !!! 」と「市」付きで言っていたのも
ちょっとした照れかくしだったのでしょうか(笑))
ちなみに今回の三郷市でのライブは、三郷市の市制施行45周年記念の文化会館主催によるもの。
「三郷市だから美里だろう ! 」と、誰が聞いても分かりやすい人選をして頂いて嬉しい、と。

■今回もセットリストは記載せず、具体的なライブの内容は書けませんので
MCを中心にざっくり・・・なライブレポとなりますが・・・
セットリストについては私が観た初日・金沢と変更なし。
(2公演目の大阪にも参加した方によると今のところは3公演変更無いようです)
セットリストとしては変更無いけれど、1曲目のイントロ部分がちょっとアレンジされていた・・・ような。
※初日はとにかくドキドキしていたので記憶が曖昧で・・・間違いでしたらスミマセン。
それから中盤のとある曲も初日はサウンドエフェクトから入った記憶がありますが、
三郷では竹野さんのサックスから。(ただしこれも記憶違い・・・なのかもしれませんが・・・)

■金沢では2列目のほぼど真ん中で観ていて、初日ということもあり
どうしても美里ばっっっかり(笑)観てしまう自分がいましたが
今回は同じ2列目ながらも左端のほうでしたので、横のほうからバンド全体を見渡しつつ
音全体を感じることが出来ました。
そうするとライブがより楽しくて刺激的っ !
例えば、キーボード・真藤さんの姿がよく見えたので、スパムさんが抜けたバンドで
今まで以上に観客を盛り上げるような大きなパフォーマンスに感激したり、
本編ラストの曲でギターの設楽くんと真藤さんが笑顔で何度も何度もアイコンタクトを取っている姿に
こちらも嬉しい気持ちになっちゃったり、
バンマス・奥野さんを観ていると「あ、ここでこういう音を入れ込んでいるのか・・・」という発見があったり。
ある曲では美里のヴォーカルにバンドのほぼ全員(?)のコーラスが重なって迎えるエンディングに胸が熱くなったり。
(そのエンディングは金沢でもジーンとしていましたが、全体を見渡しながら観るとまた感動)
もちろん言うまでもなく、美里のパフォーマンスも素晴らしく。
同じセットリストで、前回からまだ一週間も空いていないのにやっぱり何度もグッときてしまうんですよね。

■MCの中で印象的だったのは、
夏の埼玉でのライブというとやはりスタジアムのライブを思い出し
初心に返るし、背筋が伸びる思いがする、と話していたこと。
そして、テレビの音楽番組にも呼んで頂くことも多く、それもとても有難いことだけれど、
自分にとっては汗までも共有できるこの空間が愛しい。
デビューしてからずっと、毎年欠かさずにみんなとこういう時間を共有できていることを誇らしく思う、ということ。
そう、そうやってずっと続けてきてくれている美里がいるからこそ、
ずっと聴き続けているファンも、「久しぶり」のファンも「ライブは初めて」というファンも
みんなが美里の歌に触れることができる、これってとても幸せ。

■さて、三郷公演の2日前は美里のバースデイでした。
この日ライブ前にベースのトミーが「よっこらしょっ」という感じで(←ちょっと話を盛ってる気もしますが(笑))
重そうな荷物を持って美里の前に現れた、と。
「米か !? 漬け物石か !? 」と思ったら(笑)、バースデイプレゼントにとバスソルトを、
しかも美里が普段使用していてちょうど切らしてしまい、「ライブ帰りじゃ買えるところないなあ」と
考えていた「エプソムソルト」をプレゼントしてくれた、とのこと。
全身の汗が出きってしまうくらいの量だ、と美里(笑)。

またアンコールでは、ある方から素敵なカードをもらった、と紹介。
カードに付いているボタンを押すと4種類くらいの夏らしい季節の音が聞こえてくる、素敵なカード。
それをくれたのはバンマスの奥野さん。
照れ隠しなのか奥野さんは、「東急ハンズに行って渡辺美里さんにプレゼントしたいと伝えて
店員さんに選んでもらった」と話してらっしゃいましたが(笑)。

奥野さんについては今回が美里バンド初参加ということで、
参加してもらったいきさつについても簡単に紹介。
昨年開催された1966年生まれのアーティスト達によるライブイベントで出会ったのがきっかけだったと。
その「66」グループの中で、奥野さんが美里バンドに参加していることをまだ知らない人もいるから、
もしも知ったら「えー、あの2人付き合ってたの !? 」と騒ぎになりそうで楽しみ、と言いつつも、
自分の言葉に照れたのか、「騒ぎにしたいんかっ !! 」と美里自らすぐにツッコミ(笑)。

■ライブのラスト、「これまでも沢山想い出は作ってきたけれど、
このメンバーと一緒にこれから新しい未来を作っていきたい」と話してくれた美里。
初日の時に私が勝手に感じたと思っていた未来を見つめる美里は間違っていなかったし、
美里とバンドの作り出す音、一体感、全てがキラキラしていてシビレるほどカッコ良くて。

バンマスの奥野さんはまだ3公演目だけれど、毎回違う景色が見える、とMCの中で話していて、
あー、美里とバンドはもうすでにすごく深く繋がっているんだなあ、と感じられましたし、
このあとのツアーの進化もますます楽しみです。

【バンドメンバー】
Keyboards:奥野真哉
Guitar:設楽博臣
Bass:井上富雄
Keyboards:真藤敬利
Drums:松永俊弥
Saxophone:竹野昌邦

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■渡辺美里 M・Generation Tou... | トップ | ■渡辺美里 M・Generation Tou... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む