◆白金台の正規時計専門店・ビジューワタナベ◆

質の高い腕時計・革製品にこだわってみませんか?
盛り沢山の「特典」も見逃せません。

250年の革新! 「ペキニエ・マニファクチュール」キャンペーンのご案内

2017年04月15日 13時50分19秒 | 日記
今年のバーゼルフェアはこれと言って話題になる新作はあまり多く無かったようですね。
今までのモデルに多少手を加えたり、文字盤の新色追加だったりと、マイナーチェンジが主流だったかと。

さて、本日は「ペキニエ・マニュファクチュールを試着してみるだけ!」キャンペーンのご案内です。



今やカタログがなくてもインターネットや時計雑誌で情報に困ることはないでしょう。
ネットの画像や商品説明でなんとなくわかった気になりがちですが、手に触れて時計の質感を確かめ、手首に乗せて大きさや厚みを感じないとその良さ(場合によっては自分に不似合い)は分からないものです。

ただし、単に時計を試着してください!と皆さんにお願いするだけでは魅力的なキャンペーンとはとても言えません。

ペキニエのキャンペーンは余裕をもって5月連休明けまで開催していますが、期間中の特典としてペキニエ・マニファクチュールをご購入のお客様には同じフランスの時計ベルトのマニファクチュール「ジャン・ルソー」のお好みに合わせたオーダーメイドベルトをプレゼントさせていただきます。

時計好きは革ベルトタイプ好きとよく言われますが、金属ベルトと違い本来革ベルトは消耗品で傷んだら容易に新しいベルトと交換ができます。
何よりも革ベルトタイプは時計本体に視点が凝縮されるのに対し、金属ベルトタイプは時計本体がぼやけ、どのブランドのものも同じに見えてしまいます。

革ベルトタイプはちょっとと思われる方のほとんどは、汗ですぐに傷む、匂いが付くからとの理由でしょうか。
また、経験された方もあるかと思いますが、いざブランドの純正品と交換しようと代理店に依頼しても、場合によっては数か月待ち、ベルトのカラーも2~3色に限定されてしまいます。

仮にベルトの色の選択肢がたくさんあり、自分の手首回りに合わせたサイズにでき、しかもベルトの裏側にシャークやラバーを貼って汗対策ができるとしたらどうでしょうか。



洋服を着替えるように、気分も新たにもう1本時計を購入したようなワクワク感がありませんか。

ちなみに、ジャン・ルソーのオーダーベルトは時計のラグ幅が17mm~21mmまでは51,300円税込、21mm以上になると60,750円税込と、極めて高価です。
それもそのはず、世界の時計ベルト界ではトップクラスのブランド、かのP・Pも製作を依頼しているとか。





流行を気にせず生涯使えて、場合によっては自分が生きた証として次の世代まで残してあげたい思うような時計をご検討でしたら、価格以上のスペックで革新的なムーブメントを搭載したペキニエ・マニファクチュールは後悔のない選択肢でしょう。





最後に、ペキニエ・マニュファクチュールについての心無いコメントにつき一言。

ペキニエ・マニファクチュールの革新的なムーブメント「カリブル・ロワイヤル」については、その開発当初から知っていました。

以前はペキネの名でお馴染みのフランスブランド。
先回のブログ「ケンドル」でもお話ししましたが、実用的な機械式時計の起源はスイス時計産業が確立される前のフランスです。
ブレゲもそうですね。

そして、フランス時計の復権のため、フランス唯一のマニファクチュールを目指し開発されたのがペキニエ・マニファクチュール。

そのプロジェクトを遂行するため、超高級時計も開発を依頼しているスイスきっての頭脳集団の優秀な時計職人を引き抜き、6年の歳月と膨大な開発費を費やしたのでした。



営利目的が至上命題のファンドに支えられた時計ブランドと異なり独立系ともなると、その巨額の開発資金を捻出する苦労は想像を超えるものがあるでしょう。

実際、この革新的な9つもの国際特許を持つムーブメントを開発する過程で資金ショートを起こしブランド存続危機に直面したことは周知の事実です。

その度ごとに面白おかしくコメントを書いている方々をお見受けするのですが、革新的なムーブメント「カリブル・ロワイヤル」の神髄を理解している時計ファンであれば、このムーブメントが消滅するとは思いもよらないでしょう。
どこの時計ブランドも喉から手が出るようなムーブメントなのですから。

むしろ短期的な決断を迫る資本に左右され、その開発・製作を外部に依存しているブランドのほうに将来に対する不安を抱くのですが。

  「ペキニエ マニュファクチュールを試着してみるだけ!」キャンペーン
    期間:2017年4月8日㈯~2017年5月7日㈰

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本初上陸「ケンドル」フェアのご案内!

2017年03月25日 16時24分38秒 | 日記


スイスに時計産業が栄える前、すでにイギリスでは世界の時計の半数が作られていました。

ご存知の方も多いと思いますが、スイス時計の起源は宗教改革により弾圧、迫害された知識階級の新教徒(プロテスタント)が難を逃れるためにスイスやイギリスに亡命したことから始まっています。
時計はドイツやフランスで1つの産業となり、宗教改革を契機にイギリス、のちにスイスへと変遷していくのです。

一般には世界最古のブランドがスイスのブランパンそしてバシュロン・コンスタンタンと言われていますが、当時は時計は一部特権階級のための贅沢品にすぎず、スイスで産業として確立されたのはそれから数十年も後のことです。
一方、イギリスでは大英帝国の名のもとに帆船で世界をまたにかけた大航海時代の後期の時代でした。
そして、その帆船に設置されていたのがマリンクロノメーター。
正確な時間をもとに緯度、経度を計測し航海の安全に多大な寄与をしたのです。



ちょっと話が固くなりましたが、今回ご紹介する「ケンドル」はスイス創成期のブランドよりさらに古く、創業1742年。
その時代に活躍した探検家であり船長であったキャプテン・クックの大航海にマリンクロノメーターとしてお供したのです。
その帆船に搭載されたマリンクロノメーターがラーカム・ケンドル「K1クロノメーター」。



その後、ケンドルのクロノメーターはK2、K3と進化していきました。
現代に蘇った「ケンドル」は、良き時代のクロノメーターを彷彿とさせるレトロで温かみがある時計です。









凝りに凝った作りで、文字盤にはマザーオブパールが使用され、針の形状はまさに良き時代の装飾針。
驚くなかれ!
時計の裏蓋には厚手のサファイアガラスが敷き詰められ、手に着けた時にサファイアガラスに光が入り、まるで海に浮かんだ時計のようです。





最近の時計が、華やかではあるが無機質なものが多い中、久しぶりに大事に使いたい時計を見つけました。







さあ!ケンドルの時計を着けて18世紀の冒険の世界へ旅立ちましょう!


※このブランドはまだ日本に数本のみの入荷ですから、常時店頭でご覧いただくことはできません。
フェア期間中に是非ともご覧ください。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボンバーグの取り扱いを始めました!

2017年01月21日 18時44分25秒 | 日記
以前より海外でのインスタグラムの露出が多く個性的で面白い、気になっていたブランドがありました。
その名も「ボンバーグ」
ここ数年大ブレイクした日本発信のブランド「G・M」の2番煎じかよ、と揶揄する人もいるでしょう。
ネットの画像ではわかりずらいのですが、作り込みが全く違います。



それもそのはず、スイス時計産業発祥の地であるヌーシャテルで誕生した本格的なスイス時計だからです。
その割に価格は良心的な10万円台後半から、自動巻クロノで40万円ほどまで。

次の写真を見てください。





ボンバーグは簡単に本体の取り外しができ、付属のチェーンを付ければポケットウオッチに早変わり。
別売りですが、手りゅう弾を模したテ-ブルスタンドに本体を設置すればテーブルクロックとしても使える優れものです。





今後、雑誌等で露出する機会も増えるかと思いますが、まだボンバーグの取り扱い店舗はほとんどありません。
実は昨年日本に上陸したのですが、先取り好きの日本橋にある某T百貨店が半年間の独占販売をし、今年1月からやっと取り扱いができるようになったからです。





デザインも様々で雑誌レオンが好んで取り上げそうな、ちょい悪ぎみなモデルもたくさんあります。



ポケットウオッチで使うチェーンもモデルにより様々。





また、私が個人的に大変気に入っているのが時計とは別のよくできたアクセサリーシリーズ。







ちょっと勇気がいりますが、オフには思い切ってこんなブレスレットも付けてみたい。



くれぐれも申し上げますが、仏事には付けないでください。
冗談ですが。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ時計「シャウボーグウオッチ」 新作紹介 その2

2016年11月26日 19時23分05秒 | 日記
東京は一昨日予報通り午前中から雪になりましたね。

さて、前回の続きでドイツ時計「シャウボーグウオッチ」の気になったモデルをご紹介しましょう。

まずは「ディスク」



文字盤が3層の円形文字盤からなり、外側から時間、分、秒の順にそれぞれ異なる回転をします。
7時40分29秒ぐらいでしょうか。
見方に慣れるまで少し時間が読み取り難いかもしれませんが、視認性よりそれぞれの円形文字盤の動きを見ているだけでワクワクします。
一生懸命時間を読み取ってあげたい!そんな気持ちにさせる時計です。



ケースバックの細工も凝っています。
近頃の機械式時計はケースバックをスケルトンにしているものは珍しくありません。
一般には見落とし易いのですが、ブランドのロゴマークや数字の刻印を見れば職人の手がどれほど加わったがわかります。
簡易なレーザー刻印とは訳が違うのです。
これだけの作り込みで148,000円税別は踏めますね。




次も同様の機能のモデル、「ディスク・ミスティックBPVD」



この時計はもっとシンプルに、1枚のミラー状の文字盤が12時間かけて1回転します。
時刻と分を同時に表示する、いわゆる〝1本針″と同様の原理です。
先ほどのモデルよりさらに時間の読み取りはアバウトですが、シンプルな黒文字盤に赤くて短い秒針がせっせと回る姿に思わず見とれてしまうのです。
静に動の絶妙なバランスです。

価格が166,000円税別とこれまた魅力的ですね。



次に、シンプルな500mダイバー「AQM4」です。



一見普通のダイバーウォッチですが、暖かみと安心感があります。
スーパールミノバをたっぷり使った時間、分の刻み(インデックス)と針、その年期の入ったような独特な色使いが時計に落ち着きと頼れる安心感を与えているのでしょうね。
価格は175,000円税別ですが、持った時のずっしりとしたケースの質感、作り込みの良さは価格以上。



最後に、ベーシックな「アーバニック」



シンプルな3針時計ですが、シンプルだからこそケース両サイドの細工が生きています。
ねじ込みリューズで10気圧防水、ビジネスでもオフでもどんな場面でも使えそうですね。
こうした時計は使えば使うほど味が出てくる気がします。
価格は180,000円税別



いかがでしたか、ドイツ時計「シャウボーグウオッチ」?
改めてつくりのすばらしさと、どこよりも良心的な価格設定に敬服します。
時計を愛する作り手の労を惜しまぬ職人魂がひしひしと伝わってきます。

「シャウボーグウオッチ・フェアは12月4日(日曜)までとなりますので、作りの良さを触って確かめてください。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャウボーグウオッチ しっかり作り込まれた良い時計です!

2016年11月23日 19時49分53秒 | 日記
東京は今晩から明朝にかけて何十年目かの雪になるかもしれないそうな。
私の記憶の中では11月に雪が降ったことは覚えがありません。
ちょうど今日クリスマスの飾りつけをしたので違和感はないのですが。


さて、本日は12月4日まで開催していますシャウボーグウオッチ・フェアのお薦めモデルをご覧いただきましょう。



シャウボーグウオッチはドイツの独立系時計ブランド。
独立系って?
ご存じない方のために少し説明しましょう。

現在のヨーロッパ時計産業は大きな資本に抱えられた時計ブランドと、そうした資本に属さず物作りにお金の力で口を挟ませず独自のブランドポリシーを貫く時計ブランド、いわゆる独立系時計ブランドに大別できるでしょうか。
独立系のブランドはそもそも豊かな資金があるわけではない故、大量生産には馴染みません。
むしろ代々時計家業を継承するファミリー企業が多いでしょう。
そこには長い年月をかけて培ってきたブランドポリシーを守り、進化させて次の代に伝えていこうとする職人気質が生きている世界です。

皆さんの頭に浮かぶ時計ブランドは、そのほとんどが資本に抱えられたブランドです。
その企業戦略は、大きな資金と売り上げの数十パーセントを広告宣伝費に投下し、あらゆる雑誌に絶えず広告を打つことにより万人にブランドを刷り込む手法です。
誰しも時計に深い造詣があるはずもなく、ある意味常に目に触れるものが良いものだと錯覚してしまうのも無理はありません。

最近、少しづつではありますが、人と同じものを持ちたくないと感ずる方々が増えてきているような気がします。
こうした考えをお持ちの方には独立系の時計ブランドがお薦めでしょう。
どこの時計売り場を見ても同じ商品が同じディスプレイで並び、片や量販店では同じものが何十パーセントもディスカウントで売られている現実。
一体どれほどの量が生産されているのでしょうか?
価格は妥当なんでしょうか?

まずはアーバニック・ダブルムーン



文字盤の上下に2つムーンフェイズがあります。
しかもそのお月様は写真を撮ったかのように写実的に描かれています。
北半球から見た月、南半球から見た月、そのいずれも見られるのです。
時計ファンには1つは欲しいのがムーンフェイズ付きの時計。
数ある時計ブランドでもこんなムーンフェイズは見たことありません。
価格は68万円+税と、良心的な価格でしょう。



次にパレオンオロロジー・スケルトン



近頃できの悪い低価格帯のスケルトンは数ありますが、本格的なスケルトンの時計はほとんど無く、また目が飛び出るほど高価です。
スケルトンはただ単に機械を透かして見せるだけではなく、それぞれのパーツがひとつづつ手をかけ美しく装飾されています。
手間暇かけて丹念にパーツを仕上げていくため、その労力とコストは計り知れないのです。
私が知る範囲では100万以内のスケルトン時計でこのモデルに勝るものはないでしょう。
とにかく美しい。
価格は38万円+税と、素晴らしい作り込みです。




次にご紹介するのがレギュレーター



時計通ならご存じレギュレーター
時間と分を異なるダイヤルで表示し、本来は分の計測が一目で見やすいように考えられた機能です。
驚くなかれ。
このレギュレーターの左上下の扇型は30秒ごとに下から上に連動するダブルレトログラード。
こんな手の込んだレギュレーターは見たことがありません。
レギュレーターで有名な某ブランドは、普通のレギュレーターで限りなく100万円に近い価格です。






このモデルはというと、その価格はなんと37万円+税。
驚きです。

文章が長くなりすぎましたので、お薦めしたい他のモデルは次回にご期待。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加