新たなジュエリーコレクションの提案

女性がもらって嬉しい贈り物リストにほぼ100%財布がランクインするぐらい、良い財布は外さないアイテムだと思います。

彼女からのプレゼントであると言う

2017-05-28 10:38:36 | 日記
 一流ホテルにあるフランス料理店に行ったときのことである。席について料理を選んだあと、彼女は「ちよっと失礼」と言って席を立った(「どこへ行くのか」と聞くような野暮な彼ではない)。

 食前酒を飲んで話をしているとき、突然彼女が、「今日は記念すべき日だからプレゼントがあるの」と言い、目をつぶってくれと言う。目を開けると、目の前に極上のシャンパンがクーラーに入れて置いてある。彼女からのプレゼントであると言う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模様替えに意欲がわくシーズン

2017-05-18 11:11:38 | 日記
春は気持ちも新たに、模様替えに意欲がわくシーズン。けれど、新生活のスタートを控え、なにかとイベントが多いタイミングであることも事実です。リフレッシュはしたいけど、今年は忙しくてそれどころじゃないし、具体的にどうすればいいかアイデアも浮かばない・・・という人も多いのでは?そんなときは、食卓にちょっとしたアレンジを加えてみるのも手。

中でも、朝食で使用するプレートやカップを新しいものにしたり、ランチョンマットを明るい色に変えたりなど、ちょっとした変化を加えるだけで、リフレッシュした気持ち良い一日をスタートできるのでおすすめです。朝のテーブルが春らしくおしゃれな印象に変わり、朝食が楽しくなることで、きちんとした食生活を心掛けるきっかけになるかもしれませんね。

春らしいステキなデザインというだけでなく、普段使っているアイテムとの相性も重要なポイント! それに、購入したからには、長く愛用していきたいですよね。そんな理想を叶える、シンプルだけどちょっと味のあるアイテムを探すなら、バリエーション豊富に食器やテーブル用品が揃うニトリがおすすめ。

今回は「朝の食卓」をテーマに、ニトリで選んだアイテムをちょい足ししたアレンジ術をご紹介します。

慌ただしい毎日の朝も、いつもより遅く起きた休日も、ホッと一息つける朝食をニトリのテーブルアイテムでおしゃれに演出してみませんか?

トーストとフルーツヨーグルトは忙しい朝の定番メニュー。いつもの白プレートとプチボウルのコンビにちょい足しするなら、テーブルクロスよりも使い勝手の良いランチョンマットがおすすめ。1枚置くだけで空間の雰囲気がガラリと変わり、お手入れもしやすくて便利なアイテムです。

春らしいパステルカラーのマットには、ゴールドのカトラリー(食卓用のスプーン、ナイフ、フォークなど)がよく似合います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主催者に対する大切な配慮である

2017-05-08 11:02:32 | 日記
しかし、忘れてはならないのは、招く側としては、当然のことながら、出席してもらいたいと思って招待状を送っている点である。その主催者の意思に対しては、真挙に応えなくてはならない。

出席すると返事をしたにもかかわらず、緊急の事態で、出席できなくなったようなときは、電話やフアクスなどで、できるだけ早くその旨を連絡する。「おおぜいの人が集まる会だから」と、放置してはいけない。主催者に対する大切な配慮である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつもは忙しいので、なかなか今日のようにできるとはかぎりません

2017-04-27 10:49:38 | 日記

「いつもは忙しいので、なかなか今日のようにできるとはかぎりません」などという答えが返ってくるだろう。事実を認め、率直にうれしい気持ちを表明すれば、それに対応した率直な気持ちが返ってくる。

皮肉まじりに言われると、身構えて自分を守ろうとする消極的姿勢になる。以前は、遠隔の地の人を訪ねるとき、必ず手みやげを持っていったものだ。自分の土地特有の産物など、相手にとっては珍しいものを、遠路はるばる持ち運ぶ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女優の太もも修正? カンヌ映画祭ポスターに批判の声

2017-04-17 10:40:30 | 日記
今年のカンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の公式ポスターに使われたイタリアの女優クラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale)さんの写真に、太ももを細く見せる加工が施されているとの疑惑が浮上し、批判を生んでいる。

 写真は1959年に撮影されたもので、伊ローマ(Rome)の建物の屋上でスカートを翻すカルディナーレさんを写している。

 フランスメディアは、この写真に修正を加えたとみられる同映画祭を批判。左派日刊紙リベラシオン(Liberation)は「カルディナーレはたった一回転で服のサイズを落とした」と皮肉った。

 文化情報誌テレラマ(Telerama)は人気女優であるカルディナーレさんの全盛期の写真をなぜ修正する必要があったのかと疑問を呈し、「ポスターは素晴らしいが、写真は太ももを細くするため、嘆かわしくもはっきりと修正されている。なんとも残念だ」と断じた。

 ソーシャルメディアの反応も同様に批判的で、あるツイッター(Twitter)ユーザーは「クラウディア・カルディナーレでさえもが修正なしに美の象徴となれないのなら、大問題だ」と投稿。国内の女性団体からも写真加工を批判する声が上がっている。

 だがカンヌ国際映画祭でディレクターを務めるティエリー・フレモー(Thierry Fremaux)氏はAFPの取材に対し、ポスターは「とても好評を得ている」と語った。

 一方、現在78歳のカルディナーレさんは、映画祭側が発表した声明の中で、カンヌ映画祭70周年記念ポスターを飾るのは名誉なことだと言明。「あの写真が選ばれてとても嬉しい」と語っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加