蟷螂の独白

世に背を向けた蟷螂です。´17年1月に僧帽弁閉鎖不全と診断され、2月末にニューハートで弁形成の手術を受けました。

スタチンで肌が!

2017-06-14 23:53:03 | 弁膜日記
リピトールを飲みはじめて早4ヶ月。最近肌がガサガサになってきました。顔などはガサガサすぎて、皮膚がポロポロ落ちてきます。腕の皮膚などは白く粉を吹いたようです。かくなるうえは渡辺先生に聞こう。そう思い、抗凝固薬の件もあわせて問い合わせのメールを不躾ながら送りました。もちろん一リスナーとして、TBS.ラジオの『渡邊剛の週末ハートカルテ』で質問しても良いのですが、心臓とは違うので、メール外来にしました。すると、およそ30分も待たずに折り返しのメールが届きました。イグザレルトはもうやめてもいい、肌はは皮膚科に診てもらいなさいとのことでした。納得のお返事です。明日からきっぱりイグザレルト、やめます。で、よく考えたら、同居人が『六号通り診療所長』(今は藤クリニックですが)の健康教室で、スタチンを服用するときはコエンザイムQ10を一緒に飲むといいと言われたことを思いだし、ネットで検索するとありました。スタチンはコレステロールを作る機能を消失させるのでコエンザイムQ10を服用した方がいいというサイトがヒットしました。直ぐに同居人のコエンザイムQ10を1カプセル奪い、アマゾンで60日分を1クリックでオーダーしました。返す刀で紅麹も注文です。スタチンの原料らしいので、スタチンもやめて紅麹で代用です。あとは抗凝固薬をどうするかです。渡邊先生には申し訳ないのですが、脳梗塞が怖いので、半錠カプセルに入れて服用することにしました。主治医は抗凝固薬を6ヶ月服用とおっしゃったので、なかをとって半錠です。明日から実行しますが、もし、blogが途絶えたら、何かあったと思ってください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんでも鑑定団、やりました | トップ | 本日皮膚科行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

弁膜日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL