蟷螂の独白

世に背を向けた蟷螂です。´17年1月に僧帽弁閉鎖不全と診断され、2月末にニューハートで弁形成の手術を受けました。

左の中指に異変

2016-10-25 00:56:40 | 徒然
扉に左手の中指をしこたま挟んだら、関節が伸びなくなった。つまりほぼ曲がったまま、伸びきらなくなったのだ。あまり不自由は感じないが、やはり伸びきらないと困るときもある。伸びるつもりで手を広げると、中指だけが伸びきらない。無理に伸ばそうとしても固まっているらしく、伸びない。こうして人はからだの隅の方から不自由になっていくのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地に墜ちたノーベル賞 | トップ | 信用金庫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無理にでも伸ばした方が… (ふかさん)
2016-10-25 21:03:49
蟷螂の独り言 さん
骨が折れていなければ、無理にでも伸ばした方がヨイのでは?素人ですが、私の指も曲がったまま固まってしまいました。無理に伸ばすと痛い、接骨院へ行くとどんな治療かしら、毎日通うのかしら、と思っている内に時間が経過し固まってしまった様です。折れた方が良かったのに…何てプロに言われて。
Re:無理にでも伸ばした方が… (bickri)
2016-10-28 01:27:31
先日、クリニックへ行った帰り、靴を履こうとして指を差し込んだら飛び上がるほど痛かったので、整形で診てもらおうと思ってます。でも、近所の整形は藪なので悩んでいます。とりあえず、指を伸ばす努力をしてみます。折れたらそれはそれで問題ですね。生まれてこのかた、骨折をしたことがないので、折れたときの痛みを想像しただけで、寒くなります。

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL