何でも発言

世の中について、いろいろな事について考える。違う意見、違った方向からの捕らえ方も大いに歓迎したいと思っています。

郵政民営化、或いは見直し。。一体誰の為?

2010-05-28 22:26:35 | Weblog

郵政は何故金融までとりあつかうのだろう?
そこから疑問。
郵便事業だけならこれまほど議論にならなかったのかもしれない。
郵便は国営でいいよね。 郵便を民営でやっている国なんてないんでない?

地方の人にとって郵政民営化になって困ったのは郵貯。
大事な年金の引き出し手段でしょ。
地方には特別郵便貯金扱い所を指定するか、郵便局員が代行業ができるようにすれば
郵便事業は国営でして、郵貯は民営となるように思う。

誰の為の郵政民営化、郵政見直しなんだか。
どちらの法案にころんでも国民の為の法案じゃないと思うよ。
2000万円まで限度を引き上げるなんてお金持っている人の為であり、
そのお金を将来国債発行に期待した政府の為でしょ。
あるいは、民営化にするのは郵便貯金で眠っているお金を消費して欲しい政府側の目論見や民営の金融機関に流し込んで欲しいとかという企み。

地方の市民に最低限資金を確保する為の手段とは誰も思っちゃいない。

国会でもめている連中達、どっちの組も応援できないです。。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島さん「男に二言は無い」... | トップ | 世界の状況  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。