bebeの気まぐれ日記

ようこそ、bebeの気まぐれ日記へ。

私らしく、心のままに、日々のできごとを綴ります。

2016年10月家族旅行2

2016年10月18日 | おでかけ
旅行記続きます


鳥羽水族館
 
リニューアルオープンされたのか、随分キレイな施設

日本で唯一ジュゴンを展示しているそうです


小学生以下を対象にしたゲームがあったので挑戦


ハロウィンな水槽


天井も見応えアリ
 

色とりどりのお魚が優雅に泳いでました
 

チョウザメの一種 卵はキャビアになるとの説明書きが


ドクターフィッシュ

手を入れると小さい魚が寄ってきて指を突くのがこそばかった ←tontonは怖くて手を入れることができず

岩にあごを乗せてお寛ぎ中のワニ 

このダラけ具合、結構好き

ペンギン

水槽から水が溢れるので、必死に泳ぐ姿が可愛かった

触れ合える水槽 タコやエイを触るmeica、その横で怖くて手を入れることができず見てるだけのtonton
 

ジュゴン

とても人魚伝説のモデルになったとは思えない 愛嬌はあるけど

シードラゴン


カピバラ


名前忘れちゃった
 

ウツボの大群

我が子達、鉄腕ダッシュが好きで、テレビで見たウツボ情報をいろいろ教えてくれました(笑)。


「うなぎ」かとおもいきや「アナゴ」


伊勢エビ&カニ
 

tonton:「高級食材

bebe:「旅館の晩ご飯に伊勢エビ出るで

この水槽には高級魚がたくさん泳いでました
 

meica:「この水槽で釣りしたい…。」

最近、釣りにハマっているbebe家

こんな大きなお魚が釣れたらテンションあがるやろね

両生類・爬虫類が展示されてるコーナーでtonton顔色真っ青

「気持ち悪いから早くこの場所から出たいと素通り


子ども達のいろんな顔が見れ、楽しい水族館見学でした


そして、


鳥羽水族館のお隣は「ミキモト真珠島」
 

水族館も真珠島も修学旅行で行ったけど、こんなに近い位置関係だったのか

真珠島で海女さんの素潜りショーを観たのは鮮明に覚えてる


次の目的地は…


二見興玉(ふたみおきたま)神社
 



夫婦岩
 

ここも修学旅行で訪れたんだけど、こんなに近くで見れたっけ?

大しめ縄がどうやって運ばれ、かけられたのか気になる子ども達

「泳いで運んだらしめ縄濡れるやん」「ボートで運ぶ?」かけられる様子をあれこれ想像してました

後日、調べたところ…

男岩は高さ9m、女岩は高さ4m。

夫婦岩を結ぶ大しめ縄は1本の長さ35mで男岩に16m、女岩に10m張られ、その間は9mとのこと。

大しめ縄は年に3回(5月5日・9月5日・12月中旬)張り替えられるそうです。

知らなかったなぁ…。海水で大しめ縄の損傷が激しいのでしょうね…。


ちなみに、


この場所「ポケモンGO」でレアポケモンがゲットできるらしく、夕方なのに結構な人

みなさん神社前の海岸の石段に座わり、スマホ片手にゲームしてました


それから、

鳥羽市から志摩市までを結ぶパールロードを走り、鳥羽展望台で寄り道

展望台からは太平洋が一望でき、渥美半島・神島・安乗岬・大王崎のほか、

天候次第で富士山や日本アルプスまで見通せるそうです 私達は見えませんでしたが
  

鳥羽市出身の鳥羽一郎・山川豊兄弟の楽曲「兄弟酒」の歌詞が刻まれた本の形の石碑



以上、伊勢・鳥羽編でした

私達が子どもの頃の修学旅行コース巡りができて懐かしい気分になりました



家族旅行記まだ続きます











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年10月家族旅行1 | トップ | 2016年10月家族旅行3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む