Ayako's wai wai room2003~2015

趣味の自転車生活を始め、日常の何気ない喜びを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008/11/3(祝)頸城の秋オフ(2日目)

2008-11-06 | 2008自転車生活
2008/11/3(祝)

愛の七曲がりにて

菖蒲高原

野々海峠

7:00 朝食(厳守)
8:30 出発予定。
朴の木→(市道)経塚峠→(国道405)菖蒲→(県道348)菖蒲高原牧場→(林道)野々海峠・深坂峠→(林道)松之山温泉→(いろいろ)海老
→(市道)池之畑→(県道350)松代
16:00 到着予定

さて、初日は「愛の七曲がり」の分岐で、ザックをうっかりサイクルコンピュータの上に載せてしまったおかげで、記録が消えてしまいましたが、調べたところ、だいたい60キロくらいでした。

ちなみに、この3日間のオフのうち、私が参加したのは2日目と3日目だけということもあり、他の人の2日目の記録を伺ったところ、90キロ超だったとか、道理でお宿になかなか高地さんたち一行が帰ってこないわけです^^;

そして、オフ3日目の朝(私にとっては2日目ですが)、お天気は曇り。総勢9名でのツーリングが始まりました。

朴の木(ほおのき)の愛の七曲がりからの下りでは、「あーっ」と高地さんの後ろを走る皆が声をあげ、「何かこぼれた!」と後輪の下に白いものがぱーっと転がり落ちるのが見えました。なんと、前日高地さんが道の駅で買ったおかきが、袋からこぼれ道に広がったのでした。あたりはお醤油の香りが広がり、後片付けをしてから出発です。ちょうど民家の軒先に外帚があったので、ちょこっと拝借して道の端に片付けてから出発となりました。

いい眺めだなぁ、と思いながら、ちらっちらっとだけ景色を見ながら下ります。下りきって、途中道の駅で小休憩しました。ここでは何も買わなかったのですが(このあとの行程を考えると荷物を増やしたくなかったので^^;)、kiyonagoさんのソフトクリームをちょこっとお裾分けでいただいたり、前日寄ったダンケさんのパンがここでも販売されていました。

菖蒲から菖蒲高原牧場への道は、peromiさんが先日私が龍勢祭りに行っていた日に、一人で走りにきていた場所という事もあり、よく知っている様子だったので、幹事の高地さんの前に出て、二人で先に少しおしゃべりしながら走っていました。

さて、分岐の橋では、ちょうど工事中の看板がかかっていて、地元のおじいさんに聞いたところ、「あそこの橋から行けるよ」と奥の橋を教えてくださり、高地さんたちが来た時にそのことを話すと、「どうかなぁ」「GPSで見ると道あるみたいだよ」と、大丈夫かな?とちょっと心配になりながらのぼって行きました。

菖蒲高原牧場到着。ここまでの上りは、各自マイペースで、途中先攻されたtoshさんたちは、坂の途中で休憩していましたが、私は足を休めると、少しきつくなりそうだったので、ここは降りずにそのまま進む事にし、少し頑張りました。

菖蒲高原でも結構上った気がしたのですが、これで終わりではありません、ここからさらに野々海峠へと上って行くのです。
菖蒲高原牧場に見えた赤い屋根が、標高を上げるたびに、小さく小さくなって行きました。高地さんの言う通り、本当に来て良かったと思える絶景でした。

その後下りのダートでは、ロードのため、少し降りて押したりしないといけない小石軍団がいっぱいでしたが、誰一人パンクすることなく(本当にヒヤヒヤでした)通過しました。近くの看板には、山へ入る時の注意事項や、この辺りでは地元の人でも嫌う複雑な地形であることが謳われていて、改めて気を引き締めさせられました。

深坂峠(みさかとうげ)では、晴れていたらきっとすごい歓声があがるだろうな~と思うような、見晴らしの良い場所にあり、ここで宿の女将さんが作ってくれたおにぎりをいただきました(すでに2個食べちゃったあとでしたが^^;)。ハートのおにぎりは愛を感じましたよ~。

途中わき水ポイントで水を汲んだり、写真を撮りながら慎重に下って行きます。熊情報もあった大厳寺原牧場までの道では、鳥の羽がむしられた跡をみたり、少し動物のにおいがして、ベルを鳴らしながら、進みました。

今回は宿から荷物をほとんど宅急便で送ってしまったので、rikoさんからいただいたサコッシュに必要なものだけ詰めての帰路でした。寒さ対策にはフリースとウィンドブレーカーの組み合わせで十分暖かく下る事ができました。

松之山温泉到着。ここでトイレ休憩と、コンビニで暖かい飲み物を買って一息入れます。どうも雲行きが怪しいので、まっすぐ今回はまつだい駅へと向かう事になりました。

基本は下り基調とのことでしたが、時々アップダウンがあるため、ウインドブレーカーだけしまって、走る事にしました。池尻の交差点に来たとき、前日通る時に確認した場所だ!と気がつき、駅まではもうすぐと確信しました。

途中、高地さんの自転車から何か落ちたのを少し探しに戻ったくらいで(結局見つからず)、無事まつだい駅到着。

時間:3時間57分59秒
距離:54.89km
平均速度:13.8km/時
最高速度:49.1km/時

peromiさんとお土産を買いに行って、あんぼもちを買いました。翌日会社で配ったら結構人気でした。
私が食べたのは大根の葉と唐辛子が入っていて、白いお餅の中に、おやきの具が入っているような味でした。よもぎのほうは、甘い餡入りでした。

帰りのほくほくせんでは、peromiさんとご一緒させていただき、楽しいおしゃべりをしたあと、外を見ると雨。早めに撤退して大正解でした。新幹線の乗り換えで、流れ解散のようになってしまったのですが、ちょうど大宮まで座る事ができ、ゆっくり過ごす事ができました。

また遊びに行きたい場所が増えました!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頸城の秋オフ(初日) | トップ | イルミネーション »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (taki)
2008-11-07 07:15:03
おはようございます。
先日はお疲れさまでした。
お土産、ぼくは道の駅でささぎ豆(パンダ豆)というのを買い
家へ帰ってからネットで調理法を調べ、つくってみました。
和風デザートですが、甘納豆みたいに美味しくできました。

ttp://cookpad.com/recipe/515716
お土産 (ayako)
2008-11-07 10:04:52
takiさん、おはようございます
>お疲れ
こちらこそ。それにしても、takiさんの小径車もよく走りましたね。
>パンダ豆
ありましたね、パンダ=takiさんって思ったのでイメージにぴったり♪
>美味しく
いいですねぇ。
今度は道の駅でお土産を買ってから荷物を送ろうと思います^^

余談ですが、試供品でいただいた安塚の塩、こちらも好評でした♪
Unknown (riko)
2008-11-08 18:59:46
出遅れましたが、ayakoさん、お帰りなさい(^^)/
サコッシュだけでもご一緒できて、光栄です♪
頸城、行ってみたいな~

一人でアプローチも楽しいですよね。
目的地で仲間に無事合流できると、すごく嬉しい。

Unknown (ayako)
2008-11-09 17:11:11
rikoさん、こんばんはー
>サコッシュだけでもご一緒できて、光栄です♪
結構大きいねって評判でした。
>頸城
今度はご一緒できるといいですね~
>一人でアプローチ
なかなか珍道中でした^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。