書の歴史を臨書する

古今の名磧を臨書、最近は米フツ。
時折、気の向くままに漢詩や詩、俳句などを勝手気侭に書いております。

甲骨文字 飲

2016-07-23 18:07:00 | Weblog
 
甲骨文字 飲
 甲骨文字 飲 甲骨文字 飲 甲骨文字 飲飲酒器に向かい人が口を開けている様だそうだが、そんな気もする。 ...&g...>続きを読む  ...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨書   説文解字序頁 趙之謙書(十四)

2016-07-08 18:04:01 | Weblog
 
臨書   説文解字序頁 趙之謙書(十四)
 臨書   説文解字序頁 趙之謙書(十四) 臨書   説文解字序頁 趙之謙書(十四)朝庭,君子...>続きを読む  ...>続きを読む  ...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習作  王維詩「鹿柴」

2016-07-07 18:07:05 | Weblog
 
習作  王維詩「鹿柴」
 習作  王維詩「鹿柴」 習作  王維詩「鹿柴」習作  王維詩「鹿柴」空山不見人但聞人語響返景入深林復照青苔上  鹿柴(ろくさい)&a...>続きを読む......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習作  王之渙詩 涼州詞

2016-07-04 19:04:31 | Weblog
 
習作  王之渙詩 涼州詞
 習作  王之渙詩 涼州詞 習作  王之渙詩 涼州詞習作  王之渙詩 涼州詞黄河遠上白雲間一片孤城万仭山羌笛何須怨楊柳春光不度玉門関 黄河 遠く上がる 白.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習作  王之渙詩 涼州詞

2016-07-03 18:22:12 | Weblog
 
習作  王之渙詩 涼州詞
 習作  王之渙詩 涼州詞 習作  王之渙詩 涼州詞習作  王之渙詩 涼州詞黄河遠上白雲間一片孤城万仭山羌笛何須怨楊柳春光不度玉門関 黄河 遠く上がる 白.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

般若心経 20

2016-06-19 18:08:56 | Weblog
 
般若心経 20
 般若心経 20 般若心経 20...>続きを読む  ...>続きを読む  ...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

般若心経 16

2016-06-11 18:07:23 | Weblog
 
般若心経 16
 般若心経 16 般若心経 16...>続きを読む  ...>続きを読む &nbs...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

般若心経 15

2016-06-10 18:08:01 | Weblog
 
般若心経 15
 般若心経 15 般若心経 15...>続きを読む  ...>続きを読む &nbs...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

般若心経 20

2016-05-26 18:27:24 | Weblog
 
般若心経 2
 般若心経 2 般若心経 2...>続きを読む  ...>続きを読む  ...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨書  趙 孟フ書 楷書玄妙観重脩三門記巻12

2016-05-24 18:05:15 | Weblog
 
臨書  趙 孟フ書 楷書玄妙観重脩三門記巻12
 臨書  趙 孟フ書 楷書玄妙観重脩三門記巻12 臨書  趙 孟フ書 楷書玄妙観重脩三門記巻12...>続きを読む  ...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加