書の歴史を臨書する

古今の名磧を臨書、最近は米フツ。
時折、気の向くままに漢詩や詩、俳句などを勝手気侭に書いております。

習作  張九齢詩 感遇

2017-04-24 18:01:58 | Weblog
 
習作  張九齢詩 感遇
 記事のタイトルを入力してください(必須) 習作  張九齢詩 感遇 孤鴻海上来池膜不敢顧側見雙翠鳥巣在三珠樹矯矯珍木顛......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習作  張九齢詩 感遇

2017-04-22 18:41:57 | Weblog
 
習作  張九齢詩 感遇
 習作  張九齢詩 感遇孤鴻海上来池膜不敢顧側見雙翠鳥巣在三珠樹矯矯珍木顛得無金丸(に.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

張九齡詩感遇

2017-04-21 18:11:54 | Weblog
 
張九齡詩感遇
習作  張九齢詩 感遇 孤鴻海上来孤鴻 海上より来り孤鴻海上来池膜不...>続き......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭序 12

2017-04-20 18:05:59 | Weblog
 
蘭亭序 12
 蘭亭序 12 後之攬者亦將有感於斯文後の(之)攬る者も、亦(また)、將(まさ)に(於)斯の文に感ずる有るらむ。 ...&...>続き......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭序 11

2017-04-19 18:05:25 | Weblog
 
蘭亭序 11
 蘭亭序 11 悲夫故列叙時人録其所述雖世殊事異所以興懐其致一也 悲しい夫(かな)。故に時の人を列叙(れつじょ)し、其の述ぶる所を録.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭序 10

2017-04-18 18:10:04 | Weblog
 
蘭亭序 10
 蘭亭序 10 齊彭殤為妄作後之視今亦由今之視昔彭殤(ほうしょう)を齊(ひと)しくするは妄作(もうさく)たるを知る。後の(之)今を視.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭序 9

2017-04-17 18:13:03 | Weblog
 
蘭亭序 9
 蘭亭序 9 若合一契未嘗不臨文嗟悼不能喩之於懐固知一死生為虚誕一契を合はすが若(ごと)し。嘗(かつ)て、文に臨みて嗟悼(さとう)せん.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭序 8

2017-04-16 18:18:23 | Weblog
 
蘭亭序 8
 蘭亭序 8 蘭亭序 8 蘭亭序 8古人云死生亦大矣豈不痛哉毎攬昔人興感之由古人も、死生亦(また)大なりと云う(矣)。豈、痛ましからず哉(や)。毎(つね)に.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭叙 10

2017-04-14 18:11:30 | Weblog
 
蘭亭叙 10
 蘭亭叙 10 感慨係之矣向之所欣俛仰之﨤以為陳迹感慨之(これ)に係(かか)れり(矣)。向(さき)の(之)欣(よろこ)びし所は、俛仰.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭亭叙 9

2017-04-13 18:02:30 | Weblog
 
蘭亭叙 9
 蘭亭叙 9 怏然自足不知老之將至及其所之既倦情随事遷怏然(おうぜん)として自ら足り、老いの(之)至らんと將(す)るを知らず。其の之(.........
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加