身震いしながら言

身震いしながら言

たら僕を相手になん

2016-10-18 11:18:31 | 日記


「どうせ聞くなら使える技の方がいいわ」

「まだ大会まで日があるから、何か開発してみるかな。楓さんも技を思いついでも試してみるといい。僕にyou beauty 美容中心好唔好知られるのが嫌なら、内緒にしててもいいよ」

「ありがと。頑張ってみるわ。── そうそう、ほんの思いつきなんだけどね、覇斗君、こういうのって 『技』として認められる?」

「どんなの? 言ってみて」

「思いっきり早口の練習をして、カウントを速くするの。名付けて 『必殺! マシンガントーク』。── 駄目かな?」

 覇斗は面食らったような表情を浮かべ、次いで嬉しそうに、幾分愉快そうに微笑んだ。

「なんで笑うの?」

「いや、なんというか、気が合うな安利傳銷あと思ってさ。アレに勝つことを真剣に突き詰めたら、絶対そこに思い至るよね。僕は諦めたけど、君ならうまくやれると思うよ」
「あんたは諦めたの?」

「うん。いろんな意味で無理だった。でも恐らく君は、その技との相性がとてもいい。カウントって、審判がちゃんと聞き取れ香港如新集團るってことが大前提だろ。楓さんの声は大きいし、歯切れが良くて軽やかだから、早口には向いてる。今から訓練を積めば相当の時間短縮が可能じゃないかな」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« に登っていた見張りが叫 | トップ | 到Dr reborn打透明質酸,一不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。