浅井久仁臣 私の視点「第二次湾岸戦争」

ブッシュ政権が始めたイラク戦争は、ブッシュ・シニアが仕掛けた『湾岸戦争』の完結編になる予定でした。しかし、その結末は…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログの統合のお知らせ

2006年11月30日 | Weblog
 これまで、ブログ「パレスチナ問題」では「パレスチナ」をブログ『第二次湾岸戦争』では「イラク」を中心にお伝えしてきましたが、これからは2つのブログを統合して、浅井久仁臣『今日の中東』に名称を変更いたします。  米国の対イラク戦争は、1991年の湾岸戦争の延長線上にあると考え、第二次としましたが、いまやイラクは完全に内戦状況にあります。間もなく米軍はイラクから撤退することになるでしょう。  中近 . . . 本文を読む
コメント (24)   トラックバック (3)

フセイン元大統領に死刑判決

2006年11月06日 | Weblog
 イラク高等法廷は5日、フセイン元イラク大統領に対して死刑判決を下した。  罪状は、82年にあったシーア派村民148人の虐殺に関与したとするもので、他に3人の旧政権幹部も死刑判決を受けた。  これで直ちに死刑が執行されるわけではなく、被告側が控訴院に刑への不服を訴えれば、控訴院の審査に結果をゆだねることになる。9人の裁判官からなる控訴院が判決に問題ありと判断すれば、判決の変更ないしは差し戻しと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

揺れる(?)ブッシュ大統領

2006年10月29日 | Weblog
 ここのところのブッシュ大統領のイラク戦争に関する発言が揺れ動いている。  まあ、彼の「ブレ」については、就任当初から指摘されていることで、今に始まったことではないが、それにしても、人命に関わることなので看過する訳にはいかない。  25日のホワイトハウスで記者会見で、「勝利するためにイラク駐留多国籍軍のケーシー司令官から要請があれば、米軍部隊の増派に応じる」と言ったかと思うと、その舌の根も乾か . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

戦死者65万人!

2006年10月12日 | Weblog
 北朝鮮の核問題で日本のマスコミ報道が占められる中、世界各地では戦(紛)争が続けられ、特にアフガニスタンやイラクでは今日も多くの命が奪われている。  3年半前の対イラク戦争開始時からイラク市民の戦死者を数えるサイト、「Iraq Body Count」の最新デイタによると、「最低43850最高48693」とのことだ。それでさえ、「あってはならない数字」だが、英国医学雑誌『The Lancet』が最 . . . 本文を読む
コメント

9・11とマスコミ報道 その3

2006年09月23日 | Weblog
 私は、マスコミ報道、特にTVのニュース番組に出演していながら(出演していればこそ?)TV局に批判の目を厳しく向ける。  だが、例外がある。同じTVでも地上波(一般的に見られる放送)と違いBS(衛星)放送は概ね私の中では評価が高い。ドキュメンタリーやニュース番組本来の形態が比較的きちんと守られているからだ。  9.11が起きてからBSやCS(ニュース専門)放送の番組にも解説者として出演したが、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

9.11とマスコミ報道 その2

2006年09月15日 | Weblog
10月8日に始まる米軍の空爆は日毎に激しさを増し、米軍主体の多国籍軍と北部同盟連合は各地でタリバーン政府軍を討ち破り、首都カブールへと駒を進めていった。西側社会に“戦勝気分”が漂うようになり、マスコミも“米軍大本営発表”を鵜呑みにして戦況よりも「バイオ・テロの恐怖」や「テロリストの親玉」の居場所探しに関心を移した。  この時期のバイオ・テロとは、全米を震撼させた炭そ菌ばら撒き事件のことだ。郵便物 . . . 本文を読む
コメント

9.11とマスコミ報道 その1

2006年09月15日 | Weblog
 5年前、私は帰宅してつけたTV画面に釘付けとなった。WTC(世界貿易センタービル)に飛行機が衝突、その模様が実況中継されていたのだ。私は、ロス・アンジェルスに住むパイロットの友人に連絡を入れ、テロの可能性についてたずねようとしていた。その友人は、私に飛行機の操縦を教えてくれた、いわば「先生」だ。  その時、画面の端からもう一機の飛行機が突入、そのままWTCに突っ込んだ。信じられぬ光景であった。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

今日もイラクでは

2006年06月18日 | Weblog
 内戦だから当然といえば当然のことだが、イラクではスンニ派とシーア派の殺し合いが止まる気配がない。  17日も各所で自爆攻撃や仕掛け弾などで少なくとも31人の死亡が確認され、60人以上が負傷した。その全てが、自爆実行者以外、一般市民であったということだ。  日本では、自衛隊をいつ引き揚げるかという話題がマスコミで中心になり、「イラクで何が起きているのか」という視点がいつの間にか忘れられかけてい . . . 本文を読む
コメント (1)

ブッシュ大統領 イラクを電撃訪問

2006年06月14日 | Weblog
 ブッシュ米大統領は13日、バグダッドを電撃訪問した。ブッシュ大統領のイラク訪問は03年11月以来2度目で、今回もイラク政府ですら到着5分前に知らされるという厳戒態勢の中の訪問であった。    バグダッド空港からヘリコプターで市内の「グリーン・ゾーン(要塞化した米軍管理地域)」に飛び、イラク政府のマリキ首相と会談したブッシュ氏は、駐留米軍基地での演説も予定している。  今回の訪問の目的は明らかに . . . 本文を読む
コメント

グアンタナモ基地で3人が自殺

2006年06月11日 | Weblog
 キューバのグアンタナモ米軍基地にある「テロリスト容疑者収容施設」で10日朝、3人が自殺したと発表された。2人がサウディ・アラビアからで、もう1人はイエメン国籍とのことだ。  3人は揃って敷布などで作った紐を使って首吊り自殺をしたとのことだが、発表された情報があまりに限定的なため、真偽の判断を含めてこの事件の分析は難しい。最近、米国の収容者に対しての取り扱いが問題になっていただけに今後の成り行き . . . 本文を読む
コメント