葵の色んないろ。

葵での出来事、ちょっといい話、なるほどな話、色んな話ができたらいいなと思います。

平成28年度卒業証書授与式

2017-03-16 20:33:22 | 行事

皆さんこんにちは

 3月にしては珍しく雪が降りしきる中、ホテルニューオータニにて

平成28年度卒業証書授与式が行われました

 

毎年緊張の面持ちで登校する生徒が多い中、

今年度はどちらかというと度胸がついた生徒が多いように感じました

まずは校舎にて最後のHR

職員から最後の言葉を贈ります

その後全員で会場まで移動し、本番前のリハーサルです

リハが終わり休憩をはさんだ後はいよいよ開式です

時間より早く全生徒が集合し、整列もばっちりでした

入学当初では考えられない行動に

皆さん大人になったんだなあとしみじみ感じました

式が始まり、在校生のN君とA君が送辞を読んでくれました

二人とも堂々としていて様になっていましたよ

答辞はSさんとSさん、二人が読んでくれました

ここまでの道のりを自身の挫折も踏まえた感動ものでした

 

今年度は特別に記念動画の上映

葵のCMと第6回高校生長岡ラーメン選手権のドキュメンタリー動画

上映中は保護者様の席から涙をすする音もあり

生徒の成長が伝わる内容でした

 

式終了後は集合写真の撮影と名残惜しく歓談

 

卒業生の皆さん葵での生活はいかがでしてでしょうか

葵で学んだこと経験したことたくさんあると思います

これから最大限自分の武器として是非アピールしてください

 

本当におめでとうございます

 

15日に卒アルを送付しました

今年度はよい写真がなく編集も苦労しましたが

その分、葵映像プロジェクト作品が充実しているので是非ご覧ください

 

卒業証明書も入っているので忘れずに確認ください

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RPG講座開講

2017-03-08 12:40:31 | ゲーム

 

みなさんこんにちは

 

春の足音近付く冬の晴れ間の中

選択講座「RPG作成講座」が開かれました

まずゲームの舞台となる「マップ」を作成します

パソコンでの地道な作業の繰り返しと思われるかもしれませんが

作業はたくさんあります

 

ツールの開設を受けながら、陸地づくりに挑戦

大地となるタイルと海柄のタイルを配置し

山や森、集落などのオブジェクトを置いていきます

土台のタイルやオブジェクトはたくさん種類があり、どれを使おうか迷うほどでした

オブジェクトや地形を駆使し、人の顔のような陸地を作っている生徒もいました


続いて「町」づくり

町の土台を作り、家を配置します

家の壁や屋根も種類が豊富で、組み合わせ次第でまったく印象の違う町になっていきます

木々たっぷりの自然派の町

花が咲き池もある住みやすそうな町

「毒の沼」がある町

それぞれに特色のある町を作りあげていました

常日頃からゲームに親しんでいる事

ツクールの操作が直感的にできる事

で説明なくどんどんできる生徒も

分かりにくい操作も少しのアドバイスで使いこなしていました

最初はおそるおそる作業していた生徒も

サンプルをひとつひとつ作り上げるごとに、

どんなことをしたいかイメージが掴めたようで、

どんどん熱中し楽しんで、手間をかけて「世界」を作っていました

 

 

終始、楽しそうに操作、あっという間の2時間でした

参加した生徒の皆さんお疲れ様でした

次回、さらにステップアップした内容でゲームを作っていきます

 

 

 

入学相談会のお知らせ

長岡校 3月11日(土)10時~12時

新潟校 3月18日(土)10時~12時

どんな些細なお悩み・ご相談でもかまいません

フリーダイヤル  0120-69-1900

お待ちしております

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葵映像プロジェクト その二

2017-02-28 17:38:34 | 映像
葵映像プロジェクトその二
 
 
ようやく完成しました
 
初のCM作りということで
 
いろいろ悩みつつも
 
30秒の作品に挑戦
 
短時間で葵を伝えるのは
 
やはり難しいですね
 
 
 
曲はオリジナルですが
 
二曲使ったのは欲張りすぎで
 
逆に効果が薄れたかもしれません・・・
 
 
内容は「進路面談篇」ということで
 
進学か就職か進路に悩む生徒が
 
自ら出した答えというものです
 
 
葵の理念は「卒業後に貢献する」
 
進学でも就職でもしっかり指導します
 
 
出演はSさん
おしゃれ大好き女子
ポージング、表情作りはお手のもの、そしてよく気が付く
 
 
 
「未来は私のもの」の声はAOIさん
 
透明感がある声
LULAのモデルのような、そばかすが印象的
 
 
 
最後の「葵高等学院」は、AOIさんとMISAさん
 
二人の掛け声が、キャッチーな感じに
ヘッドフォン姿が声優みたいに決まってました
 
 
 
みなさんおつかれさまでした
 
「放課後篇」では全員出演しているのですが
60秒と長いのでまだ未完成・・・
 
 
ということで、長くなりましたが
 
YOUTUBE、観てね
※環境により自動的に低画質になるようですが
設定を1080HDに変えると高画質になります。(youtube画面右端)
 
 新潟 長岡 葵高等学院 CM 進路面談篇
 
 
 
 
入学相談会を実施します
資料だけではわからない、お悩みがある等々、是非ご相談ください。
 
3月11日(土)10:00~12:00 長岡校
3月18日(土)10:00~12:00 新潟校

お問い合わせは CALL:0120-69-1900 にてお願いします。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域貢献雪像づくり

2017-02-15 14:55:27 | 行事

みなさんこんにちは

今回は、以前に長岡市民協働センター発行『らこって』の産学連携特集にも取り上げられた

雪しかまつり×葵高等学院 の地域貢献活動 

雪像づくりのご報告です

 

早速アオーレ長岡にて有志生徒たちが集まりました

 

今年は雪がザラメ状で、盛ってもなかなか固まらず

水分も多く重たいので形を整えるのに苦労しました

 

また、昨年も参加した生徒から後輩に向けて

たくさんアドバイスをくれました

先日入学したばかりの新入生も混じって

みんなもお互いに声を掛け合い協力体制ばっちりでした

そのおかげか毎年よりも早く完成しました

それだけでなく、どの雪像も例年にないくらい大きくダイナミックな出来栄えでした

 それでは、雪像のご紹介

 

・ドラえもん

まん丸ボディが抱くつきたくなるくらいかわいらしいです

徹底的になめらかな体型を再現してくれました

しっぽも赤のボールで再現しています

 

・もちうさぎ

長岡市のゆるキャラを作りました

体のラインやちょこっとついてる手足が本物そっくりにできました

かなり大きい雪像になったので、迫力満点です

 

 

・レルヒさん

こちらは新潟・上越のゆるキャラ

全員で苦労して雪を削り、特徴である長い顔を作りました

帽子部分に雪を盛るのが大変でした

 

 

大変素晴らしい雪像ができましたね

足を止めて見る人がいたり小さい子が寄ってきたり

多くの人に喜んでもらえれば幸いです


2月18・19日の雪しかまつり開催まで

アオーレ長岡入ってすぐのスペース[ナカドマ]にて見ることができます

 

ぜひこの3体に会いに来てください

お知らせ

雪しか祭りは18日、19日にハイブ長岡で開催されます!

長岡観光コンベンション協会の雪しか祭りサイトも是非ご覧ください

http://www.nagaoka-navi.or.jp/event/12494.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインチョコ 長岡校編

2017-02-14 13:50:38 | 行事

本日はバレンタインディー

皆さん青春しちゃってるでしょうか

 

前回に続き、選択講座 調理実習のご報告

選択講座の受講は任意となり

楽しみながら進路を模索していきます

 

それでは早速いってみましょう

 

長岡校編

新潟校同様、生徒達がレシピ作り~調理まで行います


まずは買い物からスタート

「クリームチーズ高っ

「卵のバラ売り、珍しいね」

買い物を通じてはずむ会話も、さすが女子です


初めて会う生徒もいるので

会場に着いたらまずは自己紹介をしました
好きな料理、普段料理をするのかも言っていきます


2つメニューがあるので、二グループに分かれます
1つめは クリームチーズチョコケーキ
もう1つは ドライフルーツチョコ


まずはチョコを刻んで量るところから
包丁を持つ手が少し怖いですが、少しずつ慣れてきます

リーダーが分担を決めて、指示を出しているので作業もはかどります
切ったり混ぜたり協力しながら楽しそうに作業を進めていました

ミルクチョコとホワイトチョコでマーブル模様をつけるのも初体験
初めてとは思えないほど、見事な出来栄えです

チョコケーキも美味しくできるように願いを込めてオーブンへin

待っている間はみんなでゲームをしながら焼けるのを待ちます


美味しそうにできましたー

 

でも…「ケーキあるある」なハプニング発生

型から外す時にひっくり返ってしまいました~

それでもみんな前向きに、「それもアリだよね

試食タイムは「まるで女子会のようで楽しかった」と生徒達

 

片付けもみんなでやれば早いですね


終了後、参加生徒たちの顔は笑顔

「楽しかった~」

「すごく美味しかった!」

と大好評でした

 

職員の私たちもいただきましたが

本当においしかったですよ

ありがとう

 

参加した皆さん、お疲れ様でした

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインチョコ 新潟校編

2017-02-13 12:09:32 | 行事

皆さんこんにちは

今回は毎年恒例の

選択講座  調理実習 バレンタインチョコづくりのご報告

 

新潟校編

スウィーツ好き女子が終結した新潟校

普段からお菓子を作っているHさんを中心にスタート

今回のメニューは
『生チョコクッキー』
『一口チョコパイ』

「お菓子作りが趣味。何でも作れる。」と頼もしいHさんですが

一番の大好物はお母さんの手作りコロッケだそうです

おふくろの味には敵うものはないですよね

 

参加生徒達も和気あいあいとした雰囲気でお菓子作りに励みました


また、新入生の歓迎会も兼ねて行いました

最初は控えめだったけど次第に打ち解け楽しく調理をしていました

みんなよろしくねー

 

さてさて、作業は続きます


チョコは温かいうちが勝負

手早く作業を進めないと固まってしまいます。

そこをうまく流れ作業でパイやクッキーを作り

チームワークの良いところを見れてくれました

 

これは、日ごろのアクティブラーニングが大きく影響しているのか

生徒達で何かを作り上げるって大変だけど得るものはたくさんあります

今回も生徒力が発揮できていましたね

 

オーブンの中で熱せられたクッキーから

おいしそうなにおいが立ち始め

そろそろ出来上がりの時間です

予定にはなかったパンケーキも出来上がってますね

 

おいしそうですね

実際の出来はどれも絶品

 

「これは太るよー」と言いつつ、みんな手を伸ばしていました

皆さんおつかれさまでした

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育体験 絵本読み聞かせ編

2017-02-10 20:18:02 | 進路

みなさんこんにちは

葵では 生徒の卒業後を踏まえ

様々な選択講座を行っています

 

今回は保育体験講座のご報告です

講座は全3回で最終回には

幼児へ向けて絵本の読み聞かせを行います

 

そのための準備として第1回目は

司書の方に直接指導いただきました

 

0才~2才児が集中できる時間が15分程度ということですので

一人3~5分ぐらいで読める絵本を選んでみましょう

 

人によって読みやすい位置が違います

どっちが読みやすいかな

絵本がぐらつかないように姿勢に注意

言葉が少ない絵本は、すぐ終わるので問いかけが必要

例(おいしそうなお弁当だね)(ぞうさんがいたね)

などなど具体的に指導を受けます

 

生徒から質問

「音程はどうしたらいいですか

回答は・・・

「声は変えないで良い。地声で良い。」

それよりも大事なのは楽しい感じにすること

あとは、緊張して早口になると思うから

ゆっくり読むようにしてください

 

レクチャーを受けた後は

実際に読む絵本選び

じーっと真剣に選びます

選び終わったら先生のお手本を挟んでからの

練習開始です

ここでもう一つアドバイスをいただきました

 

童心に帰ってこどもたちの様子を見ながら

読み聞かせしましょう

実際に絵本を読むのは1割

後は、表情を見たり、言葉を交わしたり

コミュニケーションが大事

練習は緊張したけど

先生からそれぞれアドバイスをいただきました

これで本番はばっちりかな

 

つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葵映像プロジェクト その一

2017-02-07 21:21:21 | 映像

葵ならではの、葵映像プロジェクトのご報告

 

今回は初のCM制作

コンセプト~メッセージまで

僅か15秒~30秒内という

制約の中で訴求する

 

上記を踏まえ生徒達と打ち合わせ

テーマ:卒業後を悩む女子高生

普遍的なテーマの中に、生徒の心情と

葵の理念を盛り込む

キャッチコピー:「未来はわたしのもの」
 

 

その将来(さき)に何があるのか

 

 

安心安全みたいなノリは葵っぽくない

妥協はしたくない完璧なものにしたい

などといいながら、未完成にならないよう

なんとか編集作業まで漕ぎ着けました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業後の進路を考える

2017-01-24 18:30:13 | 進学

みなさんこんにちは

今回は卒業後の進路についての学習を報告します

 

受験真っ只中で3年生は頑張っている時期だと思いますが

1.2年生もまだまだと安心している場合ではありません

 

月日はあっという間に過ぎていき

気づけば受験本番直前なんてことも

でも、何からはじめたらいいの

 

…などならないよう、次年度の4月から動けるよう

進学の最初のステップであるパンフレット(資料)の見方から学びます

 

まずは選別から


進学希望者の生徒たちは

志望分野の資料を手に取りとてもうれしそうにしていました

 

それぞれの学校の特徴から学費資格まで

ピックアップし比較をしました


パンフレットの比較学習をすることによって


入試や出願書類で問われる志望動機が書ける

他校との比較をすることにより


何故この学校ではないといけないのかを明確にすることができます

 


葵の理念は卒業後に貢献です


進学した場合も

その後のことを考えてほしいと思います

どういう資格が取れるのか

卒業と同時にもらえる資格なのか

将来的にその分野がどうなるのか


調べてみないとわからないことがたくさん


比較が終わったら、実際に受験を想定しシミュレーション

 

募集要項のスケジュールを確認し計画立てが始まります

 

ここまで具体的に話を進めてきましたが


まだまだ進路先が決まらない方もたくさんいるかと思います


無理だろうなと思っていても

なんとなくあこがれているでも 

 

違うところを比べてみる・調べることによって

面接・入学願書書くとき

なぜ希望したのか特徴を述べられるようになります

 

具体的なマナーも学びました

学校名略さないなど…

パンフレットの見方なども

特色は最初のほうに書いてあるなど…

とっても大切な学費についてなど
 

納める時期

進学した後の生活

一人暮らし?学生寮?

先の先まで考えていきます

 

参加した生徒からも

こんな意見が出ました

『パンフレットを見てしっかりと考えることができたなと思います。』

『自分が思っていたよりも学校がたくさん知ることができました。』

『情報を自分で書いてまとめる大切さがわかりました。』

 

参加することでとても励みになったようです

学習後も、熱心に質問をしていた生徒もいました

このように将来を考える学習は続けていきます

 

ではまた

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-04 17:29:03 | お知らせ

あけましておめでとうございます

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

葵学園では昨年、高校生長岡ラーメン選手権に初参加し、優秀経営賞を受賞しました。生徒達が優秀なことはいうまでもないですが、葵の取り組みがこのような形で評価されたことは嬉しく思います。

この活動は、トップダウン(指導者→生徒)ではなく、生徒主体で情報共有しチームで問題解決をしていくというアクティブラーニング型の授業手法を取っています。ゆえにイベント当日は、指導者不在でも生徒だけで自律的分散組織並みに動けていました。とはいえ、このような動きができるのは簡単ではありません。ラーメン選手権に参加したチーム「あおいレンジャー」のメンバーは本当によくやったと思いますし、応援に来てくれた在校生、保護者様そしして卒業生たちにもこの場を借りてお礼を申し上げます。

葵学園では常に生徒の卒業後を考えています。就職、進学問わず、自分がやりたいことであれば応援します。最近は、AI(※1)が普及するから、卒業後を考えるのが容易ではないという生徒も出てきました。確かにAI関連のニュースが増えてきましたし、AI関連の株価も堅調のように思います。国も第4次産業革命の社会への浸透を踏まえ各分野との連携を模索しているようです。一般家庭では、IOT(※2)の代表格ともいえる家電ルンバが床を往復しながら次のフェーズに移ろうと企んでいるようにも思えなくもありません。

このような状況をみると、AIがシンギュラリティ(※3)に到達するまでさほど時間がかからないかもしれないと思ってしまうかもしれません。実際、AIが人間を超越することで、どのような社会になるのでしょうか?仕事がなくなる!映画ターミネーターのようなディストピアになる!など、悲観的な考えになるかもしれません…。私自身、AIがどのように進化していくか回答を出すことなど出来ませんが、あえて考えるなら、もしAIが人間を超越するとしたら人間や地球などに固執せず、様々な事象へのリスクヘッジとして、宇宙のような未開の領域に進んでいくのではないか?と思います。決して人類の未来が閉ざされたものだとは思いません。

いずれにしても、いま葵学園として取り組むべきことは、みなさんが将来を難しく考え悲観することではなく、日本の労働人口の49%(※4)が代替え可能といわれている、AIの特性などを考えるきっかけをつくることで、自分のやりたいことを見つけたり、将来をポジティブに考えられるような、授業や活動を提案していくことだと思っています。

葵学園では創立以来「卒業後に貢献をする」という理念に沿って、将来を見据えたカリキュラムを考えて来ました。今年も変わらず、皆さんが「楽しい高校生ライフを謳歌」しながら、将来を模索していけるよう真剣に吟味していきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

葵学園 代表理事 本田雄一郎

※1.Artificial Intelligenceの略で、人間の脳が行っている知的作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。

※2.Internet of Thingsの略で、モノをインターネットにつなげることで新しい価値を生み出す仕組み。

※3.AIが人間の能力を超える一つの技術的な特異点が生じ、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化するといわれている。

※4.株式会社野村総合研究所「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に~601種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算~」より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加