☆★☆ 阿見AC日記 ☆★☆

阿見アスリートクラブで起こった出来事、試合速報、お知らせ、などなど

オースティンからのたよりvol 6 第1次修業遠征終盤

2017年04月20日 | 楠康夫 理事長
3月5日に日本を経ってから46日
練習も順調にこなしています。

試合も2レース
テキサスリレーで800mと1マイルに出場
激しいレースでもまれました。

その後、その時に共に出場したテキサス大学の学生とも
時々、練習するようになったとのことでした。

ロンドン五輪1500m銀メダリストのマンザーノ選手には
弟のようにかわいがってもらっているようです。
メダリストの関りは、これからの競技人生、康成にとって貴重なエネルギー源になることでしょう。

今は便利で、ラインで顔を見ながらの話ができるので、離れていることを感じさせませんね。
充実している毎日を過ごしていることを感じ取れることが嬉しいです。

練習内容も報告をもらっていますが、
あの練習を継続的に続けることは、
1500mを速く走る為には大切に思います。
日本人の1500mの遅さはトレーニングの内容にもあるなと
強く感じました。
長距離のスピード付の為の1500mトレーニングでは通用しませんね。
やはり、短距離選手がやる基礎的なトレーニングをいかに取り入れしっかりやっていく事が大切か・・
このトレーニングを1年2年3年とライアンコーチの指導の下、確実にこなしていく事が必要だと思います。

私も今回改めて中長距離選手の基礎的なトレーニングの大切さ確信しているところです。
クラブのジュニアの練習にも大変刺激をもらっています。

日本人は、1500mでは世界では通用しないではなくて、戦える!
そんな選手になってほしいと思います。

1500m3分35秒をしっかり切る選手になる。それは康成とのジュニアの時代からの私との約束
そして、オリンピックでの活躍、それは小学生の頃からの本人の夢

父ちゃん、俺、速くなれるかな~~
と私に聞いてきた小学生~中学生の頃
お前ならやれると!
可能性を支持してあげたこと
昨日のことのように思い出されます。

今まさに、その言葉通り、陸上人生最高の世界での挑戦を有言実行しているその姿
私はクラブを通して、支援を惜しまずサポートしていきます。
そのことが、必ず次の世代に夢を与えるものだからこそ!
順調にアメリカ武者修行をこなしていることは
支援しがいもあります。

怪我なく、事故なく、病気なく

頑張れ
康成、目標に向かって
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月19日(水)のつぶやき | トップ | インターハイへの道 第1弾 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む