天照ス AMATERASITAL  ~ 言葉の万華鏡は千変万歌す ~

回文歌「まわりうた」表裏歌「ともゑうた」 鏡歌「かがみうた」「いろはうた」等を創作してます
~言葉は万華鏡~

ご挨拶(常設) 更新9/21

2031-01-31 19:34:44 | お知らせ
当ブログへお越しいただきありがとうございます。 2012年より、まわりうた・回文歌を創って発表しています。 31音の言葉の万華鏡の宇宙を楽しんでいただければと思います。 人気ブログランキングへ 【第五回大阪文フリ 好評のうちに無事終了御礼と、第6回TextRevolutionテキレボ出品のお知らせ】 去年の9月に初めて文学フリマを利用させていただいてから早くも1年、二回目の大阪文フリが今 . . . 本文を読む
コメント

いろはうたについて

2030-07-11 02:31:11 | 48音~ヨハネ~いろはうた
ひらがな47音+んの48音の創作いろはうたを創っています。 いろはうた…すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文(ずもん)のこと。 「色は匂へど散りぬるを…」の47音のいろはうたが「~のいろは」等と既に代名詞として広く使われている事からも「いろはうた」とは全表音文字を全て重複せずに使って出来た歌の事でその形式で作られた歌を指す、という意味で一般名詞化されていると思われます。 複層して重な . . . 本文を読む
コメント

夜明けの晩を 照らす闇 (解説更新)

2018-08-18 18:36:22 | 48音~ヨハネ~いろはうた
よあけのはんを てらすやみ  夜明けの晩を 照らす闇 さわめくそこに うかふまゆ  ざわめく底に 浮かぶ繭 おりなせるゐき ほとひたち  織り為せる閾 程日経ち えもしれぬいろ つねへゑむ  えも知れぬ色 常へ笑む      解説 よあけのはんを てらすやみ  夜明けの晩を 照らす闇 さわめくそこに うかふまゆ  ざわめく . . . 本文を読む
コメント

しらくもや かまとかたてり ふけたはた けふりてたかと まかやもくらし

2017-08-27 00:00:42 | まわりうた 回文歌
しらくもや かまとかたてり ふけたはた けふりてたかと まかやもくらし 白雲や 釜土が立てり 吹け田畑 煙り出たかと 真茅も暮らし 解説 白雲や 釜土が立てり 吹け田畑 煙り出たかと 真茅も(摩訶やも)暮らし 茅葺屋根から立つ釜土の煙がのどかな田畑に広がる風景を見て、そのようなのどかな日常の暮らしこそ大いなる摩訶不思議である . . . 本文を読む
コメント

遠路綾なす 幾眠り 解説

2017-08-19 23:37:53 | 48音~ヨハネ~いろはうた
ゑんろあやなす いくねふり 遠路綾なす 幾眠り    おもてさらけつ ほしゆには おもて晒けつ 星斎庭   とかれるめうち わへまみえ 解かれる妙致 我へ目見え むゐのそこひを たきよせぬ 無為の底ひを 抱き寄せぬ これを見直していたら、 ゑんろあやなす   遠路綾なす いくねふり     幾眠り さらけつおもて   晒けつおもて ほしにはゆ     星に映ゆ (または)はゆほしに 映ゆ星 . . . 本文を読む
コメント

すり足の 遥か峰 羽衣よ舞ふ

2017-08-14 01:53:06 | 俳句
すり足の 遥か峰 羽衣よ舞ふ                雄大な富士のお題に詠みました。 https://www.youtube.com/watch?v=wCQ15-TOkac フリー素材 お題の画像に近いものを探し載せました。 富士を使わずに富士を感じさせる句にしたいと作 . . . 本文を読む
コメント

スリスリくんとコラボして楽しんでみました。

2017-07-29 00:01:24 | お知らせ
 ちょっと遊んでみました。  こんな感じも  こちらは-樂紅-ヴァージョン  星種灯-ん紅-ヴァージョン  楽しかったです。 でもこれでもトリブンは最低なのですが、ちょっと高いですよね。。もう少しなんとかなればなぁ、と軽く思ってみる。  この値段で売れているのかな、スリスリくんのところは本業で稼いでいるのかな。 スリスリくんはTシャツがメインの完全オンデマンド . . . 本文を読む
コメント

散る桜 乗る風駈る野 樂戯る地

2017-07-28 15:42:49 | 回文俳句
ちるさくら のるかせかるの らくさるち 散る桜 乗る風駈る野 樂戯る地 解説 2017-02-23の作品の2文字改変です。 でも大分印象が変わりますね。 【元の作品】 ちるさくら のるかせかるの らくさるち 散る桜 乗る風駈る野 楽戯る道 この時に道にするか地にするかどうしようかまよいこうしました。 道とするほうがいろ . . . 本文を読む
コメント

ひさくしほ くめさんさめく ほしくさひ

2017-07-28 01:17:24 | 回文俳句
ひさくしほ くめさんさめく ほしくさひ 柄杓潮 汲めさんざめく 星種灯 解説   2016年9月23日の歌を改変。 ひさく柄杓…〔「ひさご(瓠)」の転〕「ひさく」が転じて「ひしゃく」となった。 しお しほ:潮…月および太陽の引力によって,海水が周期的に満ちたり引いたりすること。うしお。/物事をするのにちょうどよい時期。しおどき . . . 本文を読む
コメント

ほんをとる まつりはやしね  盆踊る 祭り囃子音 と まつりはやしね ほんをとる  祭り囃子音 盆踊る

2017-07-25 00:15:11 | 48音~ヨハネ~いろはうた
ほんをとる まつりはやしね  盆踊る 祭り囃子音    ふえたいこ あせうろへぬけ  笛太鼓 畔うろへ抜け   みのもにひ くゑゆれおちて  水面に灯 垢穢揺れ落ちて さわめきよ ゐなかそらすむ  ざわめきよ 田舎空澄む  解説 くえ -ゑ:垢穢…垢で汚れること。あぜ:畦…土を盛り上げて作った,田と田の境。くろ。この「畦」に境界の . . . 本文を読む
コメント

まつりはやしね ほんをとる  祭り囃子音 盆踊る

2017-07-25 00:14:06 | 48音~ヨハネ~いろはうた
  まつりはやしね ほんをとる  祭り囃子音 盆踊る     あせうろへぬけ ふえたいこ  畦うろへ抜け 笛太鼓    くゑゆれおちて みのもにひ  垢穢揺れ落ちて 水面に灯  ゐなかそらすむ さわめきよ  田舎空澄む ざわめきよ     . . . 本文を読む
コメント

ほんをとる まつりはやしね  盆踊る 祭り囃子音

2017-07-25 00:13:49 | 48音~ヨハネ~いろはうた
ほんをとる まつりはやしね  盆踊る 祭り囃子音    ふえたいこ あせうろへぬけ  笛太鼓 畔うろへ抜け   みのもにひ くゑゆれおちて  水面に灯 垢穢揺れ落ちて さわめきよ ゐなかそらすむ  ざわめきよ 田舎空澄む  . . . 本文を読む
コメント

よちうつひたま なかくして  輿地打つ火球 長くして

2017-07-24 00:44:40 | 48音~ヨハネ~いろはうた
よちうつひたま なかくして  輿地打つ火球 長くして  ゑんこをおとす もゆろきえ  円弧を落す 燃ゆ路消え  ほむらにぬれり さはせるみ  焰に濡れり 醂せる実   ゐふのねやへそ わめいあけ  畏怖の音八重ぞ 和鳴挙げ 解説  よちうつひたま なかくして  輿地打つ火球 長くして(名隠して) ゑんこをおとす もゆろきえ  円弧を落す  . . . 本文を読む
コメント

にんさつけらる そゐのふて  任授けらる 所為の筆 

2017-07-13 18:36:51 | 48音~ヨハネ~いろはうた
にんさつけらる そゐのふて  任授けらる 所為の筆  むちをいくなね ゑかきませ  無地を生く汝 描きませ ひころおほえぬ われりとめ  日頃覚えぬ 我利止め  あゆみうはたす やへもよし  歩み上足す 八重も良し 解説 人生における上書き修正の歌になりました。 任授けらる 所為の筆   無地を生く汝 描きま . . . 本文を読む
コメント

ゐわうけて おほゆめのそれ 違和受けて 大夢のそれ

2017-07-10 22:05:14 | 48音~ヨハネ~いろはうた
ゐわうけて おほゆめのそれ 違和受けて 大夢のそれ  むしろより ひさをこらへる むしろより 飛砂を堪へる なえぬねつ まはたきもせす 萎えぬ熱 瞬きもせず   やみとあふ ゑんかちにいく 闇と逢う 円が地に生く                                                                 解説  ひ さ:飛 . . . 本文を読む
コメント