☆ガッシュナッツ☆なう

ささいな日常や旅行、史跡、今少しハマっていること+プチ保守

輸送艦くにさきが大阪港天保山岸壁に寄港しました☆

2017-04-21 21:54:41 | The Japan Self-Defence Forces

2016年7月23日(土)に、大阪港の天保山岸壁で見学と乗艦できるイベントがありました。         家族連れやカップルやグループやらかなりの大勢の人が来ていました。

輸送艦くにさきを、間近に見るとものすごく大きいです。

今日はこれに乗艦できるとは、ワクワクです(^^♪

海上自衛隊 おおすみ型輸送艦 3番艦
LST-4003 くにさき 
基準排水量 8900トン
全長 178.0m
全幅 25.8m

第1輸送隊
定係港 呉基地(広島県)

V型16気筒ディーゼル 2基搭載
合計26400馬力
2軸推進
最大速力 22ノット(約40km/h)
乗員153名

ゆるキャラのマスコットも出迎えてくれました

 

海上自衛隊の艦艇名は、「河川 山 半島 天象 気象」などの名称から付けられていてます。
輸送艦には半島名が用いられています。 
「くにさき」は大分県の国東半島に由来しています。

同型のLST-4001「おおすみ」 LST-4002「しもきた」 も同じ第1輸送隊 呉基地に配備されています。

 

艦尾には門扉を設置 内部にはウェルドックと呼ばれる格納庫があり
ドック内に注水して艦尾を下げ上陸用ホバークラフト(エアクッション型揚陸艇)を進水させることができます。

LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇は、アメリカ海軍や海上自衛隊で使用されているエア・クッション型揚陸艇(上陸用舟艇)。「Landing Craft Air Cushion」の頭文字からLCAC(エルキャック)と通称されている。海上自衛隊では「エアクッション艇1号型」として配備している。

船の扉って感じがしますね!

中から乗務員の人が出てきました。

たぶん士官の方ですね。

くにさきは熊本地震で被災地に派遣された「しもきた」「おおすみ」と同型艦で、全長178メートル、基準排水量8900トンと海上自衛隊の輸送艦の中で最大。

 

自衛隊の人員、装備の輸送任務のほか、平成19年の新潟県中越沖地震や23年の東日本大震災では、被災地への支援物資の輸送や入浴支援を行ったらしい。

 

 

 

*左:海曹士用の作業服 海乙
濃紺の長袖に乙階級章(二等海曹)を肩に装着しています。

*真ん中:戦闘服 2型 乙  作業服より厚手の生地のようです
前はファスナーで閉じます。                                                                              *右:陸上戦闘服 2型  アメリカ海軍の迷彩服と似てます
小さい錨のマークがちりばめられているとのこと!

用途の応じた作業服も展示してありました。

この車両はジープこと73式小型トラックの後継として採用された1/2tトラックです。新73式小型トラックとも呼ばれていますが現在は1/2tトラックが正式名称となっています。旧73式小型トラックと同様三菱製でパジェロがベースとなっています。

ミッションは軍用車ながらATとなっています。

 

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♡台湾「☆日台の絆の象徴☆」の... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。