ぐりぐらのフォトログ

デジタルカメラであそぼ!

国指定史跡 向羽黒山城跡(白鳳山公園)トレッキング

2016年12月04日 | 郷土史・史跡・施設

国指定史跡 向羽黒山城跡(白鳳山公園)トレッキング

テクテク会11月例会は、向羽黒山城跡トレッキング・・・
隣町の向羽黒山城跡は、戦国時代のの会津を治めた葦名盛氏が築城し
伊達政宗・蒲生氏郷がそれぞれ重要な要衝として改修を加え
上杉景勝・直枝兼続主従が
徳川家康の会津攻めに備えて最後の砦とした日本最大級の
天然の要害「向羽黒山城}・・・

観音山・羽黒山・岩崎山、三山を合わせたところに建つ向羽黒山城は・・・
阿賀川(大川)を足元に、断崖絶壁の岩山に守られた山城・・・
蘆名氏以降、会津を支配した伊達・蒲生・上杉が入部して間もなく
改修工事を行っていることから重要視されていたことがわかるという

本丸・二の丸・三の丸跡の外、御茶屋場跡も残っている・・・
眼下には大川と会津平野、
彼方には磐梯山や飯豊山を望む風光明媚な地・・・
憩の場として、様々な行事が、催されているという・・・

向羽黒山ギャラリーにて、展示資料見ながら講師のお話をお聞きし・・・
二の丸登り口までは車で移動、そのあとは現地で説明を聞きながら
登って、下ってと歴史探訪してきました。
発掘も行われていて、新たな発見があったと新聞記事になっていました。


向羽黒山城を築きはじめた1561年(永禄四)は、どんな時代か?

講師が下さった資料によると、名だたる武将の年齢は下記のよう・・・

蘆名 盛氏 41才  蘆名 盛興 15才

徳川 家康 20才  豊臣 秀吉 26才

織田 信長 28才  上杉 謙信 32才

明智 光秀 34才  武田 信玄 41才


6月、4回目の川中島の戦い。信玄・謙信の一騎打ち
前年1560年、桶狭間の戦いで、織田信長が今川義元を打ち破り名を轟かし
この戦いで、若き徳川家康が表舞台に出た・・・という時代だったそう・・・

蘆名盛氏は、鎌倉の名門三浦氏の一族で、
頼朝の「奥州藤原氏征伐」の軍功により
文治5年(1189)に佐原義連が会津を賜り、400年にわたり治めた・・・
この蘆名氏の全盛期を築いたのが16代盛氏(百万石との説有)・・・

並み居る戦国大名と駆け引きをし、「会津に蘆名あり」と
天下に名を馳せたのかと感動しました。

永禄四(1561)年から9年の歳月をかけ、要衝の地に
会津太守蘆名氏の本城として向羽黒山城を築城・・・


史跡の面積は若松城の約二倍で、三山形式の多目的山城だったという
西は下野街道、北は磐梯山・飯豊連峰、南は絶壁で他人を拒む。
街並みの方角から竪堀や堀切が見られ「要害城」であったという・・・

地勢に恵まれたとはいえ、三ッつの山を「要害城」にする工事は
堀切の大きさなどから、さぞ、大、大、大工事だっただろうと想像します~

戦国時代、会津が全国区だったことを書きたくて長くなってしまいました。
長くなりついでに追加すると

漫画家の手塚治虫氏は、氏のアシスタントで、会津出身の平田氏が
折にふれ向羽黒山城の話をしていたことがきっかけで、
昭和34年に東山温泉に投宿し
豊臣秀吉「奥州仕置」ゆかりの、背炙山の関白平と
向羽黒山城跡を訪れていたという・・・

あまたの作品の中の一つ「夜明け城」は
会津を訪れた5ヶ月後から連載が始まっており
向羽黒山城跡に着想得たのではないかといわれているという・・・
画像クリックでスライドショーへ。BGMの音量にご注意ください。

国重要文化財 蘆名16代 蘆名盛氏座像 ( 向羽黒山城を築城)・・・


国指定史跡向羽黒山城跡 想像図。画像クリックで拡大mapへ・・・


大堀切・・・・・・


一曲輪めざして急坂を登って・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モロッコの旅【ⅩⅠ】カサブランカ市内観光

2016年11月28日 | 旅行

* * * 魅惑のモロッコ・サハラ砂漠感動紀行 * * *
モロッコの旅【ⅩⅠ】カサブランカ市内観光


モロッコの旅の最終日は、映画「カサブランカ」の舞台になった・・・
モロッコ最大の都市で、経済の中心地、大西洋に面した主要貿易港・・・
イスラムとヨーロッパが共存している近代的な都市、カサブランカ・・・

観光ポイントのモハメッド5世広場は工事中・・・
完成したらすばらしい広場になるのでしょうね。
伝統のモロッコの水売りさんがいました。

ハッサン2世モスクに向かう頃、ついに雨に・・・
大西洋の海際に建つ、1993年完成のモロッコ最大級のモスク・・・
内部に2万人、広場に8万人収容できるという・・・

フランス人の設計で、とくに外観のモザイクタイルが美しいモスク・・・
高さ200mのミナレットは市内のどこからでも見えるという・・・

風雨に吹かれながら、回廊のアーチから撮ったり、ミナレット下から撮ったり
更に、広場の先の大西洋を目の当たりにしたいと思ったけど、時間もないし、
諦めて、大西洋の波打ち際画像は、ゆれるバスの車窓からのピンボケ1枚のみ・・・


この雨で、あの広い農地に、小麦を蒔くことができ、芽が出て育つと
モロッコの大地は、一面緑色になるのね~。そして黄金色に・・・
カサブランカ近郊で、小麦の60%を栽培しているという・・・
青空に恵まれず残念だったけど、農家にとっては待望の雨!!

カサブランカ空港午後2時50分発。ドーハ乗り継ぎで帰国の途に・・・
画像クリックでスライドショーへ。BGMの音量にご注意ください。

ハッサン2世モスク、1993年完成のモロッコ最大級のモスク・・・・・・


ハッサン2世モスク 回廊・・・


モザイクタイルが美しい・・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モロッコの旅【Ⅹ】世界遺産 マラケシュ旧市街

2016年11月27日 | 旅行

* * * 魅惑のモロッコ・サハラ砂漠感動紀行 * * *
モロッコの旅【Ⅹ】世界遺産 マラケシュ旧市街


モロッコを代表するエネルギッシュな都市・・・
「モロッコの楽園」とも言われているマラケシュは、
フェズの次に歴史のある古都でもあります。

ジャマ・エル・フナ広場

マラケシュの旧市街にある有名な広場。
広場の文化的空間が国際的に評価され、無形文化遺産にも登録されました。
この広場は、モロッコ中の活気が集められたかのような熱気に包まれていて、
「お祭り広場」「芸術家たちの広場」とも呼ばれています。

広場が見渡せるカフェで、祭りのような賑わいを見ながら
一休みグループと、ショッピンググループそれぞれで楽しむ・・・

11世紀後半には街の中心となっていて、公開処刑なども行われていたそう・・・
毎晩お祭りのような賑わいで、夕方になると屋台が所狭しと並びはじめ、
大道芸や、にぎやかな歌&演奏・・・。人でいっぱい・・・

クトゥビアの塔

ジャマ・エル・フナ広場を見守る様に立っているクトゥビアの塔は、
12世紀に建てられた高さ69m、幅12.8mの塔で、マラケシュのシンボル・・・
頂上の玉が、広場に幸せをもたらすと言われています・・・
コウノトリのヒナが羽ばたきをしていました・・・。

マジョレル庭園

旅8日目、マジョレル庭園観光時、雨にみまわれた・・・
1920年代にフランスの画家ジャック・マジョレルが造園し、
のちにイブ・サンローランが買い取って修復経営したそうです。

建物の外壁など、庭園の装飾に使われている色は
「マジョレル・ブルー」と呼ばれる濃いコバルトブルー
巨大なサボテン・ヤシ・バナナなどの南国の植物や
咲き乱れる白や赤の花とコバルトブルーの色彩の対比がとても印象的・・・
マジョレル庭園を去るころには雨は上がり、よかったです~

バヒア宮殿

マラケシュの喧騒からは想像できない別世界が広がってるバヒア宮殿。
とても優雅な雰囲気を醸し出しています。
19世紀末、アラウィー朝ハッサン1世の宰相アリ=バハメットが住んでいた宮殿で、
フランス時代の将軍が住まいにしていたこともありました。

この宮殿の名前の「バヒア」は、首相が一番好きだった妃の名前で、
「光り輝く」という意味でもあるそう。中央には小さな噴水がある中庭があり、
その中庭を囲んでいる部屋は、贅を凝らした天井画や彫刻が見事な
4人の妃と24人の側室の部屋が並んでいる・・・

床には青いタイルで描かれたモザイク画あります。
さまざまな様式を組み合わせて作られたバヒア宮殿は、
スペインの建築家とフェズの大工1000人で7年もの歳月をかけて作られたそう。
画像クリックでスライドショーへ。BGMの音量にご注意ください。

マラケシュのシンボル クトゥビアの塔・・・


1年中お祭りのようという ジャマ・エル・フナ広場・・・


バビア宮殿 噴水のある中庭・・・


イブ・サンローランが買い取って修復経営したというマジョレル庭園・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モロッコの旅【Ⅸ】世界遺産 アイト・ベン・ハッドゥ

2016年11月23日 | 旅行

* * * 魅惑のモロッコ・サハラ砂漠感動紀行 * * *
モロッコの旅【Ⅸ】世界遺産 アイト・ベン・ハッドゥ


ワルザザードから約30km、隊商交易の中継地として栄えたこの地・・・
街はずれの、タウリルト・カスバと呼ばれるカスバ(城塞)を観光
高い塀、大砲塔、鉄砲窓がこのカスバが重要な要塞であったことを物語っている・・・
王や司令官などが住んでいる城郭が「カスバ」と呼ばれるのだそうです。

城壁に囲まれていくつもの塔が立っている要塞化された村は「クサール」と呼び
有力なハッドゥ一族が築いたのがアイト・ベン・ハッドゥの集落・・・
盗賊などの掠奪から身を守るため、城砦に匹敵する構造になっているという

モロッコ一美しい村と称されるアイト・ベン・ハッドゥは、
難攻不落の砦のよう。入ってみたら土産物店がいっぱいでした・・・

日干し煉瓦は雨で崩れるので修理が大変・・・
現在、数家族が居住。ほとんどの住民は対岸の住居に移住しているという
家の中も見せていただきました。猫、2匹居心地よさそう・・・


ワルザザードは、「映画の街」としても知られています。
車窓より街のはずれの、映画スタジオ、アトラス・コーポレーションを・・・
ここでは、「アラビアのロセンス」「スターウォーズ」「ハムナプトラ」
「グラディエーター」など、数々の名画が撮影されたという・・・

峠のお土産ショップには、アンモナイトがごろごろ売られていた~
アルガンオイルショップやモロッコ絨毯のショップでは
女性が組合を作り、仕事を創出し、生き生きと仕事していてすばらしい・・・

近年、小学校教育が充実、遊牧民には教師も遊牧地へ同行という
沢山見たけど、山道のかわいい小学校をやっと1枚撮ることができました。

山道のカフェの小休憩も、段々畑を眺めながら、ほっとするいい時間でした・・・
画像クリックでスライドショーへ。BGMの音量にご注意ください。

数々の名画が撮影されたという、要塞化された村アイト・ベン・ハッドゥ・・・



アイト・ベン・ハッドゥ遺跡に入ると先ず、土産物ショップ・・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モロッコの旅【Ⅷ】カッターラ・トドラ峡谷・カスバ街道

2016年11月18日 | 旅行

* * * 魅惑のモロッコ・サハラ砂漠感動紀行 * * *
モロッコの旅【Ⅷ】カッターラ・トドラ峡谷・カスバ街道


日の出観賞を終え、四駆でエルフードに戻り、再びバスに乗り出発・・・
今日の宿泊地ワルザザードへ向かう途中の観光・・・

はじめに、約1200年前の地下水道の遺跡・・・
砂漠の民の生活を守ってきた「地下水道跡(カッターラ)」へ・・・

アトラス山脈から地下水道をつくり乾燥の地に水を運んだ・・・
井戸のように水道を掘った土を積み上げた小山が一直線に並ぶ・・・

水場が保存されているところで、水汲みの仕組みや・・・
地下水道維持保存のための階段を下りて、地下水道跡を見学・・・


つづいて、カスバ街道の町「ティネリール」に近づいたのね~
川では、女性たちが洗濯中でした。ずいぶん大物も洗っています・・・
絶好の洗濯日和ですね。
緑豊かなカスバ街道の町、ティネリール(オアシスの村)・・・
ヤツメヤシや畑が広がる・・・

かって隊商交易が、陸上交通の要所として、通っていたのがカスバ街道・・・
車窓には、新しい建物の近くに、崩れそうなカスバやクサールが見られる・・・
建物の四隅に四角い塔を立てるのがカスバ建築の特長だそうです

カスバ街道屈指の景勝地、トドラ峡谷近くでランチ後、「トドラ峡谷」を散策・・・
トドラ川が作りだした谷で、切り立った岩壁は200mから300mもの高さがあり、
ロック・クライミングの人もいました。

水を汲みに来たのでしょうか?何頭ものロバに荷物を付け、
子どもをおんぶしたベルベル人、砂漠の生活を垣間見たように思いました。
途中、バラ製品店でショッピング後、一路宿泊地ワルザザードへ・・・
画像クリックでスライドショーへ。BGMの音量にご注意ください。

カスバ街道屈指の景勝地、トドラ峡谷を散策・・・


カスバ街道にて崩壊が進むカスバ・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加