鳩山間の田天体観測所

趣味の天体写真を中心に、遠征の記録や望遠鏡関係の工作などを載せていく予定です。

5月19日のジョンソン彗星

2017-05-20 19:50:14 | 天体写真
いつの間にか5月も後半に入りました。
時期を早めた田植えもようやく終わり、一息ついているところです。

ここのところ関東地方はぐづついたというか、曇りがちの天気が続いていましたが
19日は快晴の良い天気となりました。

幸い週末ですので、久しぶりに望遠鏡を空に向けます。
狙ったのは先月に引き続きジョンソン彗星。
かなり明るい(といっても6等級ほど)との情報がネットにありました。

ちょうど衝方向ですので、長い尾は期待できません。
しかし夜更けの空高く、好条件で観測できます。
時間を見計らって撮影しました。

彗星の撮影というと地平線近いことが多く、
撮影もあわただしいものです。
衝方向なので、高度もあり撮影は至極のんびりとできましたが、
前回同様空が明るく、十分な露光がかけられませんでした。



例によってモノクロ反転です。


ジョンソン彗星2015V2
20cm F5 反射 直焦点 コマコレクター LPSP2フィルター
1分露光×10枚
キヤノン EOS 5D MKⅡ(赤外改造)
埼玉県鳩山町
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒバリ

2017-05-04 07:36:38 | 日記
ゴールデンウイークの連休に入りました。
今年は本業のほうの仕事の関係で田植えを約10日ほど早めましたので
連休中も休みなしです。
天気もいいのに遊びにも行けず、残念至極です。

雨が少ないと畑も乾燥していますので、雑草退治に時々トラクターで畑をうないます。
すると、いつの間にか鳥たちがやってきます。
掘り返した土の中から虫やミミズを食べるのでしょう。

すぐにやってくるのは、ムクドリ。
続いてやってくるのがカラス、セキレイ。
これが御三家です。
そのほかにはハト、キジなんかも時々やってきます。

先日も前の畑を耕していたら、小さめの茶色い鳥がやってきました。
スズメかな?と思っていましたら、少し違うようです。
よく見ると頭の羽がうしろに突き出ています。
どやらヒバリのようです。
エンジンをかけたままトラクターを降りてカメラを取りに行きました。

トラクターの上には人間がいるとは思っていないようです。
10mぐらいの距離でさかんに歩き回っていました。


ヒバリ
キヤノン EOS Kiss X5 EF-S 55-250
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョンソン彗星2015V2

2017-04-24 23:17:08 | 天体写真
年度当初は全く忙しく、字のとおり心を亡くしておりました。
いくつかの仕事の山も越え、少しだけ気持ちにもゆとりが戻りつつあります。

気が付いてみるともう4月も終わりそうです。
この新月期、小彗星ですが見やすい位置にいるようですので、望遠鏡を向けてみることにしました。

気流はよかったのですが春霞のため透明度は今一つで、
露光はわずか1分しかかけられませんでした。


ジョンソン彗星 2015V2
20cm F5 反射 直焦点 LPS-P2フィルター
1分露光×10枚
キヤノン EOS 5D MkⅡ(赤外改造)
埼玉県鳩山町

モノクロ反転してみました。わずかに尾が見えるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タットル・ジャコビニ・クレサク彗星

2017-03-29 08:19:03 | 天文現象
ブログの更新が滞っていました。
例年この時期は職業柄とても忙しく、気持ちの余裕がなくなってしまいます。
加えて花粉症の時期でもあります。
薬のおかげで症状が軽くなったとはいえ、眠気やだるさはどうしようもありません。

今週初め、関東地方にまとまった雨が降りました。
予定していた農作業も中止で、久しぶりにのんびりできました。

昨日は夕方曇ってわずかに雨も降りましたが、それが過ぎるときれいに晴れあがりました。
ちょうど新月でもあります。
久しぶりに観測室の屋根をあけて望遠鏡を空に向けます。

周期彗星41Pが北斗七星の中を通過中で、
ネット上には素晴らしい写真も多く出ていて、気になっていました。
高度も高く、撮影にはうってつけです。
移動が速いので、露光を短めにして枚数を稼ぎました。

地心距離が近いので明るくなっていますが、彗星としては小型で
しかも衝方向に位置しているため、残念ながら尾は写りませんでした。


41Pタットル・ジャコビニ・クレサク彗星
20cm F5反射 直焦点 LPSP2フィルター
1分30秒露光×8枚
キヤノン EOS 5D MkⅡ(赤外改造)
埼玉県鳩山町
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

細くなってきた金星

2017-03-04 20:04:00 | 天文現象
金星が内合に向けて太陽に近づいています。
用意の明星として見られるのもあとわずかです。
どれくらい細くなったのか気になりましたので、望遠鏡を向けてみました。

太陽に近づき、高度が十分ではありません。
薄明中に狙います。

形はずいぶんと細くなっていました。
高度が低かったために、大気の分散で強烈に色がついています。



3色に分解して、補正して合成します。



3月4日の金星
20cm F5反射 SW18ミリ拡大撮影
キヤノン EOS Kiss X5 デジタルズーム3倍
動画からレジスタックスによるウェーブレット処理
埼玉県鳩山町


2月19日金星と比較してみました。
形と大きさの変化がよくわかります。
3月のほうが光度も低いのに写りがシャープです。
春先のほうがシーイングが良くなっていることもわかります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加