独り言雑記ブログ

将棋関係の一人言雑記帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋を”観戦”する その1

2007-07-09 19:19:06 | Weblog
将棋連盟の方々にどの程度「観戦」という意識があるかやや疑問なんですが、
(将棋世界のアンケートの項目で「棋譜を並べる」とかはあっても「プロの対局を観戦する」といった選択肢がなかったので)、これだけネット中継とかが充実していると「プロ棋士の対局を観て楽しむ」という層もそれなりにいるはず。
個人的には、サッカーや野球を観るのとほとんど同じ感覚で将棋を観てるし、将棋の場合は、球技とかに比べてネット中継での”再現性”が高い(将棋の場合は、とくにサッカーなどに比べて、テキスト速報でも、状況を把握することが容易だと思う)ので、うまくやれば伸びしろがかなりありそうな気がする。

ネット中継の充実という以外に”観戦”という分野で期待できそうなのが、大和証券杯と朝日杯。
大和証券杯は、ネットで対局・観戦ということもあってわりと企画を実行しやすいんじゃないだろうか。
あとシステムの改善希望点として、(もちろんリアルタイムで観れる人数をもっと多くするとかいう技術的な面での発展も期待したいが)、せっかくプロ棋士の方が立会人以外にも観戦してるのだろうから、その方にもコメントできる場所を確保して欲しいというのがやっぱりある。出来れば、現状の対局システムのほかに、プロ棋士の方が発言できるチャットスペースを確保する形で。
これは見方にもよるだろうけど、感想戦を途中で打ち切る感じがあったので、対局する棋士が納得するまでとことんやって欲しい。

とりあえず、あとは無責任に企画を書いてみる
・ファン投票(できれば最強戦に出た棋士を除いて)
・団体戦(普通に1対1・3本勝負とかリレー将棋とか)
・最強戦(タイトル保持者・賞金に加えて勝率枠の追加)
・覆面対局(HNで対局→対局終了後に誰だか公開/某所にあったネタだけどw)

朝日杯はまた後日(←誰も見てないってw)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回朝日杯将棋オープン戦... | トップ | 将棋を”観戦”する その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL