バロックヴァイオリン 佐藤 泉  Izumi SATO

「コンサート情報」や「日々の気づき」などをメモしています。

マザーテレサの秘策

2016年12月02日 | 日記
冬にしては、まだ少し暖かい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

先週マザーテレサの写真展の立ち番をしていて、暇なので資料をじっくり読みました。

今までも沢山本やDVDで話を聞いたような気になっていましたが、なるほど!そういうことだったのか、と腑に落ちたことがありました。

世界中に神の愛の宣教者会を持つマザーテレサは、毎日多くの書類にサインをしていたそうですが、次々サイン出来るように、横でシスターがインクを入れたペンを持って待っていたそうです。

つまり時間に追われていたのでしょう。

しかし、マザーはいちいち ペンのインクが新しくなる度に、「使わせて頂いてもよろしいですか?」 と神に尋ねたそうです。

シスターは「いい加減にしてほしい」 という顔をされたそうですが、この意味を知ったとき、
凡人と聖人の 果てしない違い(天文学的?)に驚いたことでした。

私の勝手な理解でいうと、
そもそも心臓や呼吸を自分の努力で動かせる人がいないように、
また自分で水や太陽の光、夜の闇など作れる人間もいないのだから、すべては与えられた恵みであると骨の髄まで理解しているのが聖人の視線で、よく分からないのに自分の力で生きていると勘違い出来るのが俗人なのではないか・・・ということでした。

心がけてみると、これが1分も続かない俗人である自分を発見します。


だから!・・・と納得出来たのは、マザーテレサが子供の時に兄弟姉妹と先生の悪口を夜話していると、
お母さまが激怒して「そんなことのために使う時間も電気もありません!」といって電灯のスイッチを消され真っ暗になったとのこと。それ以来悪口を言わなくなったマザーも凄いですが、

これは単に悪口が非生産的だというだけでなく、切実に凡人の勘違いを指摘しています。

「批判ばかりしていると愛する時間がなくなる。」とマザーテレサが仰る通り つまり人生がやせ細るということなのですね。しかし、90%恵まれていても残りの10%の不満を言うのに時間を使っているのが人間です。
これでは、自分で不幸になっていく。


最後にマザーのこんな言葉をご紹介します。
紛争地域に入る時、国境で「何か武器を持っていますか?」と聞かれて
「はい。 祈りの本を持っています」 と答えた豪傑マザーテレサ。

マザーテレサの秘策は、これだったのですね。

**********

もしあなたが、がっかりしたのだとしたら、
それはあなたのうぬぼれの表れです。
それはあなたが、
あなた自身の力を信じていることを表しているからです。

あなたの自己充足感、あなたの自己中心、あなたの知的プライド、

これらは、
神があなたの心の中に訪れて下さることを抑えてしまうでしょう。
神はすでに いっぱいのものを満たすことは出来ないからです。

それは本当に単純なことなのです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋

2016年11月20日 | 日記
一か月以上ご無沙汰してしまいました。

すみません。。。

晩秋となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

先日は時期をずらして種が蒔かれたコスモス畑を訪ねました。

一か月遅れかと思うのですが。



来年のコンサートの予定を

随分前から準備しているのですが、時間がかかっています。

でも一歩一歩 ぼつぼつ 進んでいるところです。

もう少々お待ちくださいまし

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「残されし大地」

2016年10月18日 | お知らせ
今週は夏へ逆もどりの一週間になりそうですね。


映画「残されし大地」が16日に京都国際映画祭で上演されたそうです。(一般公開は2017年春)

ローラン監督が3月22日のブリュッセル、地下鉄テロに巻き込まれたのは、この福島の映画を編集するためにベルギーに戻っておられたからとのこと。

詳しくはこのブログフェイスブックをご覧下さい。


今年の3月22日朝 ブリュッセルのある小さな駅から姪と空港へ向かって電車に乗ろうとしていた私は、他の乗客の方々から事故を聞き引き返したのですが、

いつも飛行機に乗る際 心がけている通り、早めに出発していたら・・・

親友が「いくらなんでも、それは早すぎる!」 と言わなかったら、、、

コンサートが続き疲れている親友を起こすのが忍びなくて、電車が遅れたらギリギリになるかもしれないけれど、まあいっか・・・と思わなければ、、、空港にいたかもしれない。

未だに整理のつかない、しっかりと向き合えない体験です。


映画公開を待っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂牛病とガット弦

2016年10月11日 | 病は気から?
肌寒いほど秋が深まって来ました。

衣替えや布団入れ替え、自分の体温の低下への備えなど冬への準備中の今日この頃

何故か掃除の最中に、いくつかの話が急に繋がって、なるほど!と思うことがあります。

先月

***セブンイレブンが、販売期限切れの食品を 配合飼料にして、養鶏などに使用し、リサイクルで食品を作り販売するそうですが、これは英国で狂牛病が出た原因と同じ方法であって、(学問的にも1920年頃から定説になっている)

少なくとも30年後まで影響がないかどうか、見てから販売すべきなのに、見切り発車でもうそれが始まっている。etc ****と 武田 邦彦先生が(中部大学の教授)のブログ動画で告知されていました。


待てない人が増えたけれど、原発と一緒で見切り発車が多い

(ちなみに今勉強中のマタイ受難曲の歌詞で、ドイツ語の”忍耐”という単語は、「待つための能力」と説明されているそうです なるほどね~


それにしても草食の牛に動物性、しかも亡くなった牛を食べさせるという発想そのものの貧しさ、
ついに今度は人間にもそれを食べさせる、(いや既に色々食べている)何ということをし始めるのかと数日思っていたら、急に

思い出したのは年々劣化するガット弦の質。

そうか! 草食の牛が、死んだ牛など動物性+多分病気予防の抗生物質など与えられれば、まず腸が荒れる。それで血液が悪化するから、全身に症状が出る・・・

だから、こんなに弦が年々硬く変化しつつあるのではないか?
当然音も悪くなる。音の伸びと余韻が特に減っている。

人間も肉食の人と玄米採食の人では、腸の長さや弾力、ポリープの状態などに大きな違いがあるそうなので、牛も同じかな?と思った次第です。

で、狂牛病を調べてみると、まさに、原因の一つは、「草食の牛に肉骨片を食べさせたから」と出ていました。

「人間とは間違うもの・・・」ですが、分かって間違うこともなかろうに。。。。

自然の法則を捻じ曲げる考え方は、必ず大きな犠牲を払わされるのに、何とかならないものか、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メサイヤ

2016年10月08日 | コンサート情報
湿ったお天気が続きますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

来年1月9日メサイヤ公演のチラシが届きました。

前回(2年前だったか?)のメサイヤでは、オーディションを経て集われたアマチュアの合唱が
本当に素晴らしくて、感動しました。

今年も同じ先生方がご指導されていますので、期待しています。

大塚 直哉さんのご指導が、チェンバロ講座といい、メサイヤといい、楽しいながらも、何気に芸大のレッスンの時と同じ調子なので、少し驚いたのですが、音楽の極意は同じですもの、これでこそいい演奏になるのだと嬉しくなったのを覚えています。

オケは440Hz モダンです。(とはいえ、演奏しているのは、多分 桐山 建志さん他、何人かバロックと両方演奏する方々の予定。 )私は20年ぶりくらいにモダンを弾く予定ですが
<どうしてもモダンヴァイオリンが弾けなかったらバロックで参加になるかもしれません。。。>
(10年前くらいに数日モダンを弾いたことがありますが、首と耳がどうしても痛くてそれ以来ご無沙汰しているのでした。えらいこっちゃ



裏はクリックで拡大します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加