バロックヴァイオリン 佐藤 泉  Izumi SATO

「コンサート情報」や「日々の気づき」などをメモしています。

続 しぼめる花

2017年03月24日 | コンサート情報
昨日の有田 正弘先生による シューベルトの「しぼめる花」の公開講座

目から鱗の事実が沢山あり、驚きと感動に包まれました。

こうなるとすっかり体調も良くなるので、凄いことです。

東京では、2日かけてより詳しい資料で解説されるようです。

この曲の成り立ちやエピソードを知ることで、曲の理解が深まるのはもちろんですが、

そもそもシューベルトの自筆譜には現代楽譜に記述出来ない記号があり、しかもそれが意味するところが、戦後演奏習慣の伝統が途切れたために忘れ去られていたこと。

現代楽譜には記載されていないので、そうした表現を要求されていることを知らずに演奏しているのであり、
それを音で有田先生が演奏して下さるとまさに驚愕

何という音、表現だ・・・

当時の笛の指使いなら、このような表現も出る、、と色々示して下さったのですが、表情がくるくる変わる。
圧巻の授業でした。

学生さんたちの演奏も衝撃を受けた様に変化しました。

元々技術に問題がない生徒さんたちでしたが、今後実はどれほどの探求が自分にも必要か、思い知った衝撃とも見えました。

う===む、シューベルトの演奏 今までなんだったのか・・・

シューベルト研究も途上にあるそうで、きっとまたその成果が印刷譜に現れる時代が来るものと期待されます。

後モーツアルトが手紙で言及していた左手はtempoで、右手だけが ルバートする件もシューベルトにも当てはまると知り嬉しかったです。

それが出来る人は本当に少ないですが、有田先生はいとも簡単にピアノで演奏され、またその音の素晴らしさ委にも驚いたことでした。

驚いてばかりいないで、練習練習



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューベルト 「しぼめる花」序奏と変奏曲 ・ロマン派の演奏習慣について

2017年03月21日 | お知らせ

間際のお知らせになってしまいましたが、

有田 正弘先生が ロマン派の演奏習慣について、シューベルトの「しぼめる花」による序奏と変奏曲を例にご説明されます。 

前回のバッハのフルート作品の授業も一冊の本に匹敵する充実した内容でした。

今回もロマン派音楽習慣について長年の研究成果をお聞きする貴重な機会となります。 

詳しくはこちらのページ 相愛大学 入場無料。申し込み不要。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月27日 バッハ 無伴奏作品のコンサート

2017年03月20日 | コンサート情報
すっかりご無沙汰して申し訳ありません~~~

いつもより春が遅い今年ですが、いかがお過ごしでしょうか?


もうすぐチラシをアップ出来ると思うのですが、遅れに遅れていますコンサートのお知らせ

今日は日程と趣旨のみご紹介させて頂きます。

来週にはチラシをアップ出来ると思います。

*******************

バッハからのメッセージ No.11

プログラム

J.S.バッハ :  無伴奏チェロ組曲第一番 (ニ長調 ヴァイオリン用に転調)BWV1007 

J.S.バッハ :  無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ ト短調 BWV 1001

J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ ニ短調 BWV 1004



東洋人がバッハを何故弾くのか、これは留学中にもよく質問されましたが、
それは普遍性があるからとしか、答えられませんでした。
今もなぜこの複雑で難しい無伴奏作品にコツコツと取り組むのかはよく分からないのですが、

J.S.バッハの音楽は、その崇高さ、深さゆえに、人を本来あるべき場所にゆっくりと、忍耐強く導いてくれるからだと感じています。

無伴奏ヴァイオリンのための作品がヴァイオリン一丁で4声部のポリフォニーを弾くという難しさのために、2009年、2011年にコンサートでお聞き頂いた時には余裕がなくて気が付かなかったことでした。

今は練習するたびに新しい発見(魂の糧)を与えられ「音楽は神の愛のしるし」であると実感しています。

そんなJ.S.バッハに接して頂く機会になれば、これ以上の喜びはありません。

佐藤 泉


2017年 5月27日 土曜日 14:30開場 15:00開演

カトリック加古川教会にて

一般 3000円 (当日3500円) 学生 1000円 (当日1500円)

お問い合わせ・チケット予約 <古楽工房> atelierkogaku2000@gmail.com 
(こちらの返信をもって予約完了とさせて頂きます)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日向の匂い (沈黙の原題)

2017年02月09日 | 日記
雪空です。キリリと寒いのもいいものですね。


先日の「沈黙」ですが、原稿に書かれた題名は「日向の匂い」だったそうです。
編集者が「これでは迫力がない」 と”沈黙”を推薦されたそうですが、

のちに”神は沈黙しているのではなく語っている”という「沈黙の声」という意味を込めての題名が
「神の沈黙を描いた作品」と誤解を受ける原因となったのだそうです。

遠藤さんはそれを悔やみ、「日向の匂い」という抑制の効いた題名の中で、小説のテーマを読み取ってもらいたかった・・・「屈辱的な日々を送っている男が、あるとき自分の家のひなたの中で腕組みをしながら、過ぎ去った自分の人生を考える。そういうときの(日向の匂い)があるはず・・・言い換えれば(孤独の匂い)。。。
と仰っていたそうです。

世の中表面的な受け取りが蔓延して、誤解を受けることの方が多いけれど、
これは特に、誤解を解いておきたいと思っておられるだろう・・・とお察しします。


遅まきながらプログラムを見てみると、あまりにも違和感のない、自然な演技だったので(演技かどうかも考えないほどの)役者が上手いとか 達者だ・・・など全く気付かせなかった俳優の面々が、どれほど凄い名優だちだったのか、今頃気が付きました。。。

名演奏家と同じで、誰が演奏しているかを忘れさせる、音楽だけが立ち上る演奏、
統治していることを感じさせない最高の君主、などに似ています。

何より監督がどれほど原作に忠実に、深く尊敬して注意深く寄り添い、細かい配慮を重ねに重ねて撮影されたかも知りました。

これはもう一度、映画としての醍醐味を観に行きたいと思ったら、今週いっぱいで上演終了のところもあると分かり、慌ててもう一回行ってきます!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・沈黙

2017年02月06日 | 日記
良く晴れているのに暴風で、春の嵐にしては早すぎる?ような気がする朝です。
いかがお過ごしでしょうか?

映画「沈黙」<原作 遠藤 周作+ マーティン・スコセッシ監督>
観ました!

10人未満の観客でしたが、この映画を観るのには相応しい状況かもしれません。
まだご覧になっていない方もおられるので、内容には触れないようにします。
最後の一部を除いては原作に忠実に作られているようでした。

しかし本で読むのと映像では、心の揺さぶられる場所が全く違うことに驚きました。
やはり原作を読んで映像を見るとより細かく強く遠藤さんの悩みが浮かび上がります。
また作者と監督の描き方の違いなどが興味深いです。

しかしどちらにしても、この作品と原作から湧き上がる深い問いは変わらないと思いました。

あらゆる宗教の人、あらゆる文化に根をはる人々、
権力の側にある人、自分が強いと思っている人、弱い立場だが強い人、弱いことに気づいている人、無知な人
自己中心の人、単純に物事を決めつける人、すぐに諦める人、理想を追い求める人 etc
今与えられている状況がどうあれ、皆が弱い、儚い存在の人間に投げかけられた問の深さ。
そして遠藤周作がたどり着いた答えが最後に湧き上がって来ます。

全編を見て考えると、一番弱い立場の人が、実は一番悩み、後悔し苦しむうちに、いつしか実は強い何かで導かれていることにも驚きます。

歴史的な英雄については多くの本が語り継いでいくけれど、歴史から人間の都合で消された存在を400年以上経って掘り起こし、光を当ててくれた遠藤文学に感謝と敬意を表します。
こうした人たちのお蔭もあって今があるのですから。

急激に時代が逆行する今の時代だからこその問い。
簡単には答えは出ないけれども、祈り求めるうちに 答えでなく、応えは与えられるのだと感じます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加