気侭に

その時々で気の向くままに

風陽邑村の民宿(中国雲南省大理市)-2

2017年07月11日 | 中国雲南省

今回も風陽邑村の民宿の続きです。

前回をご覧になっていない方は、どうぞそちらから先にご覧ください。

ここはペー(白)族独特の住居構造のままの民宿で、その民族の生活習慣も体験できます。


衣裳も全て手作りで販売もしています。


衣類や小物を作る作業テーブル。


泊まり客はこの部屋で寛ぎます。


飾り棚の裏。


お茶のセット。


客室。


この椅子も予備のベッドとなるようです。


客室の窓は吹き抜け。


窓にも置物。


寝室にはダブルベッドとシングルベッドがそれぞれひとセットずつ置かれています。


寝室の真ん中に置かれた木。


右側にはシングルベッド。
窓にはもちろんガラスは入っていなく吹き抜けです。


客室窓からは風陽邑村の家々の向こうに洱海が見渡せます


右側に見えるテラスを含め、これら全てをオーナー1人で古い民家を改装したのだそうです。


テラスへの入り口


テラスの上


テラスから見える遠景。


テラスには色々な植物が。


テラスから見える遠景。
 

 


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風陽邑村の民宿(中国雲南省... | トップ | 風陽邑村の民宿(中国雲南省... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わお!!! (うさぎ)
2017-07-12 00:17:58
素敵です(*^▽^)/★*☆♪
オーナー氏は何者だったのでしょうか???
ベッドルームの木と窓がいいなぁ(^^)(^^)
はい、素敵でしたよ! (ac2essk(巣林一枝))
2017-07-12 09:05:09
>うさぎさん
そういえば、これまで写真ではオーナーが姿を現していませんでしたね。
今日新たに載せた続編で初めて顔を出しますが、とても優しそうなペー族のイケメンでしたよ。
奥さんには会えませんでしたが、家具や装飾品の配置など、彼女のセンスの良さを感じました。
次からは村の紹介をしていくつもりですが、村の人たちも皆、外国人の私を暖かく迎えてくれました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL