気侭に

その時々で気の向くままに

風陽邑村の民宿(中国雲南省大理市)-1

2017年07月10日 | 中国雲南省

 雲南省の中でもペー(白)族が多く居住している大理はあまりに観光地化されていることで訪れるのを避けていましたが、今回の旅では主にその中心地を避けた場所を選んで行ってみました。
 そして宿泊も、いきなり民家へというのも無謀すぎるので、民家の形態に近い民宿を選んでみました。
 その場所は、洱海南部の大理下関と大理古城の中間あたりに位置する風陽邑村の、古くチベットの交易のために造られた石畳の茶馬古道の通り沿いにある、名前も「喜.居」という民宿です。
 民宿とは言っても、きっと客室などはリフォームされているだろうとは思っていましたが、その予想に反して家屋の外観から内装に至るまでぺー族の住居そのものであったことに驚かされました。
 オーナーはペー族の佳佳さんという30歳にも満たない感じの若い方で、身重の奥さんと一緒にこの民宿を営んでいるということでしたが、その奥さんはお母さんのご病気のために急遽里帰りされていて、今回はオーナーと番犬の小喜にお世話をお願いしました。

洱海を望む風陽邑村


民宿「喜.居」への入り口は、写真下に見える茶馬古道からの坂を下りた突き当たりの右側です。
看板もないので、初めて訪れる人には分かりません。ですからバス停から電話をしてご主人に迎えに来てもらう必要があります。


手前の開き戸を押して中に入ります。


右下に見える入り口の開き戸を中から見た写真。


敷地内に入ると飼い犬の歓迎を受け吠えられます。
このイングリッシュ・ポインターの名前は「小喜(シャオシー)」。すぐに慣れますが、そうなると顔を舐められます。


右に見える扉は台所。左側は洗面所。


左側の入り口が二階への階段へ、そして右側に少し見える入り口が食堂です。


右側に見える入り口はオーナーの部屋なので立ち入り禁止


小喜と仲良しの近所の猫も来客が気になって顔を見せます
でも左にいる
犬の小喜にちょっかいを出され、迷惑顔。


食堂の入り口


正面がワインバーで、左に見えるのが客室のある二階へ通じる階段。


階段を上がった突き当たり。


壁の装飾。


様々な古い置物が並べられています。


こちらの飾り棚にも。


これは奥さんの手作りの小物類

 

風陽邑村の民宿(中国雲南省大理市)-2

新種のモップ?


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新種のモップ? | トップ | 風陽邑村の民宿(中国雲南省... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
更新が楽しみ(^^)(^^)(^^) (うさぎ)
2017-07-10 11:57:25
充実の旅でしたね(^^)(^^)
素敵な民宿ですね(^^)(^^)(^^)
更新楽しみだなぁ(@^^@)
いつもコメントしてくださり、ありがとうございます。 (ac2essk(巣林一枝))
2017-07-10 14:46:21
>うさぎさん
今回の雲南省の旅はずっと雨が降り続いていましたが、現地で巡り逢う方々のご厚意のお陰でとても充実した日々を送る事が出来ました。
これから各テーマごとにアップしていきますので、よろしくお願いします。
中国は広い・・・ (momomama)
2017-07-10 20:56:26
こんばんは。
記事を楽しみにしていましたよ。

中国ってホント広いですね。
壁の飾りとか置物 珍しいです。
ベトナム・・・そんな感じがしました。
覚えていてくださり、ありがとうございました (ac2essk(巣林一枝))
2017-07-10 21:47:33
>momomamaさん
今回の雲南省の旅はずっと雨続きでしたが、何とか戻ってこられました。
雲南省は、中国とはいっても、言葉も風習も全く違う25種の小数民族がそれぞれの自治州や自治区を形成している省ですから、漢族の中国よりもベトナムやラオスの文化風習に似ている部分が多いのです。
とは言え、雲南省には希少な地下資源が豊富なので、新疆と同様に中国政府は独立させたくはないのでしょう。
今回の旅も多くの現地小数民族の方々にお世話になりましたが、それらの方々のご厚意に甘えて、とても充実した旅を過ごすことができました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL